芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■Mon YVES SAINT LAURENT■銀座・ポーラ ミュージアム アネックス

<<   作成日時 : 2016/12/15 00:34   >>

トラックバック 0 / コメント 10



現在、銀座・ポーラ ミュージアム アネックスで
開催中の■Mon YVES SAINT LAURENT■展へ。

ユナイテッドアローズ名誉会長の重松氏が設立した
公益財団法人 日本服飾文化振興財団。

その財団に評議員・小林麻美さん寄贈の
約180着のイヴ・サンローランのヴィンテージ。

貴重なヴィンテージアイテムと現代のリアルクローズを
ミックスしたスタイリング゙で展開。
新たなイヴ・サンローランの世界も広がります。


画像



■Mon YVES SAINT LAURENT■銀座・ポーラ ミュージアム アネックス


2016年12月10日(土)〜12月25日(日)

11:00〜20:00 ☆入場は19:30まで。入場無料

★ポーラ ミュージアム アネックス
 

★会場から・・・

画像




画像
画面をクリックすすると大きくなります
画像
今年7月号に掲載されたヴィンテージ・サンローランの衣装を着た小林麻美さん


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像
                  バーチャルファッションショーの映像も・・・



画像



画像



画像



イヴ・サンローランの今に生きるデザインで充実し
さほど広くない空間が大きく感じた展覧会。



画像
★銀座・ポーラミュージアム アネックス
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
関西も今日から少し冬らしい寒さが来る予報です。
フアッションお洒落・・無縁の世界ですが(笑)。
夢憧れなのでしょうね(^^)。
あいべん
2016/12/15 05:28
私もファッション、特にブランド品とは全く縁のない人でして。。。
並んでる服を眺めて、これを着こなすにはかなり手入れが必要な体形では無理ですね(笑)

Komichiさんなら着こなせそうに思います!
一度、そういうお姿を拝見したいものかと、駄目ですか?(笑)
木の葉
2016/12/15 15:37
イヴ・サンローランのヴィンテージなどといえば、センスのない私など引いてしまいそうですが。しかし、ファッションショーは一度は見てみたいという願望を持っています。オートクチュールに出入りする身分になれそうにない私の”夢”です。
おっちょこタカナ
2016/12/15 18:42
あいべんさん、こんばんは!
こちらは早朝、霜で真っ白な庭で寒い一日でした。
私はファッションが本当に好きで中学生の頃から定期的に外国のファッション雑誌を眺めていました〜♪当時、既製服はなかったので自分の着たいものを洋裁店でいつも作ってもらって着ていました。
お洒落と言われなくても服装はその人を表すものだろうと思っています〜。
komichi
2016/12/16 00:03
木の葉さん、こんばんは!
木の葉さんは自分らしいファッションを工夫されて着ていて、素適なことだと思っています〜♪
私もサンローラン・リブゴーシュ(左岸の意味)が1970年に青山に出店し、学生だった私はワクワクして幅広の茶色ポニーのベルトと黒ロングティアードスカートを買った記憶があります〜☆
その後も青山のお店にはパリが詰まっているようで…よく行っていました。今回の展覧会ではその時代のリブゴーシュの洋服も展示されていて、懐かしかったです。私はヴィンテージの洋服と今のファッションを組み合わせるのも好きです。
komichi
2016/12/16 00:16
おっちょこタカナさん、こんばんは!
サンローランはほんとうにスタイリッシュなデザインが素晴らしく、もうあれ以上の人は出ないのでは…と言われたほどです。
私はファッションショーの仕事もしていましたが、1回だけのショーのために最高のものを創り上げステージで見せるのは、緊張感の強いものでしたがその何とも言えない高揚感がたまらいものでもありました。
観客として眺めるのもたいていは仕事のことが多かったので、刺激的でした〜☆
今はインターネットでも簡単に見ることが出来て、情報が楽に手に入る時代になりました^。
komichi
2016/12/16 00:29
ヴィンテージ・サンローラン、
もの凄く格好いいですね。
自他ともに認める服装音痴の私ですが、
これは逸品だと思います。モデルが
いいからかも知れませんが…。
yasuhiko
2016/12/16 12:42
yasuhikoさん、こんばんは!
今見ても少しも古くならず、品格漂うところはまさにサンローランの真骨頂で、彼は新しいファッションスタイルを数々提案したデザイナーでした。女性にサファリファッションやメンズのものだったタキシードスタイルなど…当時斬新に映りました〜☆
komichi
2016/12/16 23:18
クウネルでヴィンテージ・サンローランの衣装を着た小林麻美さんを見て驚きました。
活躍されていたころと顔もスタイルも全く変わらない?!
すごいなあ、彼女のサンローランに関しての記事にもまたまた。
komichiさんの詳しい紹介をじっくりと拝見しながら、持っていたサンローランの紺のスカーフを思い出しました…。
うらら
URL
2016/12/18 15:58
うららさん、こんにちは!
小林麻美さん以前、時々渋谷のデパートや青山のスーパーなどでお見掛けしました。かつての揺れる少女のような表情からマダムになった感じも素敵でした〜☆
青山の銀杏並木の正面のサンローラン・リブゴーシュは素敵な空間で最初は柴田良三さん(アルファキュービック社長になった)が店長をされていて、いろいろ勉強させていただきました〜☆
komichi
2016/12/18 16:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■Mon YVES SAINT LAURENT■銀座・ポーラ ミュージアム アネックス 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる