芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■大徳寺 聚光院■創建450年記念特別公開

<<   作成日時 : 2016/12/08 11:35   >>

トラックバック 0 / コメント 6



前回の京都行きの際に予約できなかった
■大徳寺 聚光院■創建450年記念特別公開へ。
友人を誘って・・・

千利休の菩提寺としても知られる聚光院
今回は狩野派の天才ともいわれる
狩野永徳が父・松栄とともに描いた障壁画
四十六面の里帰り公開展示と併せて
2013年、書院に描かれた千住博氏筆『滝』の
特別公開。

美術館での展示とは違い
眼前に広がる障壁画と建物との関係が
より深まって感じられ
貴重な鑑賞体験。

スギゴケの庭と障壁画のハーモニーも
味わい深く、いにしえの空間に佇んだとき。

画像
予約時間に並ぶ人たち
私の予約時間は1時40分

■大徳寺 聚光院■創建450年記念特別公開

2016年3月1日(火)〜2017年3月26日(日)

8時45分(受付開始)〜16時(最終受付)予約制

本堂(重文)、狩野永徳筆『花鳥図』『琴棋書画図』・狩野松栄筆『蓮池藻魚図』『瀟湘八景図』『竹虎遊猿図』(すべて国宝)、方丈(本堂)、庭園「百積の庭」(名勝)、茶室「閑隠席」「枡床席」(ともに重文)、千住博筆 障壁画『滝』

拝観料:2000円(鑑賞ガイド付き)

聚光院:京都府京都市北区大徳寺町58
    075-231-7015(京都春秋事務局)


画像
入口から


画像



画像
狩野永徳筆『花鳥図』


画像
狩野永徳筆『琴棋書画図』


画像
狩野松栄筆『竹虎遊猿図』


画像
千住博筆『滝』


画像
千住博筆『滝』
絵の具を垂らした斬新な技法による表現も瑞々しい画



画像
重文 閑隠席 茶室


★聚光院
臨済宗大徳寺の塔頭の一つ
永禄九年(1566)に、三好継公が
亡養父・長慶公の菩提を弔うために
大徳寺107世笑嶺宗訢和尚を講じて
建立した寺。
笑嶺和尚に参禅した千利休が檀越となり
茶道三千家の菩提所となっている。





この後広い大徳寺のほかのお寺を散策へ・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
komichiさんなら納得ですね。
最近京都普段は公開されていないお寺さんの内部が
限定公開され話題になってますが・・
私は一度も(笑)。
本物は矢張りそのために描かれた場所で観るのが
言葉で云えない感動を感じさせる気がしますね(^^)。
あいべん
2016/12/09 05:35
大徳寺は、高桐院の特別拝観に
訪れた事がありますが、
それ以来、ずっとご無沙汰です。
聚光院の障壁画はすばらしいですね。
こういう風に鑑賞するのが、障壁画の
本来の姿だという事がよく分って、
とても興味深いものがあります。
千住さんの滝の絵。毎年夏になると、
印刷物を部屋に飾るようにしてるんですが、
涼しくなるような気がして、気に入ってます。
それもあってか、この大作にも親しみを感じました。
yasuhiko
2016/12/09 11:26
あいべんさん、こんばんは!
障壁画はとくに在るべき場所で観賞すると
臨場感溢れ、感動も深くなるようです〜☆
庭や建物との調和が醸し出す雰囲気がまるごと
心に染み込むようでした。
komichi
2016/12/09 22:41
yasuhiko さん、こんばんは!
私は大徳寺を訪れたのは初めてです。
美術館では横一列に並べられ、
左右の関係なども感じられませんけど…
こうして本来描かれた場所の環境に戻して眺めると
描かれた当時の気配も伝わってきて、より感動的でした!

千住氏の『滝』、何度か雑誌で写真を眺めていましたが
青が冴え水の白が効果的で、夏に掛けていたら涼しげでしょうね〜☆
ふと、イブ.クラインのブルーを彷彿としました〜☆
komichi
2016/12/09 22:55
大徳寺、行けそうで行く機会が無く komichiさんのページで見せてもらえて有り難いです。
障壁画の黄変始まった紙も その水墨画と共に味わい深く、描かれた時代まで想いを馳せることが出来たんじゃ無いでしょうか。
千住氏の瀧の絵、色は付いてても基本二色なので 水墨画的な効果もあるように感じました。
このあざやかな青が数世紀先、どのように見られているのか。
未来にも想いを馳せてみたり。
おーちゃん
2016/12/11 09:23
おーちゃんさん、こんにちは!
日本画のことはさほど詳しくありませんけど、今までは美術館や博物館でしか本物の障壁画を見ることがなく、今回は何としてもと意を決して予約をし空いている時間帯も大徳寺に合わせ出かけました。
横一列で眺めるのとは違った部屋を囲む立体感の中で『花鳥図』などを眺められ、経年の変化もまた味わい深く感動しました。
千住博に新たな障壁画を描かせる大徳寺の意志(先見性など)に驚き、これから時を経た後の様子を想像して眺めました〜☆
komichi
2016/12/11 10:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■大徳寺 聚光院■創建450年記念特別公開 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる