芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画■ヨーヨー・マと旅するシルクロード■

<<   作成日時 : 2017/04/02 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 8



冬空に戻った寒さの午後
現在、ドキュメンタリー映画
■ヨーヨー・マと旅するシルクロード■
上映中の渋谷Bunkamura ル・シネマへ。

今世紀最高のチェリストと云われる
ヨーヨー・マが2000年に立ち上げた
シルクロード・アンサンブル″
その活動を通じて異文化をルーツにする
音楽家たちと奏でる音楽から
さまざまな気付きを得るヨーヨー・マ。

国境を超え究極の音楽と人の交わりの中から
生まれる豊かなハーモニーが心に迫る映画。

幼いころから天才と言われたヨーヨー・マの人生
音楽を通じて深く思考し、自らのアイデンティティ
を確立してゆくさまに深く感動。

ヨーヨー・マとダンサーの白鳥の湖も素晴らしく
もう少し彼の演奏を聴いていたいと願った時間。

画像



映画■ヨーヨー・マと旅するシルクロード■


監督:モーガン・ネビル

キャスト:
ヨーヨー・マ
ジョン・ウィリアムズ
タン・ドゥン
ケイハン・カルホール
梅崎康二郎

原題 :The Music of Strangers
制昨年:2015年
制作国:アメリカ

公式サイト
http://yoyomasilkroad.com/


過去16年間、そうそうたる音楽家たちが音楽の普遍的な力を信じて、共に活動してきた。かつてアジア、アフリカ、ヨーロッパを繋ぐ役割を担った古代の貿易ルートにちなんで名付けられたシルクロード・アンサンブルは、チェロ奏者ヨーヨー・マを中心に結成された国際的な音楽家集団である。ヨーヨー・マの音楽は地図上の国境をなくし、多様な文化を1つにし、アーティストと観客双方に希望をもたらす音楽の力を実証し続けてきている。
本作の中では、総勢50名以上のアンサンブルの楽器演奏者たちの中から、注目すべき音楽家たちを追う。ボーカリスト、作曲家、編曲家、ビジュアル・アーティストなど、実に幅広いメンバーたちである。このアーティストたちは世界各地で集まり、伝統を継承しつつも、芸術がさらなる文化的進化を遂げる方法を模索している。
1回限りのパフォーマンス映像や、アーティストへのインタビュー、貴重な幼少期の映像などを交えながら、カメラはシルクロード・アンサンブルの本拠地ボストンから、世界各地への旅路に焦点を当てる。メンバーそれぞれの情熱、才能、時には育ってきた社会での犠牲などが浮き彫りになり、アーティスト個人のルーツへと迫っていく。それぞれの人生の物語を通して、この大胆な音楽的実験、人々を繋ぐ絆をめぐる探求を、鮮やかな色で描き出している。 (映画.comより)


画像




画像



画像




画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
チェロの音色はいいですね〜
音楽で思いを表現できるのは素晴らしいですね。

ミュシャ展、新年に入って呉市立美術館でありました。
こちらはグラフィックデザイナーに焦点をあてていて、アールヌーボー好きなので行く予定でしたが、またまた雑事にふりまわされ残念でした(^^;
白いねこ
URL
2017/04/02 20:35
白いねこさん、こんばんは!
チェロの音色は心を鎮める力があって
深いところへ届くような気がします。
私は楽器を何も弾くことが出来ないので…
自己表現を音楽を通してできる人が
心底羨ましいです〜。

ミュシャはアールヌーボーの美しい挿絵や版画なども多く、白いねこさんの好みに合いそうですね〜🎶
この時代のインテリアや装飾品も似合いそう…☆
komichi
2017/04/02 22:22
ヨーヨー・マの文字だけでチェロの世界が広がりそうですね。
音楽は人々のお腹を満たす事は出来ませんが
平和な心と優しさ夢を与えて呉れるから素晴らしい(^^)。
クラシックと云う殻を破り色んな音色にする彼の姿素晴らしいですね。
あいべん
2017/04/03 15:24
あいべんさん、こんばんは!
チェロのことは詳しくありませんけど…
ヨーヨー・マのチェロを聴いていると心に沁み込むような音色に落ち着きます〜🎶 アヴェ・マリアなども聴いてみたいと思っていて、ヨガの時間にバックミュージックとして流してみたいとも思っています。
バックグラウンドの全く違う音楽家たちがヨーヨー・マのもと集まって、新たな音楽を紡ぎ出すさまに思わず拍手をしたくなりました〜☆
komichi
2017/04/03 23:02
ヨーヨー・マ氏はカントリー関係の方ともセッションしたことがあったと記憶してます。
未だに前進を続ける偉大なアーティストと思ってます。
哀しいけれど 音楽で世の中を変えることは出来ません。
しかしどれほど弾圧を受けたり抑圧されても,音楽で精神を保ってきた方はたくさんいるでしょう。
歴史から抹殺された国も,音楽の一節にその姿を見ることが出来るのは それぞれの国の楽器が残っているからかも。
シルクロードを辿ることでそのことがあぶり出されたら…国によっては圧力掛けてくるかもしれません。
そんなことだけが無いように祈ってます。
おーちゃん
2017/04/05 08:00
おーちゃんさん、こんばんは!
音楽をこよなく愛するおーちゃんさんの洞察深いコメントに、読みながらいろいろと思いをめぐらせています〜。
すばらしいコメントをありがとうございました!
私も素晴らしい音楽家たちが圧力を受けないように願うばかりです。
komichi
2017/04/05 19:52
こんばんは。
ヨーヨー・マはチェリストとしても最高ですが、学力に於いても相当たる方ですね。
彼が演奏するバッハの「無伴奏チェロ」のCDを持ってますが、深みのある落ち着いた演奏に感動を覚えます♪
このような映画が上映されてるのですね。。
ハーモニー
2017/04/07 20:20
ハーモニーさん、こんばんは!
3,4歳ころから天才と騒がれたヨーヨー・マが60歳になっても、さらなる深いところに向かう姿が素晴らしく感動しました〜🎶
彼のためにもバッハの「無伴奏チェロ」という素晴らしい楽曲が存在していてよかった…と、私でさえ思うほどのあの演奏、ほんとうにいつ聴いても心に沁みますね〜☆
ヨーヨー・マの幼い頃の映像からシルクロード楽団の活動まで、世界を音楽を通して見つめる視線も深く知的で、感じることの多いドキュメンタリー映画でした〜☆
komichi
2017/04/07 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画■ヨーヨー・マと旅するシルクロード■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる