芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS MEMENTO MORI■ロバート メイプルソープ写真展■ピーターマリーノコレクション

<<   作成日時 : 2017/03/27 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 8



みぞれ降る朝
銀座・綿本スタジオでレッスンを受け
現在、銀座シャネルで開催中のピーターマリーノコレクション、
MEMENTO MORI■ロバート メイプルソープ写真展■へ。

メイプルソープの写真はそれまでの写真の概念を
覆す強烈な官能、深いアートへの思索を誘う作品。
かつてポルノをアートに変えたとも云われた
20世紀もっとも重要な写真家のひとり。

正面から対象を視て逃げない、
明瞭なモノクロ表現の
存在感のあまりの強さにたじろぐ。

今回の展覧会は建築家、ピーター・マリーノの
プライベートコレクションで彼自身の
展覧会場構成も効果的。

何度となくメイプルソープの作品に触れている
私もはじめて観る作品があり、感動。


画像
Orchid,1988 Gelatin Silver Print
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.


MEMENTO MORI■ロバート メイプルソープ写真展■ピーターマリーノコレクション

2017年3月14日(火)から4月9日(日)

12:00〜20:00 ☆入場無料・無休

シャネル・ネクサス・ホール
東京都中央区銀座3-5-3

☆京都国際写真祭 2017に
4月15日(土)から5月14日(日)まで巡回。




画像
Tulip, 1984 Gelatin Silver Print
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.



画像
" Watermelon with Knife, 1985 Gelatin Silver Print
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.



画像
Ken Moody & Robert Sherman, 1984 Gelatin Silver Print
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.


★ロバート メイプルソープ
1946年、米国ニューヨーク州生まれ
ブルックリンのブラッド・インスティチュートでB.F.A(美術学士号)取得
70年代初頭、ポラロイドカメラで実験的試み、1773年、ニューヨーク市ライト・ギャラリーで、ポラロイド作品による初の個展。
1988年スタートした巡回個展「The perfect moment」、このメイプルソープの作品以降センセーショナルで「芸術」の定義を問う論争を呼び続けている。
1988年、メイプルソープはAIDとHIV感染の治療法や処置法を進歩させる医学的研究への支援と、美術としての写真に対する機関レベルでの支援を目的に、非営利団体のロバート メイプルソープ財団を設立。
1989年、3月マサチューセッツ州ボストンでAIDにより逝去。



★ドキュメンタリー映画◆メイプルソープとコレクター◆の記事はこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/200905/article_11.html

★ロバート・メイプルソープ『flowers』■写真展 の記事はこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201302/article_5.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ずいぶん春らしくなりました。
何だろう?・・暫くすると見えて来た(笑)。
あいべん
2017/03/29 07:16
あいべんさん、こんばんは!
森の朝はまだ寒いですけど・・・
日中は日の温もりがうれしい春になってきました〜🎶
メイプルソープの写真はあまりの写実にたじろぎます。
komichi
2017/03/29 20:08
こんばんは!
難しい事は分かりませんが、モノクロ写真、好きです!
色があると色に惑わされるけれど、影と光だけで物を見ると良く見えるのかもしれません。若くして亡くなられたのですね。

全く関係ありませんが、昔買ったカレンダー、薔薇がすべてモノクロ。これだけは捨てられなくて今でも壁にかけてます〜(笑)
木の葉
2017/03/30 18:58
木の葉さん、こんばんは!
写真の原点はモノクロにあるように思います。
ごまかしのない光の芸術だと、モノクロの
メイプルソープ作品を観ていて感じます。
今はいい薬もあって長く生きられるAIDも当時は
若くして亡くなる方も多かったです。

花はよく眺めると命の芯を感じさせ、生殖器そのもの
メイプルソープの花の写真には鋭い感受性が感じられ
独特の世界を醸し出しています。
薔薇のモノクロ写真も少ないですね〜☆

komichi
2017/03/30 22:34
写実というのは、ずい分
挑発的なものだなと感じます。
私たちは、普段見たくないものは見ないし、
細かいところは意識的にぼかして、
ものを見てるような気がします。
(そうしないと、目が疲れちゃうし…)
それを、こんな風に見せられちゃうと、
ちょっとたじろいでしまいますね。
yasuhiko
2017/04/01 11:51
yasuhikoさん、こんばんは!
メイプルソープはあえて、普通の人が避けて通る視線をもって、写真を撮っていたのかもしれませんね〜。それはタブーともいえるような情景だったりするのかもしれません。
射るような視線にさらされた作品から、強い意思も感じられ、見る側も試されているような気もしました。
komichi
2017/04/01 22:05
モノクロの方がいろんな想像が湧いてくることがあるのでチャレンジするんですけど、納得いかないことが多いです。
カラーだと濃淡も色だけで表現できますけど,モノクロはその調整が難しいからなのでしょう。
それにしても構図が大胆。
おーちゃん
2017/04/05 07:46
おーちゃんさん、こんばんは!
モノクロの方が想像力をかき立てられることも多いような気がします。白から黒までの微妙な明度の差だけで表現される写真には撮り手の強い意志も反映しやすいという事もありますけど…かつては暗室での明度などの調整のセンスも作品の完成度の大きな要素だったようですね〜。
>それにしても構図が大胆。
ほんとうにすごいですね〜!
komichi
2017/04/05 19:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MEMENTO MORI■ロバート メイプルソープ写真展■ピーターマリーノコレクション 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる