芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■帯留展『一粒の遊び』vol.02 ■藤野 studio fujino

<<   作成日時 : 2016/11/06 22:23   >>

トラックバック 0 / コメント 12



藤野・佐野川地区の高台にある
古民家を見事に再生したstudio fujinoで
11月5日から13日まで行われている
■帯留展『一粒の遊び』vol.02 ■へ。

茶畑ひろがる山里
竹林を登るとstudio fujino

よく手入れされた美しい
古民家で行われている
小さな帯留展。

顔を近づけて眺めた
精巧で作家魂の感じられる
一粒々はまるで夢の雫

ゆたかな物語を感じた
ひととき

画像


■帯留展『一粒の遊び』vol.02 ■藤野 studio fujino

2016年11月05日?13日 11:00_17:00


小さいながらも、
凛とした表情で装いに華を添え
愛らしい佇まいで遊び心溢れる帯留。
2回目の今年は、9人の作家の
小さな粒が集まります。

1.Anima uni
2.小川 郁子
3.クロヌマタカトシ
4.studio fujino
5.静風舎 副島 泰嗣
6.初雪・ポッケ
7.堀 道広
8.松原 智仁
9.室田 志保

★会場から・・・

画像



画像



画像



画像



画像
画像
画像



画像


画像


画像



画像



画像



画像



画像




画像



画像



画像
画像



画像
画像



画像



画像



画像


画像
小部屋では帯留作品のワークショップも


画像

画像

★studio fujino
http://stfujino.exblog.jp/
〒252-0181 神奈川県相模原市緑区佐野川768 
お問合せ・WSお申し込み →info@studiofujino.com
tel. 080-5695-2424

電車・バスの方は、JR中央線 藤野駅下車 
神奈中バス『和田行き』最終停留所下車、徒歩3分。

お車の方は、臨時駐車場をご利用ください。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
日本の声・・
生活の息吹の中で昭和を彷彿させる帯留め何だか安心
出来る気持ち(^^)。
あいべん
2016/11/07 05:34
あいべんさん、こんばんは!
藤野の古民家での帯留め展、昭和を感じる雰囲気もあって、ゆったりと時間が過ぎてゆくようでした〜♪
このあたりはお茶畑も多く、美しい景観の場所です。
komichi
2016/11/07 22:08
ある着物好きの方のブログに「藤野へ」とあって、「あ、komichiさん!」
着物で友人と藤野を歩くブログ写真を眺めそのとこちらに来たら、詳しくてウレシイー。
帯留めをまだ使いこなせませんが、どれも素敵であの帯にと妄想?
これにあれと…とじっくり拝見いたしましたー。アリガトウ
うらら
URL
2016/11/08 07:41
何と品の良い作品展!
着物でおいでの方も居たりして!
こういうものもかなりに好きですが、最近は着物を着ることもありませんので、残念です。。。
一度も着られることの無い着物も可愛そうだと。。。
もっと歳をとり、着ることも出来なくなる前に着てはみたいとは思います。思うだけかもですね〜(笑)
木の葉
2016/11/08 08:54
うららさん、こんばんは!
藤野のstudio fujinoはとてもセンスがよく、運営されている方も着物好きですから帯留めの展示は細やかな技術とユーモアも薬味になって、見飽きないものばかりでした〜☆こちらに伺うと、私も着物を着なくては…と思います。
うららさんの着物姿には帯留めがお似合いだと思います〜♪
室内の小さな作品展示で画像がぼけていて、見苦しいですけど、お許しください〜(笑)。お気に召したのが見つかりましたら代理で購入も…☆彡
komichi
2016/11/08 23:39
木の葉さん、こんばんは!
帯締めの小さな粒に、ぎゅっと凝縮された美が込められて…何とも言えず見ているだけでも幸せになりました〜♪
木の葉さんも着物をお持ちですから、たまには虫干し代わりにもなるので着られたら、周りの方も喜ばれるような気がします〜☆
komichi
2016/11/08 23:44
引き算の文化というのも必要だと思うんですけれど、帯留めは反対に足し算で その装いを豊かにしてるように感じます。
考えてみればホントに小さいモノなんですけれど。
それだけに召される方々のセンスが問われるような気がします。
自分で作ってみて解ることもあるので ワークショップがあること自体有り難いことなんだと思います。
おーちゃん
2016/11/09 08:03
おーちゃんさん、こんばんは!
着物の着こなしでは柄と柄をうまく組み合わせたり、西洋文化とは違った面白みを感じます。帯留めのような小さな小物で遊ぶ感覚もステキですね〜☆ちょっとしたユーモアや遊び心が豊かさにつながるような気がしています〜♪
この展示期間にはさまざまなワークショップも開催されています。作家さんから直接手ほどきを受けるのは、なかなか得られない経験でしょうね。
komichi
2016/11/10 01:15
楽しいですね。細かいものに
遊び心がいっぱい籠められていて…。
帯留めとか、根付とか、
小さい細工物は日本人のお家芸かも。
お値段を見ると、ちょっと驚きますが…。
yasuhiko
2016/11/11 16:25
yasuhikoさん、こんばんは!
大きなものを作るよりも、帯留めのような小さなものは、ある意味細やかな神経を使う大変な仕事だと思いますが、作家の皆さんの遊び心も感じる素適な作品に仕上がって…見飽きませんでした〜☆
komichi
2016/11/11 22:12
こんにちは。
素敵な帯留の数々♪ すべて一点ものなのでしょうね。
干物の開きなんかは面白い作品ですね〜。
今となっては着物に縁遠くなってしまいましたが、こんなのを見ていると気持ちがほっこりします♪
ハーモニー
2016/11/14 13:08
ハーモニーさん、こんばんは!
どれも一点ものでそれぞれ個性溢れる帯留めでした〜☆
最近着なくなった着物をまた着ようかしら…と
思わせる魅力的なものが多く、楽しみました〜☆
Komichi
2016/11/14 16:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■帯留展『一粒の遊び』vol.02 ■藤野 studio fujino 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる