芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS チェルシー地区&ハイラインを抜けて■ホイットニー美術館■

<<   作成日時 : 2017/06/10 23:57   >>

トラックバック 0 / コメント 6



午後から地下鉄で34丁目へ。
かつて倉庫街だった場所・チェルシー地区
レンガ色の古い建物の多くがギャラリーなどになって
今は人気のエリア。



画像
元修道院のホテル



画像
 


画像



画像







個性的なギャラリーを巡る午後。


画像
★Sean Kelly Gallery 入口から・・・


■KEHINDE WILEY■TRICKSTER 展

MAY6 - JUNE17,2017

★Sean Kelly Gallery

http://www.skny.com/
 475 Tenth Avenue
 New York NY 10018
 Tel 212.239.1181
 Fax 212.239.2467
 info@skny.com



画像



画像



画像




次は写真展開催中のYANNCEY RICHADSONから・・・

画像


■Victoria Sambunaris■Nexus 展

MAY 18 - JUNE 24,2017


★YANCEY RICHADSON

http://www.yanceyrichardson.com/
525 West 22nd Street
New York, NY 10011
Telephone: 646 230 9610
Fax: 646 230 6131
info@yanceyrichardson.com

画像



画像



画像




Robert Tarbell■This much is True■展


画像



画像



画像



気になったギャラリーをいくつか巡った後
30年以上前、この地区に出店した
コム・デ・ギャルソン ブッティックへ。
川久保玲さんの反骨精神あふれるショップ。

画像


★Comme Des Garcons Boutique
http://www.comme-des-garcons.com/
520 W 22nd St, New York, NY 10011


画像
ギャラリー巡りの途中ひと休み
カンパリソーダをこちらのカフェで・・・


ここから階段を上って・・・
「ハイライン」空中庭園散歩

画像


ニューヨーク市マンハッタンの西側の
ガンズヴォートストリートから34丁目まで全線(全長約2.3km)の
廃線になった高架貨物鉄道を空中公園化した素敵な「ハイライン」
地上9メートルの高さから大都会の景色を眺めながら緑の散歩。

画像
地図:ECOネット東京より


画像
画像
今も残されている鉄道レール


画像



画像



夕暮れのチェルシーやミートマーケットあたりの風景を眺めながら
心地よい風に吹かれて「ハイライン」散歩



画像




画像



画像



画像






ハドソン川からの心地よい風に迎えられ
ハイラインを歩いて新しくなったホイットニー美術館へ。

画像



画像
絵画よりも鑑賞している人を眺めて…

画像



画像



画像
だれでも閲覧できる図書館もあって、来館者にやさしい配慮



こちらの展示を観た後
楽しみにしていた夜景を美術館のテラスから・・・


画像



画像



画像




画像

★ホイットニー美術館
http://whitney.org/
99 Gansevoort St, New York, NY 10014
ホイットニー美術館は2015年、ミッドタウンから
新館のダウンタウン・ミートパッキング地区に移転した



遅い夕食をチェルシーのフレンチレストランで
久美さんとご一緒して
夜更けに地下鉄でホテルへ。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
本当に凄いなぁ〜と感心しています。
我が街のようです〜!Komichiさん〜!
街がいつも見る景色ではなく、とても素敵です。
こんな景色を見る事は、ここで見る以外には無いかと。
美術館もそうです。

私なんか、博多に行き、いつもの事ですが人の多さに疲れ、何処に行くあてもなくで、残念な事だと反省です〜(笑)
木の葉
2017/06/11 16:54
NYのアート、本当に幅広いし質も高いですよね。現代アートも歴史になっていくのを感じます。素敵な旅ですね。
ところで、私しばらくブログをお休みいたします。いつもご訪問ありがとうございました。また戻ってきたときには是非よろしくお願いいたします。
ミクミティ
2017/06/11 21:49
木の葉さん、こんばんは!
いつまで行動できるかはわかりませんけど…今は行きたいところに出かけて行く気力と体力があることを幸せに感じています〜☆
ニューヨーク・マンハッタンは東京よりかなり狭い範囲にギュッと要素の濃い都会が詰まっている感じで、以前訪問した頃よりもお洒落なエリアも移動してチェルシーなどがいま素敵に変身していました〜♪

1つの地点から定点観測のように深く掘り下げて眺めることも凄いことだといつも思っていますから、動き回るだけが意味のある行為だとも言い切れないように感じています。
komichi
2017/06/11 23:04
ミクミティさん、こんばんは!
NYアートのスケールを感じた旅でした。
ミクミティさんのブログがお休みとのこと、とても残念ですし、寂しくなりますけど、たくさんの体験をされて、きっとまた戻ってきてくださることを、いまから楽しみにお待ちしています〜♪
komichi
2017/06/11 23:09
いろいろ用が重なり、久し振りに訪問したらビックリ〜〜

komichiさんの雰囲気はコム デ ギャルソン・・と感じていたので・・なるほどなぁ〜
ちょっと隣町までという感じでNYへ発たれる感じが素敵で憧れます〜
これからじっくり読ませて頂きます〜♪
白いねこ
URL
2017/06/14 12:05
白いねこさん、こんばんは!
川久保さんのMETでの展覧会の報を聞いて、この展覧会だけは行くと決めスケジュールをやりくりして短いニューヨーク行きを決めました。
仕事(ファッション)に命を懸ける川久保さんの精神が表現された展覧会を深い感慨とともに眺めました〜☆
何十年ぶりのニューヨークですけど、5番街の買い物などは全く興味がなくアート三昧の旅になりました〜♪
仕事で出かけていた頃は地下鉄は危険と言われ、乗ったこともありませんでしたが、今回は地下鉄移動をして便利さを実感しました。
見てくださって、ありがとうございます〜☆
komichi
2017/06/14 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チェルシー地区&ハイラインを抜けて■ホイットニー美術館■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる