芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■第24回 テーブルウェア大賞■〜優しい食空間コンテスト〜

<<   作成日時 : 2016/02/06 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 12



東京ドームで行われている
■テーブルウェア・フェスティバル2016■
コンテスト部門も個性豊かで
和の雰囲気もさまざま。

日々の暮らしのヒントになりそうな
アイデアも豊富なコーディネート。



大賞
「乾杯」〜from TOKYO
西巻 顕子(東京)



入賞2

入賞2b
蛍舞う夜に乾杯!
し・ぜ・ん(長谷淳子・山中由美子・岩間美恵子・近藤江里・中西裕子)(愛知県)



入賞3
スーパームーンの今宵
甥の飛翔を願って乾杯
山崎三代子(香川県)



入賞4
月見の宴
Mel&Rina(東京都)



入賞1
グランマの季節
前沢美子(茨城県)



入賞5
はじまりのお茶
〜初春に夢をのせて〜
岡田慶子(兵庫県)



入賞6
心に花を咲かせましょう
〜テーブルから広がるenergy〜
小野綾子(茨城県)



オリジナルデザイン部門
★プロフェッショナル

☆陶磁器
テーブルウェア13副島
白磁刻文平鉢揃
副島微美子(神奈川)



テーブルウェア12柴田
blue white four cups
柴田正太郎(岐阜県)



テーブルウェア15保屋野
練込組皿
「小倉織に寄せて」
保屋野武(東京)



テーブルウェア16藤澤
彩泥釉盛線文鉢
「銀河」
藤澤徳雄(香川県)



テーブルウェア17牧
吹泥幾何文器(組物)
牧フキ子(千葉県)



☆漆器
テーブルウェア18藤
ウェーブボール
藤八屋(石川県)



☆金属食器
テーブルウェア20坂井
「侘び」と「錆び」のカタチ
坂井直樹(石川県)



★昨年度入賞者のコラボレートテーブルウェアー


コラボレーション4



コラボレーション3



コラボレーション2



コラボレーション1



このほか、どんぶりのデザインコンテストや
多くの販売ブースも出て
一大テーブルウェアイベントです。




■テーブルウェア・フェスティバル2016■の記事はこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201602/article_1.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
生け花、陶芸品・・人間空間の組み合わせの芸術ですね。
日常をちょっと離れた贅の世界にわびさびを並べて愛でる
心の余裕を感じます(^^)。
あいべん
2016/02/07 05:07
こんにちは。
侘び錆びのあるテーブルコーディですね〜。
お友達の白磁器もシンプルで素敵です♪
漆器も温もりがありますね!

まさに芸術ですね〜!
ハーモニー
2016/02/07 12:17
毎年見に行きたいなあと思うのですが、休日切符期間と微妙にずれて。
こちらでのご紹介があるのでほんのちょい行った気分になれます。
器や小物、色使いなどなど何度もじっくり…。
うらら
2016/02/07 13:30
あいべんさん、こんばんは!
テーブルウェアと言っても、総合芸術のようです〜♪
いつもの食事も、ちょっとセンスを生かせば美しくなるかもしれない…など反省を込めながら眺めました〜(笑)。
komichi
2016/02/07 17:24
ハーモニーさん、こんばんは!
西洋の食卓と日本の食卓の両方のコーディネートが楽しめました〜♪
日本はやっぱり「侘び寂び」でしょうか〜☆
この展覧会は出展作品も多くその一部の紹介になりました。
komichi
2016/02/07 17:27
うららさん、こんばんは!
この展覧会はとても規模が大きく、半日くらいは時間をとっておかないと観きれないと思います〜。どんぶりだけのコンテストもあったり、かなりの数の販売ブースもあって駆け足でも3時間かかりました〜!
見てくださって、ありがとうございます〜♪
komichi
2016/02/07 17:32
数年前からこの展覧会の存在を知り、ダイナミックな催しに興味をもっていました。
センスとアイディアでいろいろコーディネートできるのでkomichiさんも参考になったでしょうね〜
やはり、和の食卓は独特の雰囲気ですね。
ヨーロッパの有名ブランドのテーブルセッティングには圧倒されました!!
白いねこ
2016/02/07 18:25
白いねこさん、こんばんは!
私も気にはなっていたのですが…会場が東京ドームというのがイメージわかず、今回初めて出かけてみました〜♪
とにかく規模が大きく、テーブルに乗るものなら何でもあるというイベントになっていました〜☆
ヨーロッパブランドのテーブルセッティングはさすが歴史を感じさせ、和の食卓との雰囲気の違いが顕著ですね〜。
自分で初めて買ったグラスがサンルイでその展示があったのも嬉しかったです〜♪
komichi
2016/02/07 21:49
前回のテーブルウェアも佳いと思ったのですが、やっぱり日本的色彩感覚を纏った今回の器の方に心惹かれます。
同じ赤でも柔らかさが違うと言いましょうか。
また緑を基調にしているので 色が生きてます。
日本に生まれて佳かった。
和食も洋食も両方楽しめるんですもん。
おーちゃん
2016/02/08 07:26
おーちゃんさん、おはようございます!
ヨーロッパのテーブルウェアと日本のものとの違いがくっきりとして楽しく見て回りました〜♪
色彩も日本風な歌舞伎色など・・・四季のある日本の自然に寄り添ったようなコーディネートも多く、様々なアイデアもさすが〜と納得しました!
ほんと、日本人に生まれてよかった〜☆
世界中の食事をアレンジしていただける幸せ〜♪
komichi
2016/02/08 10:23
おお〜! こちらの方は少しは真似できそうな気が。いや?無理かな?(笑)
何だか落ち着く食卓になる気がします。
がしかし、これも手の届くものじゃなさそうなので、見て楽しむだけ〜!
日本人で良かったと私も思います。日本人は両方楽しめますしね(笑)
木の葉
2016/02/09 15:09
木の葉さん、こんにちは!
こちらの雰囲気は今あるもので工夫をすれば、
何とかなりそうですね〜♪
畳を感じられるセッティングはやはり日本人には
気持ちが落ち着くんですね〜☆
日本は食事の種類が多いので、いろいろな食器も楽しんで使えて楽しいですね〜♪
komichi
2016/02/09 15:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
■第24回 テーブルウェア大賞■〜優しい食空間コンテスト〜 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる