芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ★セントラルパークで朝食を…★

<<   作成日時 : 2017/06/13 15:47   >>

トラックバック 0 / コメント 8



昼過ぎの帰国フライトまでの午前中
サンドイッチとコーヒーをもって
ホテルから歩いてすぐの
セントラルパークへ。

朝のセントラルパークは
観光客も少なく爽やかな空気
鳥のさえずりを聞きながら・・・
散歩やランニングの人たちを眺め
ゆっくりベンチで朝食。


画像



画像




画像



セントラルパークは南北59丁目から110丁目で距離は約4キロ
東西は8番街から5番街の約800mと広大。
公園内のベンチは9000個、24000本の木もあり
都会の真ん中とは思えないほどの緑豊かな空間。


朝食の後ブラブラ散歩をしていて目についた看板。

画像



「写真を撮っていいですか〜!」
と、声をかけると「いいですよ〜!」
と気持ちのいい返事。


画像




画像




lawn boul (ローンボウルズ)は芝生で行うボウリングで
現在のボウリングの前身でボウルと言われる偏心球を
目標球にどれだけ近づけられるかを競う球技で
イギリスが発祥のスポーツ。
私は初めて見て、新鮮!


画像

The New York LAWN BOWLING CLUB
http://www.nybowls.com/
West Dr, New York, NY 10019
電話: +1 917-680-1604



画像



昼過ぎの飛行機でまた13時間のフライト

時差ボケ防止にと機内で観た映画は
■沈黙■と■ラ・ラ・ランド■の2本


■沈黙■

画像


遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出した。
(映画・comより一部抜粋)

かつて読んだ遠藤周作の文章が思い出され
あまりに重いテーマに心が折れそうに・・・


■ラ・ラ・ランド■

画像


「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で,
売れない女優とジャズピアニストの恋を、なつかしさ溢れる画像で描いたミュージカル映画。
(映画・comより一部抜粋)

「沈黙」で沈んだ心をこの「ラ・ラ・ランド」で慰めた鑑賞
私にはちょっとスウィート過ぎるような・・・(笑)。


時差ボケもなく
夜、無事に藤野の森へ。
慌ただしくも濃密な3泊5日の旅を終えました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
セントラルパークと名前だけは知っていますが、広さが半端じゃ無いですね! 規模が違い過ぎて。森のような?
国土の広さも広いから、こうなのでしょうけれど。家の近くでは公園と言えるのか?みたいなものしかありませんから。何かみたいなものは結構あるかも(笑)

飛行機に長時間乗ったこともありませんが、映画も最近のものが上映されるんですね。バスの旅では寅さんを見たことはある(笑)
木の葉
2017/06/13 16:31
木の葉さん、こんばんは!
メトロポリタン美術館もセントラルパークの一画にありますし、池や様々な施設も備えた大きな公園です〜♪
東京も大きな公園の多いところですけど、意外に地方の方が公園は少ないような…自然にあふれていて公園施設を必要としないのかもしれませんね〜。
機内では国内でまだ上映されていない映画も鑑賞出来たりします〜☆
komichi
2017/06/13 22:00
おはようございます!
中味の濃い素敵な旅をされたのですね!
興味深く拝見しました(^ ^)
セントラルパークで朝食なんて映画みたいで見とれてしまいます!
komichiさんのパワフルな行動力に改めて感心する事しきりです!
sasapanda
2017/06/14 07:03
sasapandaさん、こんばんは!
自分のスケジュールの隙間をついてニューヨークまで出かけました!とても短い滞在でしたが充実した毎日を過ごせました〜☆
帰る日の朝、気持ちよく晴れて空が眩しいくらいで、テイクアウトのコーヒーとサンドイッチの朝食をしながらつかの間ゆっくりした時間を過ごしました。仕事の旅とは違った楽しみや貴重な体験もあり、幸せでした〜♪
見てくださって、ありがとうございます〜☆
komichi
2017/06/14 21:45
朝のセントラルパーク、
清々しい空気が伝わって来るようです。
公園の木々を額縁にして、ビルが顔を覗かせる
ところなど、新宿御苑をちょっと思い出しました。
yasuhiko
2017/06/17 11:31
yasuhikoさん、こんばんは!
過去に何度もニューヨークに行っているのですが
セントラルパークをゆっくり散歩する時間は
ありませんでしたけど…
今回は帰りのフライトまでの余裕があって
お天気も良かったので歩いてみました〜♪
都会の公園ですから、ちょっと新宿御苑と似た雰囲気がありますね〜☆
komichi
2017/06/17 22:07
セントラルパークと云えばやっぱりサイモン&ガーファンクルの伝説のセントラルパークコンサート。
こんなに広い 緑がいっぱいの所にあれだけのたくさんの人が集まったのかと、写真を見せてもらってます。
芝生傷まへんかったんやろか…。
おーちゃん
2017/06/29 22:43
おーちゃんさん、こんにちは!
1981年9月19日セントラルパークで行われたサイモン&ガーファンクルの50万人が集った再結成チャリティコンサートの画像と音楽を今聴きながらコメントを書いています。
私にとっても1970年頃、まだ20代の懐かしい想い出につながる音楽の数々に、長く生きてしまったなぁ〜と感慨深いです〜(笑)。
komichi
2017/06/30 14:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★セントラルパークで朝食を…★ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる