芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 五感を練る■吹田千明 陶展■藤野・F's gallery

<<   作成日時 : 2017/09/17 16:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2



藤野で「陶釉舎」を営む
陶芸作家・吹田千明さんの
五感を練る■吹田千明 陶展■が
10月13日より15日まで藤野の
F's galleryで開催されます。

10月15日(日)にはSpecial Eventとして
落語と琴の会も催され、
吹田千明さんによる茶道もあるとか…

藤野の自然にはぐくまれた吹田千明さんの
感性豊かな陶作品を楽しみに・・・

秋の気配も心地よい
藤野の森へどうぞお出かけください。

画像


五感を練る■吹田千明 陶展■藤野・F's gallery

2017年10月13日(金)→10月15日(日)

11:00〜17:00 入場無料

主催:藤野アート・コミュニティ
協力:イタリアンレストラン「灯」

★ご予約・問い合わせ
磁器工房 静風舎:042−687-5235(そえじま)


画像


「ある日、石を持ち上げて伸びて行こうとする雑草を見つけた。懸命に上に伸びて行く生命力と、尊い命の存在を自分と重ねた日から『いきる』と題した作品を作り始めている。陶芸歴も随分長くなったが、現在も『いきる』と言う題材を自分自身に投げかけ、進行中である。

『五感を練る』シリーズは、人間の根源的な原始感覚を表現したいという思いから作り始めた。又最近の『追憶の時を巡って』シリーズは、自分の巡った風景からの家や家族をイメージした作品である。

藤野に住んで、自然に近い生活から作品の形も直線から曲線に変化し、陶土に色磁土を貼っていくという手法も、湖からの湿気の多い場だから可能な技法である。そして、人との繋がりは心に刺激と解放を与えてくれた。まさに、この地から生まれた作品といえる。

皆様にも作品を通じて、共に感じていただけたら嬉しいと思う。 」 吹田千明


画像
★吹田千明 陶歴

■プロフィール
1981年 多摩美術大学大学院美術研究科
      絵画専攻油画(陶芸)修了
2004年 文化庁芸術在外研修でイギリスに1年間滞在

■個展
2014年   AC Gallery(東京)
2016・17年 ギャラリージャローナ(東京)
その他企画グループ展多数

■入選 
八木一夫大賞現代展(’88) 朝日現代クラフト展(’89)
日本陶芸展(’89’91)

■パブリックコレクション
レスター大学(イギリス)  台北美術館(台湾)

■日本美術家連盟会員


画像



★F's gallery
船津基司氏建築による個人別荘
画像
画像




★吹田千明さんの過去のエントリーはこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/5e9ebde3b4.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
陶土に色磁土を貼っていく…ご自身の
解説を読んで、なるほどそうかと
合点しました。藤野の環境なばこその
技術だという点も興味深いです。
『追憶の時を巡って』シリーズは心に響きますね。
yasuhiko
2017/09/22 14:01
yasuhikoさん、こんばんは!
今回、個展を開催される場所は
我が家の真下の別荘で森の中の静かなところです〜♪
吹田千明さんの作品は藤野の自然からインスピレーションを受けたものも多く、森での展示は楽しみです〜☆
『追憶の時を巡って』シリーズは心に沁みる作品が多いですね〜☆
komichi
2017/09/22 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
五感を練る■吹田千明 陶展■藤野・F's gallery 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる