芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ DAVID BOWIE is ■ デヴィッド・ボウイ大回顧展

<<   作成日時 : 2017/01/17 00:21   >>

トラックバック 0 / コメント 8


風の冷たい午後、モノレールに乗って
現在■ DAVID BOWIE is ■開催中の
天王洲アイルの寺田倉庫へ。

1947年生まれのデヴィッド・ボウイ
死後発表の新曲をも用意して逝った彼の
美意識とクリエイティブ精神に驚嘆。

ヘッドホンから流れる彼の音楽とともに
ヒストリーを感じるライブ感満載の展示へ。

気づくと何時間も時が過ぎて・・・
デヴィット・ボウイの存在を感じたしあわせ。

画像



画像


■ DAVID BOWIE is ■ デヴィッド・ボウイ大回顧展

2017年1月8日(日)〜4月9日(日)

休館日:毎週月曜日(但し1/9、3/20、3/27、4/3は開館)

10:00〜20:00 毎週金曜日は21:00まで。

★寺田倉庫G1 ビル(天王洲)
 東京都品川区東品川二丁目6 番10 号

★公式サイト
http://davidbowieis.jp/

「2013年に英国の芸術とデザインの殿堂、 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されて以来、世界9都市を巡回。 約150万人を動員した 『DAVID BOWIE is』 が、アジア唯一の開催地となる日本に上陸する。 この壮大なスケールの回顧展には、 デヴィッド・ボウイのキャリアを網羅する300点以上の貴重なアイテムが集められ、誰でもなりたい人間になれるのだと教えてくれた不世出のアイコンが、人々をインスパイアし続ける理由を解明。 マスコミの絶賛を浴び、 ファンを熱狂させ、 各地で大ヒットを博した最高のロックンロール・ショウがもうすぐ始まる!」



★会場構成
T:STARMAN-異星人・ボウイのパフォーマンスを再体験
U:FASHON- 奇想天外、華麗、衣装の数々
V:JAPAN- 日本の影響、クリエイターとのコラボレーション
W:SUND&VISION-ヘッドフォンで音楽に完全没入
X:SPECIAL-日本オリジナル展示

画像
スターマンの衣装と『トップ・オブ・ザ・ポップス』の映像
©Eiken/G.Perticoni


画像
アレクサンダー・マックイーンと共同でデザインしたコート
マックイーンからボウイに宛てた手紙を背景に。
©Eiken/G.Perticoni


画像
ボウイが描いた三島由紀夫の肖像画
Courtesy of the David Arctive


画像
©大島渚プロダクション


画像
大音響の新しいシステムで観て聴くライブ
「ショウ・モーメント」のセクション展示風景
©Eiken/G.Perticoni


デヴィッド・ボウイのショウを見終えたような充実感でひと休み

画像
1階に作られたcafeで
さとうたけしの描いたデヴィッド・ボウイの壁画を眺めながら
カモミールティーとカップケーキ


画像



画像



画像
会場外には展覧会特別仕様の
イギリスのジヤガー(手前)とローバー(奥)も・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
改めてkomichiさんの懐の広さを感じますね(^^)。
寒い朝ですが寒波も今日で終わりの様です(^^)。
あいべん
2017/01/17 05:13
あいべんさん、こんにちは!
デヴィッド・ボウイは私と同い年、同時代をアーティストとして駆け抜けた彼の音楽はもちろん、ファッションや美大生だった彼の絵画など…自筆のメモからも美意識を貫いた一生が見られ幸せでした〜☆

こちらは寒いものの全く雪の降らない日々でした〜。
これからドカッと来るのかもしれません〜(笑)。
komichi
2017/01/17 15:46
おはようございます!
本当に、懐の広さを私も感じます!(笑)
人としてとても大切な事ですが、そこが中々難しい。

彼よりも一つ下、私。 だから何?ですよね(笑) いや、若くして亡くなられたんだなと、残念に思っています。
特別ファンでもありませんが、何故か知っています。
見た目も美しいのですが、美大生ですか? 色々な事に拘りを持って生きた方なのだと思います。こういう男性は数少ないんですよね。旦那様には向いてないけど、好きなタイプです〜!
と、これこそ関係のない感想で、失礼しました(笑)
木の葉
2017/01/20 08:19
使われなくなった古い倉庫を改造して、
アートスペースに再利用する試み、
とても魅力的な気がします。
特に、こうした音楽と美術、ファッションが
一体化した生々しい展覧会の会場として、
ぴったりの雰囲気だと思いました。
yasuhiko
2017/01/20 12:02
木の葉さん、こんばんは!
デヴィット・ギャレットもそうですけど、こちらのデヴィッド・ボウイは美意識の塊りのような存在そのもの。自身も美しく審美眼も強烈で常に新しいスタイルへと更新してゆく生き方が真のアーティストだと、私は思っていました。最後のアルバムも精神世界へ招かれたようなサウンドが静かで美しく心に残ります〜🎶
美意識の強い人と一緒にいるのは、その人以上に繊細で優しくないと理解することが出来ないかもしれませんね〜☆
komichi
2017/01/20 23:25
yasuhikoさん、こんばんは!
寺田倉庫は大手の倉庫会社ですけど、カメラマンのオフィスやクラブなどこのあたりには倉庫を使ったアイディアのあるスペースが多くあり、久しぶりに散歩をしてお洒落なカフェなどをのぞいてきました〜🎶
今回のデヴィッド・ボウイの展覧会にはとてもふさわしい場所だと感じ、そのロックな雰囲気に浸ることが出来ました〜☆
komichi
2017/01/20 23:32
デヴィッド・ボウイ大回顧展、興味はありましたがこんな感じになっているのですか。ちょっと人間離れしたところを感じさせる人でした。
それにしても、こんなにも表現力豊かなアーティストだったのですね。
ロック歌手としてそれなりには知っていましたが、今その別の世界を知った次第です。偉大ですね。
ミクミティ
2017/01/29 21:16
ミクミティさん、こんばんは!
デヴィッド・ボウイの美意識の高さに改めて脱帽した展覧会でした〜!ファッションの世界では彼のファッショナブルな要素を取り上げることも多かったのですが今回はじめて油彩画を見て、驚きました!
ヘッドフォンをつけて会場を巡り、そこにデヴィッド・ボウイが居るような錯覚になりました〜🎶
komichi
2017/01/29 22:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ DAVID BOWIE is ■ デヴィッド・ボウイ大回顧展 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる