芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■井戸尻遺跡と大賀ハス(古代ハス)■長野県・八ヶ岳南麓から・・・

<<   作成日時 : 2016/07/28 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 10



梅雨明け真近の早朝
大賀ハス(古代ハス)の満開を知り
行きたかった長野県・富士見町の
井戸尻遺跡へ。

縄文人も暮らした八ヶ岳南麓の
湧き水豊かな地。



画像




画像




画像



画像




画像




画像




画像




画像
縄文時代中期を中心とする集落遺跡


遺跡から歩いて井戸尻考古館へ。


画像



井戸尻考古館は、八ケ岳山麓を舞台に生活した縄文時代(約8000〜2300年前)の生活文化を復元して、現代生活の向上に資することを目的とした施設です。
館内には、今までに発掘調査して出土した資料のうち、二千点余りの土器や石器を年代順に並べ、移り変りや用途を知ることができます。また、住居展示や食物・装身具・衣類なども併せて展示し、一見すればわかるように努めています。また、土器や土偶など文様解読で明らかになった当時の宗教観念や世界観・神話などを解説しています。
館外には、5300平方メートルの敷地に炉址・配石遺構のほか、栽培作物圃場・石器材料岩石園を設け、当時の食生活や農具の究明を行っています。また、史跡井戸尻には復元家屋が建ち、涸れることのない湧水の音に耳を傾けると、少しのあいだ縄文の世界に浸ることができます。


井戸尻考古館で公開中のHD画像


画像



画像



画像



画像
蛇を戴く土偶 藤内10.5p(重要文化財)


画像
人面香炉形土器 曽利 高さ47p


画像
土偶 坂上 高さ23p


画像
人面深鉢 高さ59p 長野県諏訪郡富士見町下原遺跡


画像
水煙渦巻文深鉢 高さ43p 長野県諏訪群富士見町曽利遺跡


月の満ち欠け、蛙または半人半蛙(人とカエルの中間のもの)
細長くうろこの光る蛇もまた土器に描かれることの多いモティーフ。


画像

★井戸尻考古館
http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html
〒399-0101
長野県諏訪郡富士見町境7053
TEL 0266(64)2044 FAX 0266(64)2787

開館時間:午前9時〜午後5時
休 館 日:月曜日・祝日の翌日・年末年始
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はす、キレイ!!!なんともいえない美しさですね!ただでさえ美しいハスですが、大賀(古代)ハスとなるともう感慨深いものがありますね♪土器土偶もなんとなし美しい。柄のモチーフも興味深い♪そういえば、山口と岡山の大学チームで、欧米の狩猟民族より縄文時代の暴力による死亡率が圧倒的に低く、縄文時代の平和さを示し、、戦争は人間の本能である、に、否やの研究成果を投じてましたよ〜♪
こりす
2016/07/29 05:06
おはようございます。
関西では広大な規模で咲いて居た琵琶湖の蓮が
今年は突然全滅・・原因は不明ですが最近よく耳にする
現象です。
綺麗ですね・・。
蓮だけでなく古代へ逆戻り出来そうな考古館の陳列物も
夢を与えて呉れそうです(^^)。
あいべん
2016/07/29 05:43
こりすさん、こんばんは!
お隣、白磁工房の息子さんが井戸尻考古館の学芸員として働いていて、彼の情報で大賀ハスの開花を知りました!北海道で縄文文化に興味を惹かれたこともあり、駆け付けました〜!静かな自然環境の中で美しく咲いていて幸せでした〜♪
日本の研究チームが縄文時代の平和さをアピールしてくださっているのですね〜☆もっとたくさんの人に知ってもらいたいことですね〜☆
komichi
2016/07/30 00:21
あいべんさん、こんばんは!
関西では、琵琶湖の蓮が今年は全滅ですか〜!
今年の気候のせいなのかもしれませんね〜。
2000年の時間を超えて、ここで咲いていると思うと、なおさらの感動でした!
土器や土偶から、懐かしさや温かみを感じるのは私だけでしょうか〜☆
komichi
2016/07/30 00:27
この豊かな湧き水を求めて、
縄文人も集まって来たんでしょう。
その水辺に、2000年の眠りから覚めた
大賀ハスが咲くのは、不思議な縁かも知れません。
井戸尻遺跡には憧れがあって、若い時に
何度か訪れました。ここの人面香炉型土器、
縄文のランプかと言われてますが、形がとても好きです。
yasuhiko
2016/07/30 09:54
縄文土器類とか大賀ハスたちは太古の日本を知っている生き証人なのかもしれません。科学技術が生み出したおもちゃ「ポケモンGO」で惚けている現代人は想像力をかえって失っているのかも。自然や生き物の神秘な力を知る努力が必要ですね。
おっちょこタカナ
2016/07/30 14:49
yasuhikoさん、こんばんは!
八ヶ岳の山麓のこの地、緑豊かで湧き水豊富な素晴らしい環境に古代ハスが咲いている風景は自分が縄文人になったような錯覚に一瞬陥りました〜(笑)。
yasuhikoさんは以前から今日も持たれ、何度も通った場所だったのですね〜☆私は、にわか縄文ファンで、これから少しずつ勉強しようと思っています。人面香炉型土器は顔も残っていて…ユニークな姿に心惹かれます〜☆
komichi
2016/07/31 00:01
おっちょこタカナさん、こんばんは!
縄文人は争いを好まず平和な暮らしを長く続けた文化を築いた人々。その自然と共生する知恵を見習わなければ…と、展示を見ながら感じました。
2000年の眠りから目覚めたハスからも何か教えを請わなけれないけないのかもしれませんね〜。
komichi
2016/07/31 00:05
"縄文人の生活"ビデオ見て感嘆して。
以前聞いたことあるのは、縄文土器は木の実を炊くとすごく美味しいらしいと。
弥生式土器はお米を炊くと美味しいらしいと。
古代から人々はその用途に応じて工夫して生活していたと云うことなのでしょう。
今の技術とさほど変わらないと云うことは、今もなお縄文人の知恵の延長線上にしかいないと云うこと。
そんなこと考えてるだけでも楽しくなってきます。
おーちゃん
2016/08/04 22:53
おーちゃんさん、こんばんは!
私もこちらの考古館でこのビデオを見て感動し、私もこの生活は出来そうだと妙に納得しました!縄文土器で木の実を炊いてみたいなぁ〜と、おーちゃんさんのコメントを読んで、いま思っています〜(笑)。
こちらの考古館の裏では古代と同じようにアワやヒエを育てていて、年に一度育った実を挽いて、お粥のようにして縄文の時代に思いを馳せるのだそうです〜☆
komichi
2016/08/05 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■井戸尻遺跡と大賀ハス(古代ハス)■長野県・八ヶ岳南麓から・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる