芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■神の手●ニッポン展 V■目黒・ホテル雅叙園・百段階段

<<   作成日時 : 2017/12/16 00:13   >>

トラックバック 0 / コメント 8



友人と目黒雅叙園「旬游紀」の中華ランチと
有形文化財・百段階段で現在開催中の
■神の手●ニッポン展 V■へ。

パーティや会合でよく利用していた雅叙園
はじめて目にした百段階段で開催されている
神の手を持つアーティストの作品に目を見張る

画像


■神の手ニッポン展 V■目黒・ホテル雅叙園・百段階段

2017年12月1日(金)−12月24日(日)

10:00〜18:00

★公式サイト
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/kaminote

匠を感し゛る。繊細さか゛見える 。「神の手 ● ニッホ゜ン展 」とは 、そうした日本のものづくりスヒ゜リッツを受け継き゛なか゛ら、現代のセンス&フィールト゛て゛意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。

とても人間技とは思えない。神の手によって創られたような高度な技術に裏打ちされた作品群を通し、日本人ならて゛はの手先の器用さや感性の豊かさ、探究心や真摯さにあらためて気つ゛いていたた゛くことで、日本人としての誇り、元気や勇気 、感動を与えることを狙いとします。今後、「日本発・新たなアートムーフ゛メント」として世界に発信していきます。


画像
昭和10年に建てられた木造建築の通称「百段階段」
階段で結ばれた7部屋はそれぞれ趣向の違う著名な画家が作り上げた美の世界が広がっています。



画像



★笹尾真
立体切り文字アーティスト
画像



画像
四角錘 石川啄木「一役の砂」より
東海の小島の磯の白砂に
われ泣きぬれて
蟹とたわむる

画像
四角錘 孟浩然 「春暁」より
春眠不覚暁
処々聞啼鳥
夜来風雨声
花落知多少

画像
四角錘シリーズ 芥川龍之介「羅生門」より


★大橋禾苗
シャドーボックスアーティスト

画像
画像
「神話のモティーフ」2013年

画像
「帝国の薔薇」2015年


画像
「アイリス」(ミューシャ画) 2015年


★中村道雄
組み木絵アーティスト

画像
「こおろぎ」

画像
「いろり」




★中村敦臣
現代切り絵アーティスト

画像
「cut of pink」


画像
「壁に着けるタイプのバッグ」



★本間ますみ
ペットボトルアーティスト

画像
「かわせみ」


画像
「孔雀」


画像
画像
「朱鷺」2017年 
ペットボトル600本を使用したこの作品は圧巻












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ペットボトルでの作品、確かにすごいです。
どォすればこのような作品が作れるのか…ボクにはとてもマネ出来ません。
組み木細工は昔母が持っていたのを見てますが、それは市松模様で構成されたもの。
絵画のようなモノを作られるなんて…。
この頃危惧してるのは小学生から高校生まで受験のための勉強のみで文化的なこと芸術的なことは敢えて避けた教育になってることです。
一番感受性の強い時期に基本から創造力を高める楽しさを知ることこそ大切なのに。
これからの子供達は今回掲載されてるような作品を生み出すチカラを持ってもらわないと大変なことになるんじゃないかと思ってます。
アニメだけがクール・ジャパンじゃないんですから。
おーちゃん
2017/12/16 08:42
こんにちは!
おおお〜、本当に凄い作品達!
素晴らしくて凄いとしか言いようがない感じ。どのようにして何で作られてるのか分からないためですけどね(笑)
いや〜、これは日本人にしか出来ませんね! 繊細で、細やか、ちょっとの狂いもなく作られるものは我慢と忍耐。昔のロシアの捕虜達が作った劇場とかもそうですよね。いい加減な仕事をしない。
あ〜、でもいい加減な事する残念な日本人も居ますか(笑)
良い事は受け継がれていくと嬉しいのですが。。。
木の葉
2017/12/16 16:44
おーちゃんさん、こんばんは!
最後のペットボトルの大作、本当にすごかったです!
制作工程も会場にDVDで紹介されていましたが
気の遠くなるような手仕事でした〜!
孫も絵を描いたり木でものをつくったりすることが大好きなので、これからも一緒に何か作り出したいと思っています〜☆
受験勉強がすべてダメということもないのでしょうけど、小学生の頃には自由な発想でのものつくりなど、子供の豊かな感性の生きることもさせたいです〜☆
komichi
2017/12/16 21:42
木の葉さん、こんばんは!
この展覧会の作品は手間を考えたら始められないほどの細やかな作業の連続がひとつの作品に集約されて完成したものばかり。
ほんと、ため息をつきながら鑑賞しました〜♪
百段階段という各部屋そのものが絵画で覆われた強烈な個性を放っている空間で、唯一無二の細密な作品群の展示に圧倒されました〜♪
komichi
2017/12/16 21:47
雅叙園の百段階団は、
雛まつりの頃の催しが有名ですね。
(まだ行った事ありませんが)
でも、それ以外の時期に、こんな展示が
見られるとは知りませんでした。
どれも素敵な作品で驚かされますが、
立体切り文字アートには心底びっくりです。
まさか『羅生門』の世界が、立体的に
立ち上がるとは思いませんでした。
yasuhiko
2017/12/22 14:30
yasuhikoさん、こんばんは!
私も何度も雅叙園には来ているのですが
今回初めて百段階段の展示を眺めました。
立体切り文字の世界、ほんとユニークで
クリエイティブなアートだと感嘆しました!
友人とお雛様の時期にも来てみようと約束しました〜☆
komichi
2017/12/22 23:03
今年も残り少なくなりましたが
色々とkomichiさんから刺激を受けて楽しい(病気は別)
年を終える事が出来そうです(^^)。
自分の知らない世界をkomichiさんのブログから吸収(ふふ・・)。
感謝、感謝の年でした。
ありがとう(^^)。
あいべん
2017/12/23 18:32
あいべんさん、こんばんは!
1年があっという間に行き過ぎて行きます。
あいべんさんは治療に頑張ったこの1年
この冬の寒さをしのいで、温かくしてお過ごしください〜☆
この冬、私は咳が止まらなくなっていますけど
相変わらずウロウロしています〜(笑)。
いつも見てくださって、ほんとうにありがとうございます!
komichi
2017/12/24 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
■神の手●ニッポン展 V■目黒・ホテル雅叙園・百段階段 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる