芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■アルチンボルド展■国立西洋美術館

<<   作成日時 : 2017/07/01 00:11   >>

トラックバック 1 / コメント 6



梅雨の小雨降る午後
予備知識のないまま
現在、上野の国立西洋美術館で
開催中の■アルチンボルド展■へ。

奇想天外な発想を確かな画力が支えた
唯一無二の作品に圧倒され
そのあまりに繊細な描写力に唖然。

予期せぬ素晴らしい刺激を受け
彼の才能に脱帽。

画像


■アルチンボルド展■国立西洋美術館

2017年6月20日(火)〜2017年9月24日(日)

午前9時30分〜午後5時30分(毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後9時)

月曜日休館(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)

★公式サイト
http://arcimboldo2017.jp/

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。
自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世という神聖ローマ皇帝たちに寵愛されたアルチンボルドは、歴史上でもひときわ異彩を放つ、宮廷の演出家でした。そんな「アルチンボルド」の名は何よりも、果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々によって広く記憶されています。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘い、20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えました。
本展は、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫り、同時代の文脈の中に彼の芸術を位置づけ直す試みです。日本で初めて、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術を本格的にご紹介するこの機会を、どうかご期待ください。


画像
《春》 1563年 油彩 板 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館


画像
左:《大地》(部分) 1570年頃 油彩 板 リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
  《大地》驚異の自然観察に基づく動物表現
右:《秋》(部分) 1572年 油彩 カンヴァス デンバー美術館
  《秋》皇帝に捧げられた季節の実り


  
画像
左:《冬》(部分) 1563年頃 油彩 板 ウィーン美術史美術館
  《冬》画布に織り込まれた皇帝礼賛
右:《水》(部分) 1566年 油彩 板 ウィーン美術史美術館
  《水》62種の魚類や海獣による不気味な顔


画像
上下絵《庭師/野菜》 1590年 油彩 板 クレモナ市立美術館



画像
上下絵《コック/肉》 1570年頃 油彩 板 ストックホルム国立美術館








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハプスブルク歴代皇帝が収集した至宝 / 西欧の3大美術館
ウィーン美術史美術館  TKunsthistorischesMuseum Wien ウィーン美術史美術館は、王宮広場ブルグ門からリンクを挟んで自然史博物館と左右対称に建っています。美術史美術館は、19世紀後半に建てられた装飾的建物で、中央のマリア・テレジア広場にはマリア・テレジア像が立っており、帝の像を4人の騎士が守っています ...続きを見る
dezire_photo & art
2017/07/21 11:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この人の肖像画は、「だまし絵」や
「視覚のトリック」を扱った本で、
何度か見かけた事があります。
アルチンボルトという人だったんですね。
それにしても不思議な絵。庭師、コックなど、
風刺のきいた強烈な作品がある事に驚きました。
yasuhiko
2017/07/01 22:42
なんというイマジネーションのカマタリ…いや違た、カタマリ。
16世紀にこんな表現してたら、おもしろがりの貴族たちは重宝して
”もっと描け、もっと描け”って感じだったんじゃないでしょうか。
ただ、この絵には若干の毒もあるので 今も鑑賞に堪えるような気がします。
おーちゃん
2017/07/02 23:19
Yasuhiko さん、こんばんは!
以前チラッと本で見たこともあるのですが…
ほとんどなんの知識も持ち合わせずこの展覧会を見て
この画家の創造力の凄さに感動しました!
私は今回ポスターにもなっている「春」が好きで
植物の描き方の美しさにうっとりしました。
komichi
2017/07/03 00:01
おーちゃんさん、こんばんは!
この絵が16世紀に描かれていたことに驚きましたし、
アルチンボルドの強烈な個性を受け止めるパトロンが
いたことにもビックリしました!
いいアート作品には毒の要素があるものだと感じています〜☆
komichi
2017/07/03 01:14
こんにちは!
アルチンボルド、インパクト大ですね。
又西洋美術館へ足が向きます(^ ^)
思わず浮んだのは歌川国芳の版画でしたが、
江戸の諧謔とは深みが違うというか、
細密描写によって、ドキッとする物が有りますね!
じっくり観てみたいです!
sasapanda
2017/07/03 15:30
sasapandaさん、こんばんは!
ほんとうにこのアルチンボルドの作品には驚かされました!
植物、動物、魚など…どれもおそろしいほどの迫力で
細密描写の画力も凄く、圧倒されました!
ぜひお出かけになって、ご覧ください〜☆
色彩が印刷では感じにくいですけど
原画は美しいです〜☆
komichi
2017/07/03 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■アルチンボルド展■国立西洋美術館 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる