芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ボイスマン美術館所蔵■バベルの塔 展■東京都美術館

<<   作成日時 : 2017/06/27 23:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2



会期の後半、小雨降る中
現在■バベルの塔 展■
開催中の上野の東京都美術館へ。

旧約聖書にある「バベルの塔」の物語を
描いたブリューゲルの壮大なスケールと
精緻な描写に思わず唸るほど・・・

作品は小さいものの、天に突き上げる塔を
虫眼鏡で確認するような小さな人物1400人が
造り上げている建築現場の情景。

写真集などで過去に見ていた作品とは
透明感や色彩の美しさが圧倒的に違い
感動。

画像


■バベルの塔 展■ボイスマン美術館所蔵
16世紀ネーデルランドの至宝−ボスを超えて−

2017年4月18日(火)〜7月2日(日)月曜日は休室

9:30〜17:30(金曜日は20:00まで)

現存する油彩画はわずか40点という、19世紀ネーデルランド絵画の巨匠ピーデル・ブリューゲル1世。今回オランダのボイスマン・ファン・ベーニンゲン美術館から、伝説の塔を描いたブリューゲルの油彩の傑作「バベルの塔」(1568年頃)が、24年ぶりに日本で展示されます。奇想天外な怪物たちが跋扈する世界を描いた奇才、ヒエロニムス・ボスの貴重な油彩画2点も初来日。独創的なボス画風に大きな影響を受けたブリューゲルの版画や、同時代の画家たちの油彩画・版画も多数展示します。500年前の巨匠たちの驚異の想像力を、日本で目撃できる貴重な展覧会です。


画像
ピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》1568年頃 油彩 板


画像
ヒエロニムス・ボス《聖クリストフォロス》1500年頃 油彩 板



画像
ヒエロニムス・ボス《放浪者(行商人)》1500年頃 油彩 板




画像
現在、上野の東京藝術大学1Fエントランスギャラリーでは
「バベルの塔」の絵画をを立体化するとともにプロジェクションマッピングを行っています。
入場は無料です。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
バベルの塔、行けませんでしたが、
1400人の人の動きを追って行ったら、
面白いでしょうね。立体化の試みは、
『日曜美術館』でも取上げていました。
こちらのギャラリーの展示も面白そうですね。
yasuhiko
2017/07/01 22:49
yasuhikoさん、こんばんは!
作品はあまり大きくないのですが、画像や印刷よりも実際の絵画は色使いも美しく繊細な筆致で感動しましたし、展示会場にも拡大した作品画像があり、肉眼では見落としていた人物を確認して驚きました〜!
komichi
2017/07/02 23:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボイスマン美術館所蔵■バベルの塔 展■東京都美術館 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる