芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ゆかいな若冲・めでたい大観■伊藤若冲 生誕300年記念

<<   作成日時 : 2016/01/21 11:33   >>

トラックバック 0 / コメント 10



現在、広尾・山種美術館で開催中の
■ゆかいな若冲・めでたい大観■展へ。

伊藤若冲生誕300年記念で
若冲の墨画が多数展示され
なかでも押絵貼屏風《群鶏図》には
生き生きとした鶏の動きが鮮やかな筆さばきで
大胆に描かれ、若冲の画力に感嘆。

新年にふさわしい目出度さ充分の展覧会。


山種美術館


■ゆかいな若冲・めでたい大観■−HAPPYな日本美術−

2016年1月3日(日)〜3月6日(日)

午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

月曜日休館(但し、1/4・1/11は開館、1/12は休館)

★公式サイト
http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html

2016年に開館50周年を迎える山種美術館では、新春にふさわしく、幸福への願いが込められためでたい主題や、思わず笑みがこぼれる楽しいモティーフを集めた展覧会を開催いたします。
日本美術において、祭事・婚礼などの慶事や節句、あるいは日常の営みの中で用いる図様として、さまざな吉祥画題が表現されてきました。本展では、その中から長寿や子宝、富や繁栄などを象徴する美術に焦点をあて、おなじみの鶴亀、松竹梅、七福神など現代人からみてもラッキーアイテムとなる対象を描いた絵画をご紹介します。さらに、ユーモラスな表現、幸福感のある情景など、HAPPYな気持ちをもたらす作品も展示します。



河豚とカエルの相撲図
伊藤若冲《河豚とカエルの相撲図》



群鶏図
伊藤若冲《群鶏図》



布袋唐子図
狩野一信《布袋唐子図》



蓬菜山
横山大観《蓬菜山》山種美術館



心神
横山大観《心神》



鶴
小林古径《鶴》山種美術館



鯛
竹内栖鳳 《艸影帖・色紙十二ヶ月》のうち「鯛(一月)」
山種美術館




★山種美術館
http://www.yamatane-museum.jp/index.html
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ここはぜひとも一度行きたい美術館です。
日本画好きですし、館長さんのこともよく雑誌で拝見し建物も見てみたいなあと。
竹内栖鳳の絵があるなんて…今回の帰りにと考えましたが…渋谷ではちょっと無理のようです。
いつも情報書いてくださるので、とってもありがたいです。
山種美術館、いつか立ち寄りたいなあ…。
うらら
2016/01/21 23:54
おはようございます。

う〜〜ん・・幅広さに今日も脱帽(^^)。
矢張り行動が無ければ駄目なのですね(閉じ籠り人間の感想)。
週末から又寒波来ますが例により炬燵番と決め込んでます(笑)。
あいべん
2016/01/22 05:47
この展覧会、今度行きたいなと
思っていたところです。
タダ券が多分手に入るはずなので、
それを待ってるのですが…。
若冲の墨画、ユーモラスな表現が
とても面白いですね。
yasuhiko
2016/01/22 14:46
うららさん、こんばんは!
うららさんは日本画がお好きなんですね〜♪
私は最近好きになりました。
以前こちらの美術館に招待されたとき、館長さんのお話も聞けて楽しかったこともありました〜☆
山種美術館には日本画の名画がたくさんコレクションされていて、いつ行っても楽しめますし、喫茶室の和菓子が展覧会の作品にちなんで毎回作られているのも嬉しいです。
今回は次に伺うお宅への手土産に和菓子を購入し、喜ばれました〜♪
komichi
2016/01/22 22:01
あいべんさん、こんばんは!
お正月の用事も終え、いつものようにあちらこちらと徘徊をはじめました〜(笑)。風は冷たいですけど歩いているうちに元気が出てきて展覧会からたくさんの刺激をもらってワクワクドキドキしています〜(笑)。
でも暖かなリビングルームのソファでごろっとして本を読むのも大好きです〜〜♪
komichi
2016/01/22 22:10
yasuhikoさん、こんばんは!
今回展示されている若冲の墨画、ほんとうに生き生きしてユーモラスで感動しました〜!特に「群鶏図」に描かれた鶏の動きなど、さすが自宅で長く観察をして描き続けた若冲ならではの絵から飛び出しそうな表現にこの絵だけでも展覧会に足を運んでよかったと思いました。
komichi
2016/01/22 22:20
新春を迎えるにふさわしい作品のオンパレードですね〜
若冲、大観・・見ごたえあったでしょうね。
私は大観の描く「富士」が一番好きです。
「蓬菜山」も大観が描くとこうなるんですねー、厳かで、品があって・・

週末は当地も荒れ模様になりそうです。
お出かけの時はお気を付けになって〜〜
白いねこ
2016/01/23 20:42
白いねこさん、こんばんは!
山種美術館の日本画の収蔵作品はいつ見ても豊かな気持ちになります〜♪新春らしい作品を展示した今回の展覧会ではいつもの作品にくわえ若冲の墨画など…楽しい作品も見ごたえ十分でした〜☆
大観の描く富士には格調の高さがありますね〜☆

こちらは今のところ雪は降っていませんが西の方は今夜から荒れそうな気配ですね〜。雪に慣れていない瀬戸内のこと、どうぞお気をつけてください〜。
komichi
2016/01/23 22:55
フグとカエルの相撲図を発想するだけでも若沖の人間性が伺えて愉快です。
日本人が育んできた落語や川柳などの粋な世界は美術の中にも表現されていた事が解り、ウレシくなりました。
行けたら行きたいなァ…でも遠いもんなァ。
おーちゃん
2016/01/24 12:26
「ゆかいな若冲・めでたい大観」、おもしろいタイトルですね。
山種美術館が遊び心をもって出展の作品を考えたのでしょうか。
伊藤若冲は鶏の絵が多いですが、群鶏図の迫力は凄いですね。こういうふうに描写力を高めたのでしょうかね。
その他の近代の日本画家も、おめでたい題材を色々と描いているのですね。確かに、飾って縁起がいいなと感じる作品ばかりのようです。
ミクミティ
2016/01/24 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
■ゆかいな若冲・めでたい大観■伊藤若冲 生誕300年記念 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる