芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 新春■笙(しょう)についてのお話と演奏を聴く■

<<   作成日時 : 2009/01/04 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 12


普段あまり聴くことのない雅楽。
そんな中、笙という楽器を取り上げたワークショップが藤野芸術の家
1月31日と2月1日の2日間にわたって行われます。

新春にふさわしい音色を楽しみに。


09-1笙


新春 笙(しょう)についてのお話と演奏を聴く■

〜笙の魅力と、舞・龍笛(りゅうてき)との共演


雅楽の伝統のなかで育まれてきた笙。
17本の竹から紡ぎだされるハーモニーは不思議な美しさに満ちています。
笙の演奏家、田島和枝さんを講師にお招きし、笙の魅力に触れ響きに包まれる二日間!
「舞」、「龍笛」との共演もお楽しみください。

2009年1月31日(土)、2月1日(日)

14:00〜16:00

★内容
一日目 笙のお話その1 笙の演奏その1 舞との共演
二日目 笙のお話その2 笙の演奏その2 龍笛との共演
★講師:田島和枝(笙)
★共演
一日目 秦 理絵(舞)
二日目 酒井麻耶(龍笛)
★会場
一日目 クリエーションホール
二日目 スタジオA
★参加費:1500円
★申込み:電話で藤野芸術の家へ 042-689-3030


★田島 和枝(Tajima Kazue)
http://tajimakazue.jp/
笙と正倉院復元楽器「う」の演奏。
笙を豊英秋氏(宮内庁式部職楽部主席楽長)、宮田まゆみ氏、
石川高氏に、古代歌謡・雅楽合奏を芝祐靖氏に、右舞を豊英秋氏に師事。
国立劇場雅楽公演、八ヶ岳高原音楽祭、タングルウッド音楽祭、
ウィーンモデルン、坂本龍一・地雷ゼロキャンペーン、
岡野玲子・陰陽師CD等、雅楽古典曲から現代曲まで多方面で演奏する。
またソロ活動として、さまざまなアーティストと共演している。
「伶楽舎」に所属。



★藤野・芸術の家
http://fujino-art.jp/
〒229-0206 神奈川県相模原市藤野町牧野4819
TEL 042-689-3030  FAX 042-689-3050


**********************************************************************************************
  

★笙についてのお話と演奏から・・・

2月1日午後から二日目の「笙の演奏、龍笛との合奏」と「笙についてのお話」へ。

17本の細竹からできた笙から和音が放たれ、ゆったりとした時間軸の中に引き込まれてゆきます。
煤竹(すすたけ)で作られた横笛の龍笛との「越天楽」の合奏を聴いていると、
竹林に春風がすっと通り抜けてゆくよう。



09-2笙1
息の湿気で結露しないように演奏の合い間にも温めて、乾燥させています。





09-2笙2
【正倉院復元楽器】竽(う)右側と排簫(はいしょう)左側


平安時代に滅びてしまった笙の倍くらいの長さの竽(う)と排簫(はいしょう)の合奏も
低く静けさがあって素晴らしいものでした。
とくに排簫(はいしょう)は小さなパイプオルガンのような音色でゆったりと聴こえてきます。

日本人の心の深層に潜む深い音色に魅了された午後でした。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
木の葉さんのブログからこちらへ書き込みさせていただいています。
現在私は東京在住ですが、年に数回連れ合いと、藤野町にある東尾垂の湯(?)へ行きます。その途中にあるカフェ・shuは、ずっと気になってますが、まだお邪魔したことがありません。

竹山さんもこの笙の演奏も非常に興味がありますが、日程が合わず、残念です。
芸術の小径さんのページがまさに芸術的で、また時々拝読させていただきにきます。
kanako
2009/01/04 10:10
kanakoさん、始めまして!
ブログが結ぶご縁でこうして出会えて、とっても嬉しいです♪
次回いらっしゃる時は、ぜひcafe Shuにもお立ち寄りください。1月、2月は店内改修で長期休業をなさっていますけど・・・美味しい野菜料理とゆっくり頂くお茶は気持ちが清々しくなります〜♪
これからもどうぞよろしくお願い致します。
komichi
2009/01/04 12:56
kanakoさんがいらしてるではありませんか! お会いした時に東京にも是非というお話で、藤野町に行ってみたいと申しました(*^_^*)。
komichiさんの住んでいる森に興味があることなど。実現すると素敵だなと思っています。なんせ、ん十年も一人旅をしてなくて…。
思いきるには少し時間がかかりそうですが。
木の葉
2009/01/04 16:47
木の葉さん、こんばんわ。
いつの日かお目にかかれたら・・・楽しいでしょうね♪
由布院の方にも一度行ってみたいと願っています。
願っていればきっと叶うでしょう。。
komichi
2009/01/04 21:54
(p≧w≦q)オッ o(≧▽≦)oハァァァァァァ♪
お正月の気分を束の間味わって、さてさてお仕事のスタート
よっしゃ、パリッと仕事始めに臨みましょ。
ジュリアナ
2009/01/05 08:25
ジュリアナさん、こんばんわ。
今日からお仕事始めでしょうか。
お元気で毎日をお過ごしください。
komichi
2009/01/05 21:53
日本古来の笙の演奏が聴けるのですね♪
私は東儀秀樹さんの演奏を2回聴いたことがあります。
お話まで聞けていいですね。
ハーモニー
2009/01/05 22:44
ハーモニーさん、こんばんわ。
私はまだちゃんとライブで雅楽を聴いたことはありませんので、興味を持っています♪ 日本古来のこと、何も知らなかったと今更ながら気がつきます。
komichi
2009/01/05 22:54
笙の笛ですか。正月らしくていいですね。
「不良少女と呼ばれて」という本のことふと思い出しています。
実際に聴いてみたいですね。なんだか気持ちが引き締まりそう。
ののはな
2009/01/06 01:54
ののはなさん、こんばんわ。
何となく知っているようで、きちんと聴いてこなかった日本の古典楽器。笙の音色が自分の心にどう響くのか・・・体験してみたいです。
「不良少女と呼ばれて」は、まだ読んだことはありませんけど、題名に惹かれます。
komichi
2009/01/06 22:34
お早うございます♪
久しぶりに藤野の冬景色を見たくなってきました
笙の音色をゆっくりきけるなんて素敵なイベントですね
日程が合えば行ってみようと思います
素敵な情報ありがとうございます

コケコ
2009/01/10 10:40
コケコさん、こんばんわ。
昨日の雪が嘘のように晴れて、いいお天気の一日でした。
笙の音色を私も楽しみにしています。
コケコさんのご都合が合えばいいですね〜〜♪
komichi
2009/01/10 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
新春■笙(しょう)についてのお話と演奏を聴く■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる