芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■中村キース・へリング美術館■山梨県・小淵沢から・・・

<<   作成日時 : 2017/11/15 16:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4



長野・和田峠を下り、山梨県・小淵沢
中村キース・へリング美術館へ。

80年代、青山ワタリウム美術館での展覧会で
初めて出会ったキース・へリングの絵画
建物の外壁に描かれた不思議な図形に
新鮮な想い。

あれから30年を経て
小淵沢の地で、中村和男氏による
豊かなコレクションを見るしあわせ。

画像
中村キース・へリング美術館

画像
ここから入ります。


北川原温により設計されたこの美術館は周遊しながら
闇から希望の光へと導かれるような感覚に・・・


画像
画像
暗闇の中の展示


画像
かつて日本でキース・へリングの直営店で売られていた作品
画像


画像



画像


画像



画像



画像



画像



画像



画像
画像



画像


今回11月19日まで同時開催されている
パトリシア・フィールド アート・コレクション:パトリシア・フィールドの世界へ。

画像



画像


画像



画像



画像



画像



画像



画像
展示を一周して1階のカフェでキース・へリングの動画を・・・


美術館を後にして
庭続きのホテルまで散策

画像


画像



画像



画像



画像
個性豊かな6室のみのホテルキーフォレスト北杜



画像
世界中から集められたヴィンテージングモルトウヰスキー
の並ぶ中村ウィスキーサルーン


秋色染まる庭を眺めながら
こちらで珈琲を・・・


画像






画像
★キース・へリング(Heith Haring)
1958年−1990年
キース・ヘリングは、アンディー・ウォーホルやバスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティストです。80年代初頭にニューヨークの地下鉄で、黒い紙が貼られた使用されていない広告板を使った通称サブウェイドローイングというグラフィティー・アートを始めました。そのコミカルで誰もが楽しめる落書きは、地下鉄の通勤客の間で評判となり、一躍キースの名を広めることになりました。
1980年から86年の間には、次々と展覧会が開催され、国際的にも高く評価されました。ニューヨークのタイムズ・スクエアのビルボードのアニメーションから、舞台デザイン、キースのグッズを販売するポップ・ショップをオープンするなど、制作活動は多岐に及びます。また世界中で壁画を制作したり、ワークショップなども開催し、社会的なプロジェクトも数多く手がけました。日本でも展覧会やワークショップの開催や、ポップショップも展開されました。
1988年にはHIV感染と診断され、その翌年に財団を設立しました。1990年31歳で亡くなるまで、アート活動を通してHIV/AIDS予防啓発運動にも最後まで積極的に関わりました。

★中村キース・へリング美術館
http://www.nakamura-haring.com/
〒408-0044
山梨県北杜市小淵沢町10249-7
tel : 0551-36-8712








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な景色の中の美術館!
で、中の展示作品が面白い! 元気になれそう!
この違いが意外と鑑賞には良いかもしれない、等と思ってしまいました。

 庭を眺めながらの珈琲タイム、ここが一番楽しめそうな私です(笑)
木の葉
2017/11/16 08:47
木の葉さん、こんばんは!
キース・へリングは31歳で亡くなっていますけど、10年間くらいの活動から生まれた作品が今も人の心をひきつけています。
私も80年代に彼のパフォーマンスを眺め、「今、ニューヨークではこういう表現が新しいのだ…」などと感じていました。
今回、彼の作品の多くに出逢い、新たな発見も多く興味を持ちました。

庭続きにある、ホテルが素敵で一人、夕暮れを眺めながら珈琲タイムをしてきました〜☆
komichi
2017/11/16 21:52
キース・へリングって聞いた事あるけど、
誰だっけ…と思ったら、あの方でしたね。
バイクの泥除けカバーを見た途端、
ああ、そうだったと納得しました。
色付いた木々に囲まれ、周囲に溶け込んだ
とても魅力的な美術館ですね。
yasuhiko
2017/11/19 15:34
yasuhikoさん、こんばんは!
キース・へリングは同時代に出逢ったストリートアーティストで、日本でのパフォーマンスもユニークだなぁ〜と眺めていたので、最近彼の美術館があると知り、予備知識もなく訪ねました。
素晴らしい環境の中にあって、豊かな時間を過ごすことができました。
komichi
2017/11/19 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
■中村キース・へリング美術館■山梨県・小淵沢から・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる