芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ★さくらの季節★長柄ダムから・・・

<<   作成日時 : 2018/03/30 22:46   >>

トラックバック 0 / コメント 6



通りすがりに見たさくら
まだ若い樹がけんめいに花をつけて
いつか桜の名所になりそうな予感

画像



画像



画像




画像

遠くに車いすの奥さんとお花見の老夫婦


画像




庭の桜も急な暖かさに一気に満開
もう少し楽しみたい花の季節





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
凄いです〜!♪
山全部が桜だらけ〜! 桜のすぐ下を通れるし、香りもしそうだし。名所にもうなってませんか? Komichiさんね素敵です。わが市は何もないところですが、あちこちに桜があります。名所にはならないくらいの(笑)
そこまでしてくださる方が居ないとできない話。
そういえばダムに桜がありましたわ。行ってみようかな位の気持ちですけど(笑)
木の葉
2018/03/31 10:20
これが通りすがりの風景ですか。
樹が若いので、まだ人に知られてないんですね。
こういう穴場的な隠れ名所を見つける事に、
ワクワクするような喜びを感じます。
それにしても、ここの桜は素晴らしいですよ。
yasuhiko
2018/03/31 11:15
木の葉さん、こんばんは!
まだ樹が若いですけど、傾斜に沿って桜が植えられていて、あと20年くらいしたら(もう私は居ないかも…笑)立派な名所になりそうだなぁ〜と、眺めました〜☆お花見している人も少なく、静かでいい雰囲気でした〜☆
komichi
2018/03/31 21:51
yasuhikoさん、こんばんは!
まだタケノコ堀には早く、ちょっと寄り道した場所でたまたま咲いていた桜です〜☆樹が若いのでまだあまり知られていないようで、なんだか素敵な場所を探せたようで嬉しくなりました〜♪
komichi
2018/03/31 21:54
先日テレビで見ました、元々花見は梅だったと。
でも嵯峨天皇が通り掛かりに見た桜の美しさに 花見は桜に…ッとなったそうです。
そォ云うことから 桜は散り際の潔しと言われることよりも、純粋にその花の美しさだったのでしょう。
千鳥ヶ淵の桜は見事と聞きますが、やはり赤み掛かったのだけでなく 薄墨色の桜とのコントラストもあってこそなのか。
ふとそんなことを考えてみたりなんかして。
おーちゃん
2018/04/01 01:51
おーちゃんさん、こんばんは!
かつては梅の花を愛でることが多く、万葉集などではよく梅の花が詠まれているようですね〜☆
嵯峨天皇の頃からですか〜!
やはり、私は薄墨色の桜の花色が静かで好きです〜☆
水面に舞い降りる花吹雪も素敵ですけど…☆
komichi
2018/04/01 22:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★さくらの季節★長柄ダムから・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる