■ 風の旅人 ■

知人より「風の旅人」という隔月刊行の雑誌が送られてきました。
2003年、ユーラシア旅行社より発刊された、グラフィック雑誌。



風の旅人1




創刊号は【天空の下】
水越武撮影による“カラコルムの氷河”や、野町和嘉撮影の“厳冬の東チベット”が力強く迫る。

最新号は【有為自然】
小関与太郎撮影よる1960年代の九十九里浜の漁師の荒々しくも逞しい姿を捉え、
執筆も私の好きな田口ランディや養老孟司など多彩です。

軽い雑誌の多い中、濃厚でやや硬質な内容のこの本から、
自分自身を考える時間を得られそうです。





風の旅人2




風の旅人3




風の旅人4




風の旅人5




風の旅人6





★「風の旅人」オフィシャルサイト
人や地球を見つめる日本発の本格的グラフ文化誌
http://www.kazetabi.com/index.html




風の旅人 (Vol.29(2007))










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月29日 19:25
軽い内容の本や雑誌の多い中で濃密な内容の雑誌ですね。考えながら眺め読むものですね。
komichi
2008年01月29日 21:39
森の生活さん、こんばんわ。
今夜もそちらは冷えるでしょうね。こちらも雪になりそうな寒さです。
軽いファッション雑誌も好きですけれど、こういうしっかりした内容の雑誌も好きです。今はいろいろなタイプの雑誌が出版されていて、初めて眺めるものも多いです。
2008年01月30日 21:15
居ながらにして世界旅行ができる雑誌ですね。しかもかなり濃厚な内容で問題提起がはっきりしているのかしら。庶民の暮らしを見つめる視点ですね。
komichi
2008年01月30日 21:34
この雑誌は質の高い写真と適切な文章とで、世界のさまざまな情景を見せてくれます。
厳しい風土や生活も含めて・・・眺めながら世界を感じることのできる雑誌のようです。
2008年01月31日 21:15
こんばんわ♪
私の知られざる世界が発見できそうな雑誌です。
ただ単に「綺麗」だけじゃなく・・・。
「ユーラシアの旅HOME」も拝見してきました。
komichi
2008年02月01日 00:04
ハーモニーさん。
こちらの雑誌は、内容が骨太で、文章は少ないのですが内容は濃いように感じました。
もんもんとももちゃん
2008年02月05日 20:27
お母さんのおっぱいを吸う子供のお写真が特に印象に残りました。私も小さい頃でも,お母さんにべったりでしたので。。。
komichi
2008年02月05日 23:44
もんもんとももちゃんさん、こんばんわ。
今から40年位前の写真だそうですけど、今ではまったく見かけることのない光景になりましたね。
昔は子育ても、もう少しおおらかだったような・・・気がしています。お母さん子だったのですか・・・いいですね!

この記事へのトラックバック