◆「キマダラルリツバメ」の観察会◆藤野から・・・



神奈川県指定天然記念物の蝶「キマダラルリツバメ」
この蝶の観察会が6月28日(日)午後3時より
『佐野川キマダラルリツバメ保存会』の主催で行われます。

私もまだ見たことのない珍しい蝶。
出会いを楽しみに・・・


09-6キマダラルリツバメ


◆「キマダラルリツバメ」の観察会◆

2009年6月28日(日)午後3時 

集合:藤野町 佐野川 上岩集会所午後3時
問い合わせ:「佐野川キマダラルリツバメ保存会」
電話(辺見):042-687-3250 


★キマダラルリツバメ
この蝶は、桜の古木の樹皮下に巣を作る シリアゲアリ属のアリの仲間と共棲し、
幼虫はアリから口移しで養分を与えられて成長します。
特徴は2対づつある尾状突起です。
蝶の翅の開張は3.0 ~ 3.7cm内外です。
藤野町佐野川の上岩地区では6月中旬から7月下旬の午後に見かける事が出来ます。


★「藤野からの便り」より記事内容、画像を転載いたしました。








この記事へのコメント

2009年06月16日 04:21
キマダラルリツバメ、宝石のような蝶ですね。これはアリに育てられるのですか。面白いです。
2009年06月16日 05:08
蝶でもツバメ?アリから口移しで養分?なんと不思議な蝶ですね。ちなみに蝶はありのために虫でも取ってくれるのかしらん?komichiさんならいつか会えまする
komichi
2009年06月16日 11:50
森の生活さん、こんにちわ。
まだまだ知らないことが多いです。。
ほんとうに不思議な生態の蝶ですね。
蝶のことは詳しくありませんけど、この観察会に出て教えていただこうかと思っています。。
komichi
2009年06月16日 12:06
こりすさん、こんにちわ。
私も名前を聞いたときは鳥だろうと思ってしまいました(苦笑)。何故アリがこの幼虫に口移しで養分を与えるのでしょう…?
ほんとうに不思議な生態ですね~~。
自然は知らないことばかりの不思議ワールドです。。
2009年06月17日 23:13
とても綺麗なチョウですね♪
成長過程も面白いです。
こちらにも「ギフチョウ」と言う名の貴重なチョウが生息していますがやはり、見たことがありません。
自然界にはまだまだ知らないものがたくさんありますね!
komichi
2009年06月18日 10:12
ハーモニーさん、おはようございます。
藤野の石老山というところにも「ギフチョウ」が生息していて、その幼虫が食べるカンアオイという植物が絶えないように、地元の人たちがお世話をしています。
最近では捕られないように、パトロールもしています。
貴重な蝶は少なくなっていて・・・皆で守ってゆかないといけないのでしょう。。
2009年06月22日 17:01
ルリ色に輝くとはこのことですね
マダラ蝶の大きな蝶を沖縄で見かけ、初めて蝶に興味がわきました
目の前に現われたらさぞ美しいことでしょうね
飛ぶ宝石!って名前付けちゃいました!欲しい(笑)
komichi
2009年06月23日 01:05
コケコさん、こんばんわ。
こちらに住むようになるまで蝶にはあまり興味はなかったのですが、藤野では庭にもいつも蝶が舞っていて、よく見るとどの蝶も美しく、観察するようになりました。
キマダラルリツバメにも出逢ってみたいと思っています。。
もんもんとももちゃん
2009年07月15日 21:52
komichiさん,こんばんは♪尾状特徴ありますね!それに,アリと一緒に生活するとは驚きました。違う昆虫同士の素敵な家庭が築かれているんですね!
komichi
2009年07月15日 22:43
もんもんとももちゃんさん、こんばんわ。
今日は暑かったですね。
この蝶の幼虫はアリから餌をもらうそうですけど、本当に珍しいですね。。アリのほうは何か恩恵をその幼虫から受けるのでしょうか。。不思議です。。
私の知らないことがどんどん増えてゆくようです(苦笑)。。

この記事へのトラックバック