芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 第17回■藤野ぐるっと陶器市 2016■藤野から・・・

<<   作成日時 : 2016/04/11 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 8



今年も新緑を背景に
藤野のあちこちに点在する工房や民家を開放して
アーティストの作品を作家とともにたのしむイベント
■藤野ぐるっと陶器市 2016■が開催されます。

5月のさわやかな風と共に
お楽しみください。

画像
































第17回■藤野ぐるっと陶器市 2016■

2016年5/21[土]→ 22[日]

朝10時—夕方5時迄

芸術のまち〈藤野〉で今年も5月21日(土)22日(日)に
「藤野ぐるっと陶器市」が開催されます

芸術を大切に育ててきた〈藤野〉
創造力豊かな作家たちの住むこの〈藤野〉の陶器市では
毎年、より多彩な作品が生まれ続け
来訪者も増えつづけています

『第17回藤野ぐるっと陶器市』
今年もアトリエやお店を[ぐるっと]めぐり、
緑豊かな自然や個性あふれる器をゆっくりお楽しみ下さい


★公式サイト
http://yuruyuru.wix.com/fujino-potter-market

1.gallery studio fujino  
http://www.studiofujino.com/index.html
相模原市緑区佐野川768(佐野川地区)
TEL: 080-5695-2424 竹林の中の古民家ギャラリー
画像














▶ 熊谷 幸治 土器、土偶、泥絵など
▶ 鈴木 仁子 白磁の装身具とオブジェ
▶ 野口 悦士 種子島土のやきしめ
▶ 森田 春菜 欠片のような陶オブジェ
▶ 山ア 大造 伐ったまま、青竹の籠
▶ 山田 隆太郎 粉引の食器、花器、茶器
▶ studio fujino 木の皿、木の家具など 
▶ はいいろオオカミ+花屋 西別府商店 古道具と植物、自然物など
▶ 堀 道広 22日 「漆継ぎ」ワークショップ開催
▶ 松本家族 モバイル土釜で創るピッツァ
▶ 竹林の休息処 ちらし寿司など
▶ ご近所のみなさん やきそば、酒饅頭など

2.藤野観光案内所 ふじのね 
http://huzinone.jugem.jp
相模原市緑区小渕(小渕地区)
TEL: 042-687-5581   JR藤野駅改札横 8:30開店 17:00閉店
画像















▶藤野案内、物産品や在住作家の作品など
▶アトリエ紡 陶芸展 開催中。


3.おおだ山荘(初参加)
相模原市緑区日連1411(日連地区)
TEL: 090-1616-8261   湖の近くの長閑な古民家
▶ 長谷川奈津 りんごや松の灰を使ったうつわや、 花器が並びます
▶ 野村 亮 日常使いの、一ひねりした個性ある器たち
▶ 繻エ央佳 陶のオブジェと色絵の磁器のうつわ
▶ 雨林堂 星野諭生 透かしの技法を用いた和紙で、壁面に表現します
▶ 煙の魔法 燻製屋台 ハシドイと藤野燻製会の仲間たち


4.カフェレストラン Shu 
http://cafe-shu.com/
相模原市緑区日連981(日連地区)
TEL: 042-687-2333   テラスで美味しいお食事を!
画像














▶ 鷹尾 葉子 独特の色彩感覚を持ち、土を感じさせる温かい陶器
▶ 高橋 禎彦 日本を代表するガラス作家 心がかようグラスです
▶ 浅井  勇 こだわりの茶器
▶ 浅井 敬子 練り込み陶土による色器
▶ 山上 博志 象嵌による絵器
▶ 吉川 武弘 飽きない正統派の器
▶ 林 正人 抽象的な花器



5.工房 艸  
相模原市緑区日連675-5(日連地区)
TEL:090-5409-3736   畑の中の工房です
画像














▶ うつわ陶房 毎日使いたくなるような器を作っています
▶ 柴田 葉月 陶/生活を彩る器やどうぶつのマラカス、 笛を中心に
▶ 三宅 直子 土による日々のカタチづくり。インテリア小物など
▶ 木下 純子 柿渋染バッグ、小物、ポストカード、他
▶ 茶房みぞばた オーガニックコーヒー、自家製雑穀パン、他


6.日だまりの家(初参加)
相模原市緑区名倉2156-2(名倉葛原地区)
TEL: 080-1330-3964   

▶ Lim Kim Hui 日本と東南アジアが陶器にて融合
▶ Shee Bee Heo エレガントなアジア風陶器。シンガポールより参加
▶ 真鍋流農園 彩り豊かな美味しい野菜
▶ アビオファーム 安心して食べられる美味しい野菜


7.静風舎 
http://www.seifu-sha.net/index.html
相模原市緑区名倉2760-3(名倉地区)
TEL: 042-687-5235   白磁専門の磁器工房
画像














▶ 倉田 明雄 藤野在住のアマチュア画家の絵画展
▶ 副島 泰嗣 白磁の花器・調度品
▶ 副島 微美子 白磁・染付の和のテーブルウェア 
▶ 副島 舎人 陶磁器とジュエリーのアクセサリー


8.f’s gallery  
相模原市緑区名倉2780-2(名倉地区)
TEL: 090-3216-9584(当日のみ使用可)
静風舎の隣の別荘(幸本邸)1・2階
画像























▶ AIKO(清水 愛子) 沢井愛子オリジナル&セレクトグッズ
▶ 中野 千秋 飾って愉しみ使って愉しむ。陶の書作品
▶ 鯨井 円美 笠間土とマット釉を組み合わせた陶器
▶ 小山田あつみ 思いの丈を思いのままに(陶器)
▶ 写実画家 狼 林 鳥、魚、動物、植物を細密画で描いています
▶ 灯 津久井にある灯です。自然の中でイタリア料理はいかがです。
▶ なたね食堂 上野原市からできるだけ地産地消なオーガニック食堂


9.FOREST MARKET   
相模原市緑区名倉2758-2(名倉地区)
TEL: 090-5605-5384(当日のみ使用可)緑の中の楽しいマーケット 
画像














▶ アキノヨーコ  もっと美味しくなる吹きガラスのうつわ
▶ 内山 亜矢子 半磁器と、直火の使える器いろいろ。
▶ 小泉 敦信 玉陶、白磁、呉須ハケ目
▶ 清水  勝(勝窯陶房)  マグカップや花器などの生活雑器
▶ 真山 祥三  鍛鉄小物など
▶ Godini 藍染天然繊維(綿・絹・麻・毛)オリジナル衣料
▶ Lea-Style     普段使いの器・本気の酒と酒器Style!
▶ うどん屋うんど  うどん好きで独学で始め真心を大切に作っています
▶ にこにこ堂 野菜ごろごろ入ったパリパリチヂミ!病みつき必須!
▶ PePe☆su.ma  ちょっとイカしたサンドウィッチの店


10.神奈川県立藤野芸術の家  
http:// fujino-art.jp/
相模原市緑区牧野4819(牧野地区)
TEL: 042-689-3030 体験工房、喫茶・レストランあり
画像










  



若手作家の洗練された陶器等の展示・販売。各会場をパネルで紹介


11.ふじのアートヴィレッジ ・ 野山の食堂 
相模原市緑区牧野5570(牧野地区)
080-4143-5045(当日のみ使用可) 
画像
画像

























▶ あっくん&アゲ猫 シンプルな器と猫の置物イロイロ
▶ No.9/chumart 呉須絵付の器 七宝と陶のアクセサリー・おみくじ
▶ mayumooja 絵画・陶器・布立体・身に付ける装飾品など
▶ Natural Ttacks 天然石と陶器のアクセサリー &木の器・匙
▶ Glass Glitters 4人の作家によるキラキラのガラス空間
▶ 飾 屋 原石ジュエリー&和と自然の形を活かしたアクセサリー
▶ ナッティウッド&スレッド らでんの鏡、草木染めストール等
▶ CENGIZ DIKDOGMUS 人の願いを気持ちを営みを、人の心と共に
▶ くりのみ学園  園生による創作タイルの展示・販売
▶ 笑花食堂 食べ歩き易いマクロビメニュー、身体と地球に優しく!
▶ 野山の食堂・藤平ピザ こねる事43年、陶芸家がたどり着いた魂のピザ



12.暮らしの手仕事〜くらして (初参加)
相模原市緑区日連68-1 Yamato-Ya 2階(日連地区)
TEL: 090-9360-9936   

陶器市作家さんの丼展開催!
▶ 小泉 美智子 ふだん使いの陶器と楽しい陶ボタン


13.藤野倶楽部--百笑の台所  
相模原市緑区牧野4611-1(牧野地区)
TEL: 042-689-6105 万緑の景色のレストラン  
画像











        

陶器コレクション展示
▶ 青木 亮 東洋陶器に生涯をかけた陶芸家
▶ 中村 藤平 藤野が産んだ天才陶芸家
絵画コレクション展示
▶ 一條 おろち 孤独と静寂が現し世を傍観する
▶ 松山しげき/sege 器を題材とした絵画
▶ feebee 現代日本画
▶ 百姓の台所 安心農園で育てた無農薬野菜を使った韓国料理


14.妙心窯 
相模原市緑区牧野2598(牧野篠原地区)
キムチ屋さん梨泰院の駐車場
画像 












 

▶ 伊藤 泰紀 陶器以外の素材も使いあれこれ制作しています
▶ 工房 ある 糊引・焼〆・灰釉など日常使いの陶器を作っています
▶ hanamame (三浦孝之・潤) 陶器と木のコラボ作品です(22日のみ)
▶ 陶房gallo 長沢ひろ子 楽しいうつわを揃えてお待ちして います
▶ 前田洋工作室 木の食器を作ってます春の藤野でお会いしましょう
▶ POTS 多肉植物環境鉢を藤野に初めてお持ちします(22日のみ)
▶ 戸出ちひろ 生木から作った器を伴って初参加。楽しみです!
▶ 相原製作所 撫で回したくなる木の器を目指し制作しています
▶ 土師吉田 さりげなく物語を忍ばせた陶器達を作っています
▶ ピッツァプリマベーラ 窯焼きピザ(21日のみ)


15.Keramos 7   
相模原市緑区牧野2591(牧野篠原地区)
TEL: 090-2618-9062(当日のみ使用可) とうがらしが目印のキムチ屋の下
画像











  

▶ 竹嶋  玲 シンプルで存在感のある器と手づくりケーキ
▶ 岩本 倫子 絵本のような器・one point器・ハイセンスわらじ
▶ 玉置 りさ クラシックな風合いの器やアクセサリー
▶ 羽生 直紀 金属道具屋
▶ 八木 厚紀 レザー&ウッドクラフツ
▶ シンリュウ(株)神奈川支店 隠れた逸材作家集団?の逸品です!
▶ カマルの台所 小さな休憩処でネパールの家庭料理を食べチャオ


16.橋安子アトリエ  
相模原市緑区牧野2684-1(牧野篠原地区)
TEL: 042-689-2642 ●「篠原の里」P をお使い下さい
画像
画像

























▶ 橋 安子 陶人形‐森のダンス‐ピエロと動物達が楽しく集います
▶ つよしゆうこ 銅版画の展示


17 ○△gallery
相模原市緑区牧野1996(牧野篠原地区)
TEL: 080-1379-5189  ギャラリーは企画展開催中 
画像













▶ 朝倉 晶 お茶にお菓子にご飯に、日常使いの器
▶ 井山 三希子 白と黒のシンプルな器
▶ いにま陶房 奈良県川上村で「使う」を大切に器を制作しています
▶ 野上 栫@楽しい食卓のお手伝いになるような器
▶ 綿貫 彩 陶の器や箸置きなど


18.陶釉舎 (とうゆうしゃ)  
相模原市緑区牧野1221-4(牧野篠原地区)
TEL: 042-689-3533  篠原の里山「かも・でぇいら」の陶磁器工房 
画像










 



▶ 陶釉舎陶芸教室会員による手作り陶器と里山カレー+喫茶
▶ 陶作家 ・吹田 千明 五感で感じる、色陶土の世界
▶ 陶芸家 ・碓井 直弘 磁の作品と陶のうつわ
▶ 陶芸家・飯田 浩丈 土器から食器まで長く使うほど愛着がわく器
▶ 陶芸家・川島 かおり 様々な呉須の表現を軸にした器とタイル
▶ 陶芸家・Tatsuro Maeno シンプルで華やかなテーブルウェア
▶ 節絵・ 依藤 奈奈 床の間機能を備えた陶器と絵画のコラボ作品
▶ ガラス作家・大谷 佳子 鋳造ガラス技法の器とアクセサリー
▶ 陶虫作家・奥村 巴菜 陶の虫と暮らしに寄り添うカエル達
▶ 陶芸家・川村 晃弘 中空陶器 空と雲のカタチ
▶ 陶芸家・平野 照子 優しく自然な色合いの、オブジェと生活雑器
▶ 陶芸家・磯部ひろみ 線を楽しむ、白の器
▶ 陶芸家・ 関 まどか オリジナルの釉薬を使った、やさしい陶器
▶ 箸置き屋・うすい ちひろ 楽しくおもしろい・小さなものたち



19.アカセ・クレイワーク・スタジオ  
相模原市緑区牧野1039(牧野篠原地区)
TEL: 042-689-3038(当日のみ使用可)
画像













▶ トラットリア・メルカート 陶器とコラボしたランチメニューです
▶ 赤瀬 圭子 土の色の違いを生かしたレリーフ模様
▶ 岡 洋美 器を中心に、蓋物やアクセサリーなど
▶ 野口 あき子 生活空間が和むようなものを目指して
▶ 植田 佳奈 お酒のうつわ
▶ かとう ようこ 和紙染めの器
▶ 酒井 智子 釉薬のにじみや混ざり合いを使い、数種の釉で表現
▶ 濱田 綾音 心に響いた草花をモチーフに器やブローチなど
▶ 田村 彩子 ご飯が美味しくなるお皿を作っています
▶ 松本 優樹 器を中心に花器なども制作
▶ 安藝 俊郎 石膏型を使って磁器の持ついろんな表情をかたちに



20.龍夢万華鏡工房の一風変わった陶器市
相模原市緑区牧野9990-1(牧野綱子地区)
TEL: 042-689-3588 
画像












        







▶ 傍嶋 飛龍 新進気鋭の万華鏡作家がつくる陶の万華鏡と陶人形や器
▶ 岡部耕太郎 陶雑貨「頑張れ!マッチョ!!」シリーズ展開中
▶ 梅田家 鼻くそ耳くそおっぱい目玉… 陶器小物に似顔絵も
▶ 神津幸浩 自分で色付け楽焼体験! 焼いたものも売ってますけど!
▶ なりゆき屋 半農半クラフト@和歌山、ゆるナチュ陶芸木工品
▶ 櫛下町 祥吾 ネクタイフェチの虹の彫刻家の櫛下町です!
▶ Pranarians 燃える闘魂 熱い男4人のクラフト集団
▶ 龍夢カフェ 一風変わった軽食とスイーツ&倍音珈琲と摩訶不思議
▶ つ〜さんの燻製屋 スパイスの効いた炭火焼ベーコンは藤野の名物!
▶ 豪ノ米蔵 長野県伊那市郷土料理檜ノ枝ニ炭火焼本物 五平餅美味イヨ


ランチ協賛店

Yamato-Ya 
日連68-1  042-684-9707
11:30-20:00
餃子と創作中国料理。
担々麺も大人気!

Sage café  
画像






日連714-4 042-687-5336  
藤野駅より徒10分、湖畔沿い
皮から手作り本格点心!
ベジ、サイクリスト大歓迎!
P、予約特典あり。


篠原の里   
牧野2881 042-689-2051   
宿泊交流施設
篠原特産物販売、
焼きたて石窯手作ピザ、
里カフェ軽食(21日のみ)
画像










パン工房 アカラナ 
牧野1714-1 080-1329-7243 
丸い窯とピンクの小屋が目印
パンとお菓子の薪窯工房、
テラスでティータイム♪
画像



















イベント当日は
藤野駅からシャトルバスが
運行される予定です。
詳しくは4月中旬に
HPでお知らせします。


studio fujino http://www.studiofujino.com
藤野観光案内所「ふじのね」ブログ http://huzinone.jugem.jp
藤野観光協会HP http://info-fujino.com
カフェレストラン Shu http://cafe-shu.com/
セージカフェ http://fujino.hippy.jp/sagecafe/
静風舎   http://instagify.com/user/seifusha/2148348462
FOREST MARKET https://www.instagram.com/fujino_forest_market/
芸術の小径   http://komichi.loops.jp/
藤野芸術の家 http://fujino-art.jp/
ふじのアートヴィレッジ http://www.fujino-artvillage.com
龍夢万華鏡工房 https://ryumu.themedia.jp/
篠原の里    http://www.ops.dti.ne.jp/~shinoba/
○△  gallery http://nogamikaoru.com/blog.php
牧馬発ふじの里山通信 http://www1.ttcn.ne.jp/~makime/
アカセ・クレイワーク・スタジオ http://www.akase-claywork.com


画像



画像

画像

画像



☆2016年〔藤野ぐるっと陶器市〕のデータは
グラフィックデザイナー佐藤純氏より提供を受けました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
矢張りアートの町ですね。
季節季節で色んな催しが有り居ながらにして眼の保養が
出来ますね。
今日の京都はどんより空で風が少し強く下り坂です。
少し寒さが戻りそうですね。
あいべん
2016/04/11 06:00
陶芸家だけでもkomichiさんの街にたくさんいはるんですネ。
イベントでいっせいに発表されると どれが佳いか迷ってしまいそう。
この頃はヤマザキパンのキャンペーンの白いお皿が増えてしまいましたが、やっぱり日本人独自の感性で作られたお皿の方が佳いと感じます。
目でも食べてるんだとつくづく思いますもんネ。
万華鏡も独得のデザイン、見てみたい気持ちでいっぱい。
おーちゃん
2016/04/11 07:59
あいべんさん、こんばんは!
藤野は人口のわりにアーティストがとても多いところです〜♪
私が紹介しているイベントはほんの一部です〜☆
今日はこちらも少し北風が吹いて寒く感じました〜。
komichi
2016/04/11 22:35
おーちゃんさん、こんばんは!
陶芸作家はほんとうに多く、皆さんそれぞれの作風で見ごたえがあります〜♪この陶器市ではデパートなどでの展覧会よりもずっと手に入れやすいので、お客さんもお目当ての作家の陶器を求めて来るようです〜☆
同じ料理でもうつわを変えると気分も変わってきますね〜☆
傍島飛龍さんの万華鏡、ユニークでそしてとても美しいです〜♪
komichi
2016/04/11 22:50
わあ〜近ければ心地よい薫風を楽しみながらじっくり歩いてみたい!
よい季節に開催ですね。
わかりやすくご紹介されているので、ここに寄ってみたいとか勝手にサイト訪問しています〜。
暮らしの手仕事、なにをされるのかな。

↓ どこからも富士山が借景、なんて贅沢な絵画のような写真ですねー。
うらら
URL
2016/04/12 09:10
うららさん、こんばんは!
今年も「陶器市」が5月に開催されます!
我が家も会場の入り口にありますので、毎年参加している気分です〜(笑)。陶芸作家さんそれぞれで作風も違うので、好きな作家を見つけるのも楽しいです〜☆
「暮らしの手仕事」今年初めての参加ですので、私も訪ねてこようと思っています〜♪

富士山とさくらって、あまりにの画像ですけど…
やっぱり目出度い気持ちになります〜☆
komichi
2016/04/12 22:46
作家紹介を、最初は読んでたんですか、
あれ、まだ続く…という感じで、
途中で諦めました。凄いイベントですね!
今、日本でこれだけの創作陶器展が
開けるのは藤野だけではないかと、
ただただ感心しました。
yasuhiko
2016/04/15 11:33
yasuhikoさん、こんばんは!
年々参加される作家さんも増えて・・・
一日では巡り切れないようになりました〜☆
今年も新たな参加作家さんがあるので、
見に行こうと思っています〜♪
お気に入りの作家さんを見つけるのも楽しそうです〜☆
komichi
2016/04/15 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第17回■藤野ぐるっと陶器市 2016■藤野から・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる