芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■Natsu Hasegawa Solo Exhibition■

<<   作成日時 : 2017/06/18 14:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4



我が家の近くに工房を構える
陶芸家・長谷川奈津さんの個展
■Natsu Hasegawa Solo Exhibition■が
JR高崎線・北本市のgallery&cafe
yaichiで開催されます。

日常のうつわの品の良さ
より深まった奈津さんの
茶碗を手に取るしあわせ。

画像


■Natsu Hasegawa Solo Exhibition■

長谷川奈津 展

2017.06.24.sat.-07.09.sun. ( 月曜・第一火曜は休廊)

11:00-18:00(27(土) )
11:00-19:00(28(日) - 11(日) )

当店では三年振りの長谷川奈津さんの作品展となります。相模湖を近くに望める緑に囲まれた静かな場所で、日常使いの器を製作されています。穏やかで落ち着いた品のある形と、慎ましやかな釉調の美しさは、生活道具としての芯のある静かな佇まいを感じます。定番の粉引や鉄釉に加え、松や林檎の灰釉の作品をご覧いただけます。愛着を持って暮らしの中で育ててゆくことの楽しさを教えてくれる長谷川さんの作品を是非ご覧下さい。

長谷川さん在廊日:27(土) , 28(日)


★長谷川奈津
 Natsu Hasegawa
1967 東京生まれ
1994 東京藝術大学 大学院陶芸専攻修了
1995 青木亮氏のもと塊工房で学ぶ
1997 神奈川県津久井郡(現 相模原市)に築窯


画像
yaichi
〒364-0031
埼玉県北本市中央2−64
JR高崎線・湘南新宿ライン 北本駅西口徒歩1分
open: am11-pm19:00
tel:048-593-8188
mail:info@yabedesign.com
web:yabedesign.com

☆クレジットカード対応不可・銀行振込可
☆26(金) は展示替えのため臨時休業。

画像



★長谷川奈津さんの過去のエントリーはこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/0dc5300241.html










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
温かみのある器ですね。
本当に思います。Komichiさん宅にはどれくらい素敵な器がお揃いなのかと。私、巡り合わなくて家的に幸せかも(笑)

余計な話ですが、Aさんがこのところ居ないと。。。
木の葉
2017/06/19 14:21
わ、先月から愛着のある急須・使いやすくてオシャレな醤油差しと割れてしまいました。
急須も醤油差しも毎日手にするもの、お気に入りを使いたい…。
藤野の作家さんのものにきっと欲しいものがある気はするのですが、無理な夢。ザンネン
↓ 写真が素敵です。
花々に癒され、拝見していなかったニューヨークを。
それにしても三泊五日でこれだけの内容を紹介していただけたなんて、感謝です。
うらら
URL
2017/06/19 20:01
木の葉さん、こんばんは!
我が家で使っているものはたいてい作家さんのものですけど、毎日使えば手にもなじんで気持ちがいいものです〜♪
今日は相模湖でヨガレッスンをした後、東京の青山で行われていたアキノヨーコさんと静風舎の微美子さんの白磁と木工の藤崎さんとの三人展でした。夏らしい清々しい展示で心地よかったです〜☆
komichi
2017/06/19 22:18
うららさん、こんばんは!
先ほどうららさんのブログを拝見して、あ〜!割れちゃったのね〜!っと、軽いため息をついていました〜。
高知には小野鉄平さんというなかなかしっかりした器を作る陶芸家の方がいて、私の今使っている急須は鉄平さんのものです。高知の棚田にある窯で焼いたどっしりとした力強いうつわです。 醤油差しはもう少し軽く優しい表情の田谷直子さんの瑠璃釉のものです。 小野鉄平さんの器はこちらのお店で扱っているそうです〜☆↓
★まちのシューレ 963
香川県高松市丸亀町13-3
高松丸亀町参番街東館2F
tel:087-800-7883
www.schule.jp
ニューヨークの記事を読んでくださってありがとうございます!慌ただしい日程での滞在でしたが、密度の濃い時間を過ごせて幸せでした〜☆
komichi
2017/06/19 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■Natsu Hasegawa Solo Exhibition■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる