神楽坂 ラ・ロンダジル■田谷 直子 陶展■から・・・




神楽坂をゆっくり登り、毘沙門天の脇から細い通りを歩くと
粋な料亭やバー、花街らしい雰囲気の界隈に
ラ・ロンダジルはありました。

元小唄のお師匠さんの住まいだった1軒屋。
いまにも三味線の音が聞こえてきそうな佇まい。
その二階のギャラリーで田谷直子さんの
陶作品がゆったりと場所を得ていました。



ギャラリー






田谷直子1





田谷直子2





田谷直子4




田谷直子3





毘沙門天

帰りに立ち寄った毘沙門天。

★神楽坂 ラ・ロンダジル■田谷 直子 陶展■の詳細は↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201010/article_15.html










この記事へのコメント

2010年11月12日 09:02
神楽坂、昭和の香りがする上質の文化が残る街!
随分前に、坂の上から、飯田橋へ向かって目線を変えて散歩しました!
ちょっと入った路地に小さな画廊があったり、お香のお店が有ったりとか、魅力的な街ですね♪
田谷直子さんの器、シンプルで、ぽってりとした花器がステキです!
komichi
2010年11月12日 21:19
sasapandaさん。
花街の艶っぽさと、どこか懐かしい昭和の香りの街ですね♪時々この街で展覧会が開かれ、楽しみに散策しています。。小さなバーや、小物屋さんなど・・・歩いていて退屈しない素敵な街ですね。。
田谷さんのうつわは、どこかゆったりとした感じが作り手の雰囲気に似ているような気がします。。
2010年11月15日 22:15
このお宅が小唄のお師匠さん宅なんですね♪
落ち着いた雰囲気ですね。
器も素朴。しっとり溶け込んでます。
神楽坂とは花街なんですね~。
komichi
2010年11月15日 22:47
ハーモニーさん。
こちらのお宅はいかにも小唄のお師匠さんの家らしい佇まいで、こじんまりとしながら粋な感じがしました♪
1階がショップになっていて、2階がギャラリーの素敵な作りでした。神楽坂は今でも小さな料亭なども多く、花街らしい雰囲気の残ったところです。。

この記事へのトラックバック