芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS カール ラガーフェルド写真展■太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影■

<<   作成日時 : 2017/02/23 15:19   >>

トラックバック 0 / コメント 8



シャネル銀座ビル3F
CHANEL NEXUS HALLで
開催中のカール ラガーフェルド写真展
■太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影■へ。

世界的ファッションデザイナーとしての側面のほか
写真家としても活躍している
カール ラガーフェルドとベルサイユ宮殿
とのドラマティックなコラボレーション。

紙の出来る前に使用されていた
羊皮紙に似せた厚紙の上に
スクリーンプリントされ・・・
直接、壁にピンでとめられた作品

迷路のようにセッティングされた
会場から、時を経たベルサイユ宮殿が
幾多の物語を伝えているような感覚

画像


カール ラガーフェルド写真展■太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影■


2017年1月18日(水)− 2月26日(日)

12時 − 20時 無休・入場無料

協力:ヴェルサイユ宮殿

17世紀後半、太陽王と謳われたルイ14世により建造されたヴェルサイユ宮は、壮麗な宮殿や庭園を擁し、世界文化遺産に登録されています。この特別な地を、世界的ファッションデザイナーであり、写真家としても活躍するカール ラガーフェルドが、光や影と戯れるような、ユニークな視点で捉えました。
1987年、カール ラガーフェルドは、シャネルの広告キャンペーンを制作するため、カメラのレンズを覗く側に自らが立つことを決意しました。そして、彼の写真は、数々の権威あるファッション誌に掲載され、また世界中で披露されたのです。ラガーフェルド自らが選んだ領域をはるかに超えて広がる写真の才能は、本展の作品群にもはっきりと示されています。彼の撮影手法を導くのは直感と第一印象による被写体への愛情。自然の発露と偶然が重要な役割を演じます。

画像



会場から・・・


画像



画像



画像



画像



画像



画像




★カール ラガーフェルド Karl Lagerfeld
1938年ドイツ、ハンブルク生まれ。3つの言語環境で教育を受け、1952年フランスの高校に進学。1954年末に国際羊毛事務局(現ザ・ウールマーク・カンパニー)主催のアマチュアファッションコンクールで優勝したのを機に退学し、55年にピエール バルマンのアシスタントとして働き始める。ファッションデザイナーとしての国際的なキャリアと並行して、87年にプロの写真家として活動を開始。受賞歴に93年ラッキーストライク デザイナー アワード、96年文化功労賞(ドイツ写真協会)、2007年特別功労賞(国際写真センター, ニューヨーク)がある。また、2000年には出版人ゲルハルト シュタイデルと共に出版社Edition 7Lを創立し、パリに書店Librairie 7Lを開店。2010年、ドイツ文学とノンフィクション専門の出版社、L.S.D.(Lagerfeld, Steidl, Druckerei Verlag)を設立した。

★アクセス

画像



★現在、六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開催中の
 ■ヴェルサイユ宮殿≪監修≫マリー・アントワネット展■も・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
写真展がなぜシャネル?
と思ったら、そういう経歴の方なんですね。
羊皮紙に似せた厚紙にプリントする事で、
時間が止ったような、面白い効果が
生れるんじゃないかと思います。
yasuhiko
2017/02/24 16:32
yasuhikoさん、こんばんは!
私の画像からはあまり感じられないのですが…
カール・ラガーフェルドのモノクロ写真は素晴らしかったです。
とくに銀色が紙の上にのった感じはしっとりとしつつ
ある種の怖さも感じられ、時の静止を感じました〜☆
最近欧米からの有名ブティックではアートスペースを持ち
さまざまな作品展を開催しています〜。
komichi
2017/02/24 22:47
おはようございます。
オリジナルプリントの奥行きの広さ堪能された事と思います。
やはり写真はプリントを見て初めて良さが実感できますね。
あいべん
2017/02/25 08:05
あいべんさん、こんばんは!
モノクロオリジナルプリントの質感が良くて・・・
思っていた以上に会場に長く留まりました〜🎶
オリジナルプリントを額装せず、
そのまま細部まで見ることが出来て嬉しかったです〜☆
komichi
2017/02/25 22:28
カール・ラガーフェルドって写真家でもあったのですか。それは知りませんでした。昔、彼自身のブランドのネクタイを幾つか持っていたことを思い出します。
芸術の才能と意欲って際限がないのだなと感じます。
遠近感を強調した作品が多いような気がしました。
ミクミティ
2017/02/26 21:22
ミクミティさん、こんばんは!
カール・ラガーフェルドのエネルギーは留まるところを知らないほど凄いですね〜!ファッションへの美意識と写真へのエネルギー、どちらも超一流だたと知りました。写真の見せ方にもセンスを感じました〜☆
komichi
2017/02/28 00:06
こんにちは!
本当に素晴らしい作品が並んでますね!
写真の前に建つと多分、そこから感じる物語を想像しそうです。その方の心を反映する写真も奥が深いです。
そこにあるものを写すだけでなく、意図を少しでも感じれたら素敵だと思います。そんな画や写真が好きです! 実際にみる事がほぼない事が残念。
木の葉
2017/03/01 14:17
木の葉さん、こんばんは!
カール・ラガーフェルドの写真を見たのは初めてでしたが、私の想像を超えた雰囲気を持っていて、美意識の高い人だと今更ながら感じ入りました〜♪
長い歴史を持つヴェルサイユ宮殿にはさまざまな情景が展開されていただろうことも想像できて…ちょっと怖いような妖しいような不思議な気持ちになりました〜☆
komichi
2017/03/01 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カール ラガーフェルド写真展■太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる