芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■プラド美術館展■ ベラスケスと絵画の栄光

<<   作成日時 : 2018/04/09 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0



急に寒さを感じた朝、
現在、上野の国立西洋美術館で
開催中の■プラド美術館展■へ。

スペイン、マドリードにある
プラド美術館からベラスケスの作品を中心に
17世紀の絵画の傑作を含む70点もの展覧会。

壮大なテーマの大作絵画が観る者を圧倒
ベラスケスの作品7点も一挙来日し豪華で
当時のスペインの国威をも感じた展覧会。

画像


■プラド美術館展■ ベラスケスと絵画の栄光

2018年2月24日(土)〜2018年5月27日(日)

午前9時30分〜午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後8時

月曜日休館(ただし、3月26日(月)と4月30日(月)は開館)

★国立西洋美術館


★公式サイト
https://artexhibition.jp/prado2018/

17世紀のスペインは、ベラスケスをはじめリベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家を輩出しました。彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し収集したことが挙げられます。国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレクションのティツィアーノやルーベンスの傑作群から触発を受けて大成した宮廷画家ベラスケスは、スペインにおいて絵画芸術が到達し得た究極の栄光を具現した存在でした。 本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりとご覧いただきます。


展覧会構成
T章:芸術
U章:知識
V章:神話
W章:宮廷
X章:風景
Y章:静物
Z章:宗教
[章:芸術理論


画像
ティツィアーノ・ヴぇチエツリオ《音楽にくつろぐヴィーナス》
1550年頃 マドリード、プラド美術館蔵


画像
ペーテル・パウル・ルーベンス《聖アンナのいる聖家族》
1630年頃 マドリード・プラド美術館蔵


画像
ディエゴ・ベラスケス 《王太子バルターサル・カルロス騎馬像》
1635年頃 マドリード・プラド美術館蔵




画像
ディエゴ・ベラスケス《マルス》
1638年頃 マドリード、プラド美術館蔵


画像
ディエゴ・ベラスケス《メニッポス》
1638年頃 マドリード、プラド美術館蔵


画像
フランシスコ・スルバラン《磔刑のキリストと画家》
1650年頃 マドリード、プラド美術館蔵




巡回:兵庫県立美術館
   2018年6月13日(水)〜10月14日(日)


画像
プラド美術館
http://www.museodelprado.es
Paseodel Prado, s/n28014
スペインのマドリードにある、スペイン王家コレクションの保存公開を目的に1819年に開館された、世界有数の絵画美術館。建物はビリャヌエバJuan de Villanueva(1739‐1811)によるスペイン新古典主義建築の代表作。数千点にのぼるコレクションは、ルネサンスから18世紀にいたるヨーロッパの主要流派を網羅しているが、歴代国王の趣味と宗教的・政治的な立場を反映し、ティツィアーノをはじめとするベネチア派、H.ボスからルーベンスにいたるフランドル派のコレクションがとくに優れている。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■プラド美術館展■ ベラスケスと絵画の栄光 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる