芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ★インドヨガ旅★ニューデリー、デリー、アグラから…

<<   作成日時 : 2018/03/22 17:13   >>

トラックバック 0 / コメント 6



リシケシから早朝出て、デリーに戻り
翌日はじめてのインド観光を…

インド北部のインドの首都デリー
フマユーン廟は16世紀から支配したムガル帝国の墓廟


画像
フマユーン廟(Humayun's Tomb)
ムガル帝国の第2代皇帝フマユーンの墓廟
王妃が皇帝フマーユーンンの死を嘆き、9年もの歳月をかけて竣工され、
1993年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。
ペルシャ風のアーチやドームを主体にした建築の周りには、
柱で支えられた傘のような小塔が立ち並んでインド装飾を施しています。

画像
フマユーン廟

画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像



次に向かったのはデリーのクトゥブ・ミナール

画像
クトゥブ・ミナール (Qutb Minar)
12世紀末に北インドを制圧した軍人アイバクがその勝利を記念して建立したもの
72.5mもの高さは、今なおインドで最も高い石塔で時のイスラム教の権力の強さや威厳を感じさせる

画像
雰囲気が好きで、しばらく佇んだ回廊

画像


画像


画像


画像


モスクの中庭には、4世紀のグプタ朝時代に作られたとされる
1600年間錆びずに残っている有名な「錆びない鉄柱」
表面にはサンスクリット語の碑文が刻まれている。

この夜はニューデリーのホテルへ。

画像


画像
この旅で初スパークリングワインを・・・

画像
ニューデリー滞在中は一人部屋



翌朝、5時前にホテルを出てバスで5時間ほどの
アグラのタージ・マハルへ。

画像
霧の中、朝日が昇るのを車窓から眺め
さまざまな想いが巡る


〈div align="center">画像タージ・マハル
インド,アグラにあるムガル帝国の第五代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃のために建てた廟(びよう)。
1632年頃着工。のち皇帝自身も葬られた。
均整のとれた構成や華麗な装飾などはインド-イスラム建築を代表する
1983年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録

画像
タージ・マハルへ入る門

画像


画像


画像


画像


画像


タージ・マハルの大理石の色の劣化を防ぐため
周辺では車を駐車し、電気自動車に乗り換え
タージ・マハル見学では靴の上からビニール袋をかぶせます

画像

画像

画像
朝からリラックスして眠る犬たち


タージ・マハルを出て、アグラ城へ。
アーグラ城は16世紀に建てられたムガール帝国の象徴とも言える城で
赤い城壁が印象的。
ムガル帝国の第五代皇帝シャー= ジャハーンは晩年この城に幽閉され
ヤムナー川のさきに見える愛妃の廟タージマハルを眺めたとか・・・

画像
アグラ城壁

画像


画像


画像


画像
アグラ城アマル・シング門

画像
アグラ城アクバル門

画像
アグラ城ジャハーンギール宮殿

画像
アグラ城謁見の間

画像



画像
シャー・ジャハーンが二人の娘のために建てた城

画像
大理石を彫って天然石をはめ込んだ象嵌が美しい

画像
こちらからは愛妃の眠るタージ・マハルが
ヤムナー川の先にかすかに見えました


13日間にわたるインドン旅は終えました。
はじめてのインド旅から様々な気づきを得
これからの自分の生き方にも影響を受けそう






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、タージマハル、ほんとに美しいですね♪ワタシ若い時に行ったんですけど、靴にビニールとかなかったです、劣化が進んだと言う事でしょうか。電気自動車はそもそも開発されてなかったですけど(笑)インドは否応なく濃い旅になりますね!komichiさんのはひときわ濃い…(笑)普段ヨガとかされてるkomichiさんだから無事ですが、ワタシだったらダウンしてた事でしょう〜〜(笑)しかもこれからも数年にわたってインドはkomichiさんを揺さぶり続けること請け合い
こりす
2018/03/23 05:19
フマユーン廟ですか。
タージマハルにも似た美しい廟ですね。
均整の取れた美しさに見入ってしまいます。
そして、クトゥブ・ミナールの
回廊の魅力的な事。古い遺跡の持つ
不思議な力のようなものを感じました。
インドにはまだまだ素敵な場所がたくさんありますね。
yasuhiko
2018/03/23 12:41
yasuhikoさん、こんばんは!
フマユーン廟はタージマハルのモデルになったとか…赤石岩と大理石のシンメトリー建築のバランスが美しく内部の装飾も素晴らしかったです。
クトゥブ・ミナールの回廊の遺跡に惹きつけられて、しばらく佇みました〜☆初めて訪れたインドですが、奥が深そうな気がしています。
komichi
2018/03/23 22:07
こりすさん、こんばんは!
タージマハル、大理石の美しい建築で朝からたくさんの人たちが訪れていました〜☆絵葉書で見た風景がそこに在って、なんか不思議な気持ちになりました〜(笑)。排気ガスで大理石の白さが保てなくなることを懸念して排ガス規制をしているそうです。
20年以上前にインドに行ったことのある方が今回のインドの雰囲気は車がかなり新しくなったことに驚いた…と、話していました。
連日の早朝(夜中)からの活動で結構疲れましたけど、最年長の私は具合も悪くならずに済みましたが、リシケシで同室だった方は途中で高熱が出て病院に行きました。
これからインドに揺さぶられるのかしら〜〜(笑)。
インドおそるべし!
komichi
2018/03/23 22:18
インド旅行、非常に充実していたようですね。ヨガと観光の両方を楽しまれましたね。
私ももう30年位前、デリーやアグラの遺跡に行ったのを覚えています。タージマハルも懐かしいです。周辺はかなり変わっただろうと思います。
最近は出張で行っても観光はないので、、。
ミクミティ
2018/03/28 21:57
ミクミティさん、こんばんは!
初めてのインド旅だったので、最後に少し観光もしてきました。インドは最近トップが変わって、国の整備がスピードアップされているそうです。
インドのカオスのような空気感は独特で魅力的でした。
乾季のこともあり、デリーの空気の悪さに驚きましたが近い将来よくなるといいなぁ…と、思いました。
komichi
2018/03/29 22:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★インドヨガ旅★ニューデリー、デリー、アグラから… 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる