芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■再興第101回 院展■東京都美術館

<<   作成日時 : 2016/09/13 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 8



日本画家・牧野環さんより
■再興第101回 院展■のご案内をいただき
現在開催中の上野・東京都美術館へ。

今回、牧野環さんの作品は渋谷再興への改築も進む
渋谷の風景を「細雨(さいう)」と題し表現
変化し続ける渋谷の喧騒がまるで聞こえず
静けさ漂う画面に惹きつけられました。

大作300点余りの院展
その一点一画に作家の魂が込められ
見終えると軽い疲労を感じるほど。

画像
《 紫上》 高橋天山 

■再興第101回 院展■東京都美術館

2016年9月1日(木) - 9月16日(金)

9:30〜16:30(17:30閉場)

★東京都美術館
ロビー階 第1展示室〜第4展示室

★公式サイト
http://nihonbijutsuin.or.jp/index.html


画像
牧野環 《細雨(さいう)》


★牧野 環 Makino Tamaki
1974年 愛知県に生まれる
1999年 再興第84回院展初入選
      愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業
2001年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻修了
2002年 雪舟の里総社墨彩画公募展にて「臨界」が雪舟大賞受賞
2005年 トリエンナーレ豊橋(豊橋市美術博物館)
2007年 個展レスポアール展(銀座スルガ画廊)
2008年 愛知県委託事業、東寺伝真言院曼荼羅模写従事(2014年3月完成)
2010年 個展「未だ青き道」(松坂屋名古屋店)
2012年 個展「忘れずの風」(日本橋三越本店、名古屋三越栄店)
      特別展「岸〜歌会始御題によせて〜」(式年遷宮記念神宮美術館)
2014年 愛知県委託事業、金剛峰寺所蔵仏涅槃図模写従事(2017年3月完成予定)
      個展「甘き水を探しに」(松坂屋名古屋店)
      個展「涼しき出会い」(阪急うめだ本店)
2015年 再興第100回院展にて、「明日を積む」が奨励賞受賞
2016年 個展「−朝−」(日本橋三越本店)

現在 日本美術院 院友
    愛知県立芸術大学非常勤講師



★牧野環・過去のエントリーから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/df46a81d65.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
前線の影響で曇り最優先の京都です(笑)。
絵で残す渋谷・・。
映像や写真とは違い観る側に訴える力の凄さが
有りそうですね。
あいべん
2016/09/14 05:46
あいべんさん、こんばんは!
こちらも秋雨前線が居座っているようで、
連日雨と曇りの日々です。
渋谷は今、再開発で一段と喧騒の中にあります。
その情景を作家の目を通して描かれたとき
別の訴求力を持つのだと感じています〜☆
「細雨」という詩情あふれる作品名とともに…。
komichi
2016/09/14 23:23
こんばんは!
「細雨」素敵な作品名ですね。
これは画なんですか?と聞きたくなってます。
静けさしか感じない。どのような思いで? その意味は? と聞いてみたくも。
難しい事は分からないけれど、美しい画ですね。こういう場所でも音のない素敵な景色になることが素晴らしいと思います。
木の葉
2016/09/15 18:31
木の葉さん、こんばんは!
現在、再開発中の渋谷の街を「細雨」で包んだような静けさを感じました。
日本画ではあまり取り上げられることの少ない情景を作家の意志で描ききり、素晴らしい作品となっていることに驚きました。
komichi
2016/09/15 23:47
今晩は、久しく院展鑑賞に行っておりません。美術館での鑑賞はかなり疲れますが。座るとこないかななんて。でも、秋は美術的要素に満ちていますよね。
おっちょこタカナ
2016/09/16 02:17
渋谷駅の乗り換えで、
年中道に迷ってます。だから、私にとって、
渋谷は詩的な街ではないんですが、
観る人が観れば、どこにでも詩は生まれる。
『細雨』という素晴らしい絵に、
そんな事を考えさせられました。
yasuhiko
2016/09/16 23:24
おっちょこタカナさん、こんばんは!
公募展はほとんどの作品が大作ですから300点ほどを鑑賞するとかなり疲れることもありますが、私は好きな絵があると椅子に座ってゆっくり鑑賞したり…のんびり過ごします〜☆
いま展覧会も多く、なかなか廻りきれません〜(笑)。
komichi
2016/09/17 00:29
tasuhikoさん、こんばんは!
最近、最開発中の渋谷駅はほんとうに複雑で、出来れば乗り換えをしたくない駅になりました〜(笑)。
この駅周辺の風景を心のレンズで眺めたとき、
作家には詩情あふれるものになるのかもしれません。
喧騒の街から静けさの世界へ…
画家の洞察力と画力がこういう作品を生み出すのだと驚きました。
komichi
2016/09/17 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■再興第101回 院展■東京都美術館 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる