芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■Mariko & Konada■Autumn Concert 2016■藤野から・・・

<<   作成日時 : 2016/09/27 23:18   >>

トラックバック 0 / コメント 12



イギリス在住のピアニスト
寺師真理子さんと小灘裕子さんの
ピアノコンサートが10月15日夕方から
藤野のカフェレストランShuで行われます。

今回、真理子さんのピアノからどんな音色が
感じられるのか…そして初めて聴く
小灘裕子さんのピアノ世界は…
あれこれ想像をしながらライブを待ちます。

演奏後のShuの美味しい食事も楽しみ。

画像


■Mariko & Konada■Autumn Concert 2016

自然とアートの街、藤野で楽しい
クラシック音楽は、いかがですか?


2016年10月15日(土)

16:30開演(16:00開場)

チケット 3,500円/お食事 1,500円(要予約)


★寺師真理子 Mariko Terashi(ピアノ)
フェリス女学院大学音楽科を経てパリでィヴォンヌ・ルフェルビール、及びカトリーヌ・コラールと学ぶ。エコールノルマ卒。ジョルジュ・シラフ財団オーディションでシラフに認められ演奏活動を開始。その後、ラモー、クープランに興味を持ちピアノでチェンバロを弾いたときのオリジナルのニュアンスを失わずにピアノの暖かい音色を加えてこの時代の鍵盤音楽を新たに表現することを思考試作。フランスチェンバロ奏者、故ユゲットドレフェス女史から15年にわたりアドヴァイスをいただく。《ライブノーツ・レーベル》ナミ・レコードから、クープラン、ラモー、セイシャスのCDを来年発売予定。

★小灘裕子 Yuko Konada(ピアノ)
フェリス女学院大学ピアノ科卒。在学中、ウィーンにてレッスンを受ける。ピアノを故中田喜直、故大島直子、室内楽を多喜靖美、MASAの各氏に師事。全日本ピアノ指導者協会会員。「ソニーピアノの会」会員。ピアノグループ「Kyupic‛」主宰。独奏、伴奏、CD録音、TV出演など多彩な演奏活動を行い、鎌倉豊田邸コンサート、ワシントン国際ピアノフェスティバル、箱根富士屋ホテル国際会議レセプションなそ数多くのコンサートを企画、演奏。また音楽専門学校講師を出発点に、多くの生徒を指導、丁寧なレッスンで個性豊かな人材が育っている。


★過去の寺師真理子さんのコンサートはこちら↓
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/4ad0c61427.html


画像

★カフェレストラン shu★
http://cafe-shu.com/
〒252-0185 神奈川県相模原市緑区日連981
TEL:042-687-2333
画像

画像


■ 車でお越しの方
中央自動車道「相模湖・藤野IC」降り国道20号線を上野原、大月方面へ。
最初の信号を左折し、勝瀬橋経て、日蓮橋を渡りおよそ100m先左手。

■ 電車でお越しの方
JR藤野駅より徒歩18分。タクシーで約5分







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
小ホールでのピアノ演奏音の響き(?)が身体を
襲って来る感覚が私は大好きです。
変な表現ですね(^^)。
あいべん
2016/09/28 05:20
こちらを訪問するたびにkomichiさんはいい所を選ばれたなぁと思います。
藤野に住まわれてから何年くらいなのでしょう。
自然に恵まれ、都心へのアクセスもいいし、本当に自然とアートの街ですね〜♪
白いねこ
URL
2016/09/28 16:44
あいべんさん、こんばんは!
小さな会場では間近に演奏者がいて、
音のシャワーを全身で受ける感覚が心地よいですね〜♪
虫の音も賑やかな季節のクラシックコンサート
今から楽しみです〜☆
komichi
2016/09/28 22:56
白いねこさん、こんばんは!
1998年にこちらに週末の小さな家を建てて、最初は東京から金曜日に移動して月曜日に東京に帰る生活をしていましたが、すぐにこちらの自然が好きになり住むようになりました。
それまではゴルフを毎週していて、藤野にもよく来ていましたが住みだしてからは一度もクラブを握ることもなくなりました〜(笑)。
車のアクセスもよく電車(中央本線)もあるので、東京に通勤している方も多いです〜☆水源地としての規制が今の自然を守ってくれたようで、感謝しています〜。
komichi
2016/09/28 23:05
藤野は素晴らしい!
生き生きとしてる!
コンサートに似合う、とても!♪
そこに集う人も想像がつきます。ほんと羨ましい!

Komichiさん、ゴルフはやめられたのですか? 勿体ない気もします。
そんな暇がないのでは? うちの息子、ゴルフしかないくらい、ゴルフのために仕事してるような? これもねぇ困りますけど(笑)
木の葉
2016/09/29 07:36
木の葉さん、こんにちは!
イベントで知らない方にあっても、皆さんどちらからともなく「こんにちは〜」の声がきこえます〜♪東京の街中とは違ったゆったりした時間が流れていて、気持ちも穏やかに過ぎてゆきます。

ゴルフは父も兄も妹も長くやっていて、私も一時は関東アマチュアに出たいと思ったほど熱心にやっていましたが、自然豊かなこちらに住むようになったらぷっつり興味が覚めました〜(笑)。
komichi
2016/09/29 15:37
「自然とアートの街、藤野で」
というキャッチフレーズに、
ぴったりの素敵なコンサートですね。
チェンバロのニュアンスを残す
ピアノの響きとは、どんなものでしょう。
yasuhiko
2016/09/30 15:05
yasuhikoさんこんばんは!
自然豊かなカフェレストランshuはご主人が音楽好きでご自身も楽器を演奏されます〜♪ジャズミュージシャン達にも愛されているライブハウスでもあって、ゆったりした環境の中で聴くピアノの調べも心地よいものです。
寺師真理子さんのピアノはぐいぐいとエネルギッシュな面と繊細な感性が絡み合った独特の個性を持っていて、魅力的です〜☆
komichi
2016/09/30 23:21
チェンバロとピアノのデュエット。
藤野という街がホントに近かったら…絶対に行くのに。
勝手に想像するに音量の違う楽器。
チェンバロの方がダイナミックに、ピアノの方が繊細に演奏されるんじゃないか。
想像するだけでもその対比がおもしろそう。
おーちゃん
2016/10/01 08:24
おーちゃんさん、こんばんは!
チェンバロはバッハの曲などではなじみの深いものですけど、後年ピアノの音量のある演奏に変わっていますね〜。
今回、チェンバロ演奏はないかもしれませんけど、ピアノ曲をチェンバロ的に弾く曲目があるかもしれません〜♪
komichi
2016/10/01 22:22
おはようございます。
ご両人のピアニストは存じ上げませんが、親しみやすい曲を披露されたのですね♪
チェンバロは強弱が付けにくい楽器なので、それを如何に弾くかでその方の技量が窺えますね。
でも、15年もご指導を受けられたのですから、素敵な演奏でしたでしょう?
ハーモニー
2016/10/04 10:37
ハーモニーさん、こんにちは!
このコンサート、来週末の予定です〜☆
私は寺師真理子さんのピアノは何度も聴いていますけど
小灘裕子さんのピアノは初めてなので、どんな音色なのか…
とても楽しみです〜♪
チェンバロの音色も好きです〜☆
komichi
2016/10/04 13:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■Mariko & Konada■Autumn Concert 2016■藤野から・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる