芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■マリメッコ展■Bunkamuraザ・ミュージアム

<<   作成日時 : 2016/12/27 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 4



午前中、銀座綿本スタジオでレッスンを受けてから
現在、■マリメッコ展■開催中の渋谷・Bunkamuraへ。

テキスタイルデザインを学んだ学生時代
北欧デザインの大胆な表現に新鮮さを感じ
オレンジと濃いピンクやタイーコイズブルーと鮮やかなグリーンの
配色に心躍らせた、懐かしい記憶がよみがえってきました。

我が家の庭テーブルのクロスはマリメッコ。
森の風景に鮮やかなアクセントになり
屋外食事がウキウキします。

画像


■マリメッコ展■Bunkamuraザ・ミュージアム

2016/12/17(土)−2017/2/12(日) ☆1/1(日)のみ休館

10:00−19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)☆12/31(土)を除く

ハローダイヤル 03‐5777‐8600

「フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアのもとへ才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、60年代には世界的なブランドへと成長していきます。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服は、高い人気を呼びます。その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。
本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料など、計200点以上を通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会です。」

★展覧会構成
T:はじめに−マリメッコとは?
U:マリメッコの歩み 1951‐2016
  創業者、アルミ・ラティア
  ヴォッコ・ヌルメスニエミーマリメッコ初の正社員デザイナー
  マイヤ・イソラのコレクション
  アンニカ・リマラと洋服
  リーサ・スヴァント
  国際的な評価
  マリ・ヴィレッギ
  ライフスタイル
  新しいデザイナーたち
  アルミ・ラティアの遺産
  1991年、キルステイ・パーッカネンとの新たな門出
  原点への回帰
  マリメッコの今
V:デザインの芸術
  ストライプと四角形
  色と遊ぶ
  《ルオント》《オルナメンッティ》《ヨーナス》シリーズ
  アンニカ・リマラのデザイン―コインの表と裏
  ひとつのモチーフのヴァリエーション《タルハ》《ヨケリ》《ケイダス》
  《ライネ》《イソ ライネ》《リンッシ》
  マイヤ・イソラ、絵画とファブリック
  脇坂克二、絵画とファブリック
  ペンッティ・リンタ、ファブリックと服
  石本藤雄、スケッチとコレクション
  図案から商品へ


画像




画像




画像

ドレス、服飾デザイン:ミカ・ピーライネン、2001年 
ファブリック≪マンシッカヴオレト≫(イチゴの山々)
図案デザイン:マイヤ・イソラ、 1969年
Design Museum / Harry Kivilinna



画像
ジャクリーン・ケネディーが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫
1959年ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)
1957年、 服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ  
Design Museum / Harry Kivilinna



画像




画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
↓ こちらに来るのが遅すぎました!!
彼のエッセーが大好きで本や冊子のコラムをとても楽しみにしています。
こんな素敵な企画があったなんて…でも孫の相手に疲れて爆睡時間だったかも。

1月に休日切符利用予定ですが、東京で時間があれば見に行こうかなと思いました。
ヘルシンキのお店で派手な花柄のワンピースを見たとき、着る人いるんだろうかと驚きました。
でも雑誌や生地売り場で見ているうちに北欧ならではのテキスタイルなんだ…だんだんいいなあと。
今では京都のマリメッコ専門店に寄るが楽しみです。
うらら
URL
2016/12/28 00:26
うららさん、こんばんは!
お孫さん、ますます可愛くなってきましたね〜♪
我が家はお正月に泊まりに来ますから、覚悟しています〜(笑)。
沢木耕太郎の「檀」やスポーツドキュメントなども好きです〜☆
毎年24日の夜、生放送で話をしています。

1月に東京に立ち寄られますか〜!
もしお時間あればお出かけください〜☆
私は学生時代の先生が北欧留学されていたこともあって、北欧系の配色などを学んでいましたので、とても懐かしかったです〜☆
komichi
2016/12/28 00:41
おはようございます。
無粋な私には別世界(笑)。
でも女性が惹かれるの数枚の写真でも分かる気がしますね。
今日から数日寒い日になりそうです。
風邪注意くださいね(^^)。
あいべん
2016/12/28 05:23
あいべんさん、こんばんは!
木綿の厚手の布に大柄のデザイン、最初見たときはあまりに大胆で驚きましたが、庭などで使うと開放感あふれて、気分が上がります〜♪
サンドレスも屋外の方が似合うような図柄が多いです〜。
こちらも今日は北風吹いて、かなりの寒さになりました。
komichi
2016/12/28 22:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■マリメッコ展■Bunkamuraザ・ミュージアム 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる