芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■田谷直子 陶展■神楽坂・ラ・ロンダジル

<<   作成日時 : 2016/06/19 15:58   >>

トラックバック 0 / コメント 12



6月18日から神楽坂ラ・ロンダジルで
開催されている■田谷直子 陶展■
ゆったりとしたペースで作陶を続ける
田谷直子さんの手なじみの良いうつわ。

日々の暮らしの中で
ほっとしたひと時を共にする
家族のようなうつわです。

画像


■田谷直子 陶展■神楽坂・ラ・ロンダジル

2016年6月18日(土)〜6月25日(土) ☆20日(月)はお休み

12時〜19時

★ラ・ロンダジル
http://la-ronde.com/index.html
〒162-0827東京都新宿区若宮町11 麻耶ビル1F 
Tel&Fax 03-3260-6801

「野菜や果物に旬があるように、
器にも季節により出番が多くなる
旬らしきものがあります。
夏の気配を感じ始めたら、
我が家では田谷さんの器が活躍する頃。
瑞々しい夏野菜が似合う、
ルリや灰釉の器をご紹介します。」


画像





画像





画像





画像



☆上記画像はこちらから転載させていただきました。


画像
 



★田谷直子さんのこれまでのしごとはこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/b0ed4e42d7.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
この方の器好きです!
何となく色合いが派手ではなく、何を乗せても似合いそうで。
うちの簡単料理にぴったり。少し高級感の器、似合ってくれませんから(笑)
木の葉
2016/06/19 16:33
木の葉さん、こんばんは!
田谷さんのうつわは毎日の食事が似合って、
家庭料理がおいしそうに見えます〜♪
手にもった感じもおさまりがよく、
瑠璃色生成り色どちらもしっくりします〜☆
komichi
2016/06/19 22:24
おはようございます。
komichiさんらしい(^^)。
季節で・季節を器で楽しむ(^^)。
心の余裕ですよ。
私は野暮なのか気にいれば年中何にでも同じ器(笑)。
あいべん
2016/06/20 04:55
あいべんさん、こんにちは!
この季節になるとどっしりとした土ものよりは
釉薬のかかったうつわや白磁、そして
ガラスの食器がよく食卓に上ります〜☆
家族からは食器より料理の充実を...と、
言われています〜(笑)。
Komichi
2016/06/20 14:02
こんばんは!
先日素人陶芸をかじったものですから、田谷直子さんの作陶がいかに素晴らしいか少しわかります(^^)シンプルな物ほど難しそうですから…
食器もこだわり始めるときりが無いので困りますね!
sasapanda的には、もう増やしちゃいけない段階なのですが…
私も白磁好きです(^^)
sasapanda
2016/06/23 23:03
sasapandaさん、こんばんは!
私もいつもお隣の白磁作家夫妻の仕事ぶりを見ていて、その工程と技術の綿密さに驚きます〜!もう私も入れるところがないのに…ついつい持ち帰ってしまいます〜(笑)。
田谷さんのうつわは穏やかな日常を感じさせ、ゆったりと時間が流れそうなやさしさに溢れています〜☆和食のお惣菜を入れるどんぶりなど、ほっとする雰囲気が好きです〜☆
komichi
2016/06/24 00:23
貫入のひびがはいってるんですか。
手にした時の感触がよさそうで、
使ってみたくなるいい器ばかりですね。
毘沙門天の傍という事は、
神楽坂の料亭街のギャラリーですか。
yasuhiko
2016/06/24 14:19
こんにちは。
家族のようなうつわ、シンプルで使い勝手が良さそうですね。
和洋問わず、何を盛っても似合いそう。家で採れた夏野菜をざっくりと。
お料理は器でも随分違いますから。。

しかし、、毎日の献立には悩みます〜!
ハーモニー
2016/06/24 16:13
Yasuhikoさん、こんばんは!
こちらのギャラリーは、以前小さな料亭のある界隈の一軒家でしたから三味線の音も聞こえてきましたが、移動した今度の場所は住宅街にあって静かな環境です。でも少し歩くと小さな黒塀の小料理屋などが点在していました〜。
ちょっと住んでみたい辺りです〜☆
田谷さんのうつわはこちらの環境にもぴったりな雰囲気でした〜☆
Komichi
2016/06/24 20:36
ハーモニーさん、こんばんは!
家庭料理を盛り付けるのに、田谷さんのうつわはシックりするような気がします〜☆
お魚料理や野菜の煮物などが美味しく見えそうです〜。
毎日の献立には頭を悩ましますね〜。
私はうつわ負けしています〜(笑)。
komichi
2016/06/24 20:46
食べ物の味だけが食事じゃない。
器も味の内。
その季節に合った器、その食べ物の色に合った器。
衣替えと同じように 器を変える時期を考えながら女性たちは過ごしていたんじゃないかと思ったりなんかして。
おーちゃん
2016/06/27 07:27
おーちゃんさん、こんばんは!
器によって食事の味も一段と変化するような気がします。田谷さんの瑠璃色のどんぶりには冷たいお蕎麦を入れても美しく、ざるに入れたのとは違った雰囲気になります〜☆
衣替えがあるように食事の内容も季節の変化があって、うつわも季節を楽しめるものを選びたいなぁ〜と思っています。
komichi
2016/06/27 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■田谷直子 陶展■神楽坂・ラ・ロンダジル 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる