芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■碓井直弘展■ キングココナッツの見る夢■

<<   作成日時 : 2016/10/18 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 10



藤野の陶工房、陶釉舎を運営する
陶芸作家・碓井直弘さんの
■碓井直弘展■ キングココナッツの見る夢
開催中の銀座・ACギャラリーへ。

2014年の個展「マンゴーの見る夢」から発展し
今回の作品ではLEDの灯りが入り
より深いイメージの世界へ誘います。

ガラスのような白磁の滑らかな肌が
魅力的な灯りのオブジェ。

画像


■碓井直弘展■ キングココナッツの見る夢■

10月17日(月)〜10月23日(日)

11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

★ACギャラリー
http://www.ac-gallery.jp
〒104-0061
東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F
GALLERY Tel/Fax: 03-3573-3676
地下鉄銀座駅B5出口 徒歩1分

画像



画像



画像



画像



画像



画像
碓井直弘氏



画像
藤野・陶釉舎
★碓井直弘(うすいなおひろ)
1955年 神奈川県生まれ
東京クラフトデザイン研究所・陶磁器デザイン科卒業
佐賀県有田町と愛知県瀬戸市で、陶磁器デザイナーとして開発・研究を担当。
現在、相模原市緑区(旧、津久井郡藤野町)にて作陶生活を送っている。
2002年から女子美術大学、神奈川県立保護福祉大学で非常勤講師として勤務。
2007年、タイ国立チェンマイ大学芸術学部で客員教授として半年間滞在。


★碓井直弘氏の過去の展覧会から↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201409/article_12.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
長袖を出して寒さに少し震えたのに・・
昨日から半袖で真夏日に近い気温の京都です(^^)。
体調管理大変です(笑)。
ガラスと陶器・・交わりが無さそうでも見せ方次第で
すんなり取り入れられるのですね。
あいべん
2016/10/19 05:32
あいべんさん、こんばんは!
こちらも毎日季節を行ったり来たり・・・
落ち着かないお天気ですね〜。
見た目はガラスですけど、4ミリくらいの白磁で作られたオブジェでした!今回はLED照明を入れ、熱くならないので危険もなく美しい灯りの作品に仕上がっていました〜☆暗い部屋に置いて子のオブジェの灯りを楽しみたいなぁ〜と思って眺めました。
komichi
2016/10/19 22:30
白磁のオブジェに、LEDの
灯りを仕込んだんですか。
「キングココナツの夢」と名付ける
発想が素敵です。子供みたいな遊び心を
失わない人は偉いなあ〜。
yasuhiko
2016/10/21 11:57
yasuhikoさん、こんばんは!
碓井氏は2007年にタイに滞在していた頃のイメージを作品にされているようで、不思議な感覚が見る人の脳内にさまざまなイメージを運んできます〜☆ライトがLEDになったことでより安全なオブジェになったようです。
komichi
2016/10/21 22:21
こんにちは〜。
ここ数年、狭い食器棚にもういいと作陶展は敬遠していましたが松本で片口の大皿を。−−
焼き物って眺めるだけでも和やかな気分になりいいなあって思いました。
ココナッツ型の灯り、それぞれの色も素敵ですネ。
うらら
URL
2016/10/22 13:24
うららさん、こんばんは!
私ももうものを増やしたくなくて、なるべく買わないようにしていますけど、どうしても少し増えてしまいます〜(笑)。
土を強く感じるものとこちらのオブジェのような滑らかな肌の白磁のものなど…魅力的なものも多いですね〜☆
komichi
2016/10/22 22:26
おはようございます!
柔らかな素敵な灯りですね!
白磁の器しか知らなかったのですが、形も面白くて、柔らかい優しいかんじですね。わたし、このようなものに出会う機会が無いお蔭で、増える心配は無いのですが、残念な気持ち!が残念(笑)
木の葉
2016/10/23 11:26
木の葉さん、こんばんは!
触っても熱くならないLED照明が入っているので、安心して使えるようですし、灯りを点けない時もオブジェとして存在感もあって素敵ですね〜☆
さまざまな作品を観ることで刺激を受けています〜☆
komichi
2016/10/23 21:51
LEDの光が透けて見えると云うことはかなりの薄さで焼かれているのでしょう、細心の注意を払い造られた作品だと云うことがよく解ります。
日本に生まれて佳かった、生活とは掛け離れた心の余裕を感じられる作品を見ることが出来る国なんですもん。
おーちゃん
2016/10/27 07:41
おーちゃんさん、こんにちは!
生活の道具としての陶の器も大事ですけど
心の豊かさを感じるような陶作品に巡り会えるのも
日本ならでは…のような気がします〜♪
遊び心を感じるものを身近におけるのも嬉しいことです〜☆
Komichi
2016/10/27 16:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■碓井直弘展■ キングココナッツの見る夢■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる