芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ぐるっとお散歩篠原展■2017 藤野から…

<<   作成日時 : 2017/10/10 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 10



10月8日、9日に今年も行われた
藤野、篠原地区の■ぐるっとお散歩篠原展■へ。

2日間とも晴天に恵まれ
坂道を歩くと汗もにじむほど…
久しぶりに会う友人たちと
穏やかなときを・・・

画像


坂道を上って、山岳写真家・三宅岳さんの
山の中の写真展「水の篠原 プロローグ」展

屋外に洗濯ばさみでとめられた篠原の水にちなんだ写真たち

画像
10年ほど前までの水車小屋の姿

画像



画像



画像



画像
神奈川県絶滅危惧種にもなっているナガレタコガエル約5pほど
繁殖期にはオス100匹に対してメス1匹くらいでオス同士のバトルになるとか…
上流から流れてきて後からやってきたメスの取り合いがあると教えてもらう


画像
会期中、テントを張った中で岳さんからお茶のサービスを受け、山や川の知識を聞けるのも楽しみ。

三宅岳 写真展 『水の篠原 序章』

そこは水の大国であった。
かつて、篠原は旧牧野村のなかでも、裕福な土地柄だといわれていた。
土地に潤いがあったからだ。石砂山に降った雨や雪が、じわりと湧いてじわりと流れ出す。流れは重力に準じて谷に集い駆け下るも、その中途で、幾度も離合し集散する。人々はその水を田に引いたのだ。かつての篠原には、篠原川とその支流に沿って、延々と田んぼが拓枯れていたちう。この山の中にあって、米を栽培できる環境にあったのだ。これが裕福な土地柄を約束した。水車もまわっていた。流れに沿って、いく棟もの水車小屋が建てられていたという。

水は、命も育んできた。小から大まで、生きと死し生けるものは、みなその水に助けられてきた。人間も然りである。                 三宅岳

画像




画像
画像
古民家を美しくリニュアルして暮らす加藤正樹邸の庭にはキノコやジャムが並び、室内ではインディアンフルートなどの手作りと演奏者、ガイネさんの展示も 
画像



次に向かったのは高橋安子さんの工房

画像
秋色に色づき始めた葉のなかから陶人形がお出迎え

画像


入り口の壁に、岩絵具で描かれた佐藤恵太さんの《月あかり》↑と《月夜の家》↓

画像



画像
小さなLEDランプを制作した金井一郎さんと安子さんのコラボ作品
自然素材のちいさなランプシェードがアクセントになって・・・

画像



画像



画像



画像



画像
この日は安子さんのパートナー、造形作家の高橋政行さんがテラスでカフェ


廃校になった小学校をリニューアルした篠原の里へ。
宿泊施設や地元の人たちの協力で作り上げた食堂など・・・

画像


画像



おにばたけのヤギ牧場から・・・

画像
家の外にこんな張り紙も・・・

画像


画像



〇△ギャラリーから・・・

画像


今年の「こども美術 第4回」は5年生になったツトム君の個展

画像
半分成人式の記念に作った、等身大ツトムくん。4年生


画像
個展が決まり、セルフポートレートをテーマにしようと決めて描いた作品。5年生


画像
セルフポートレートがテーマなので、今、履いているズックを描いてみました。5年生


ギャラリーの前ではハシドイ珈琲の屋台もあって
ゆっくりおいしいコーヒーをいただく

画像



せせらぎの心地よい音色に誘われて
釜戸ノ上へ。

地場材木や古材を使った木工品を制作
http://kamandonoue.blog.fc2.com/

画像



自作のスピーカーボックスから
ジャヤズが流れ、しばしご夫妻のブータン旅のスライドを楽しんだひと時

駆け足で廻った篠原の秋
この後、母のもとへ。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも感心するのは、藤野にはアーティストがたくさん!
いろんなジャンルを自然たっぷりの地で楽しまれ日々を送る、アーティストの桃源郷のような。
一緒に藤野を歩いている気分になりましたー。

いつも遠くまでご苦労さまです。
お母さま、いかがでしたか?
うらら
2017/10/12 08:27
こんにちは!
本当に素敵な町ですね!
自然と日常が共にある感じがとても好ましく思います。
作品も多種多様だし、おもてなしも色んな場所であり、本当に羨ましく思います。
 自然素材の小さなランプシェード。大きなごてごてしたものも、確かに素晴らしいものですが、小さい灯りも部屋の邪魔にならずに素敵だと。こんな感じを今の教室で作るとどうなんでしょう? ガラスは使わない分、下の置物に工夫があれば良いですよね(笑)
木の葉
2017/10/12 16:52
少し贅沢なぐるっとお散歩展ですね(^^)。
10日余り別宅(病院)に籠って居ました(笑)。
抗癌剤の副作用に負けた様です。
今日無事退院出来ましたので体調を整えて
又写真遊びしたいですね。
あいべん
2017/10/12 19:59
うららさん、こんばんは!
藤野はアーティストも本当に多くて…
今週末は我が家の下の別荘で友人でもある陶芸作家・吹田千明さんの個展も開催されます〜♪日曜日には同じ場所でお茶会や落語も聞ける秋らしいイベントです〜☆
今の季節は屋外のイベントも心地よく過ごせます〜♪

母(94歳)は足は悪くなって車いすですけれど、眼も最近手術をしてしっかり見えるようになりましたし、耳も聞こえ携帯電話からあれこれ買い物の指示などを私にしてきます〜(笑)。
komichi
2017/10/12 22:34
木ノ葉さん、こんばんは!
自然は豊かなので、みな自然とともに作品制作もされているようで温かな雰囲気に包まれています〜♪さまざまな作家のユニークなものに触れて、いつも刺激になっています〜☆
高橋安子さんとちいさなランプのコラボレーション、手のひらに乗るくらいのちいさな明かりがとても美しく、見ているだけでやさしい気持ちになりました〜☆
木の葉さんもすてきな灯をデザインされてください〜☆
komichi
2017/10/12 22:41
あいべんさん、こんばんは!
ゆったり、まったりした時間を過ごせる小さいけれど、
いいイベントです〜♪
あいべんさんは別宅でお過ごしだったのですね。
抗がん剤も合うものと、かなりきつく感じるものと人それぞれの体で反応が違ってくるようで、きつかったでしょうね〜。でも退院されて本当によかったです。
これから涼しい日が続きそうですからゆっくり、ぼちぼちお散歩をされて、秋の山すそ風景を拝見したいです〜☆
コメントを残してくださって、ありがとうございました!
komichi
2017/10/12 22:49
洗濯ばさみで写真を屋外に
吊るすというラフなスタイルが、
もの凄く好きです。写真の風景と
実際の山の風景が融け合い、
過去と現在が響きあうようですね。
自然も作品も楽しめる
いいお散歩になると思いました。
yasuhiko
2017/10/13 13:34
yasuhikoさん、こんにちは!
三宅岳さんの山の写真展、
いつも楽しみにテントまで上ります〜♪
親子二代にわたる山岳写真家の岳さんは
山のことにとても詳しく、話を聞いているだけで
とても楽しく勉強にもなっています〜☆
今が過去としっかりつながっていることを実感できる
すてきな展示でした〜☆
komichi
2017/10/13 14:16
豊かな緑のカンバスに栄える写真の展示。
アイデアが素晴らしいです。
その場所に行きたいと思ったらすぐに行けますもんネ。
作家さんたちもリラックスした展示をされてるので、行かれた方々もゆったり見ることが出来たんじゃないでしょうか。
最後のスピーカー、どんな音なのか聴いてみたい。
形状から行くとおそらくバックロードホーン。
たぶん詰まった音じゃ無く、開放的な音。
屋外で聴くジャズは最高だったでしょうネ。
おーちゃん
2017/10/15 09:36
おーちゃんさん、こんばんは!
篠原は藤野の奥座敷のような小さな里です。
手作りのほのぼのとした触れ合いのあるイベントで
ぶらぶら秋の日差しを受けて散歩をしながら作家さんと話をしたり、珈琲を飲んだり…皆さんゆっくり過ごされていました〜♪
藤野のアーティストから譲り受けたスピーカーにボックスを作って、後ろのせせらぎの音と共鳴するようにいい感じのジャズが鳴っていました〜☆
komichi
2017/10/15 23:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ぐるっとお散歩篠原展■2017 藤野から… 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる