■牧野 環 日本画展■-忘れずの風-



愛知県在住の日本画家・牧野環氏より
1月18日から日本橋三越本店で開催される
■牧野 環 日本画展■のご案内が届きました。

訪れた北海道や尾瀬での忘れえぬ風景を
描写された、繊細で静けさ漂う作品に出逢えるのを
いまから楽しみにしています。


共に舞う
共に舞う 十五号


■牧野 環 日本画展■-忘れずの風-

2012年1月18日(水)~24日(火)

午前10時-午後7時(最終日は午後4時閉場)

★日本橋三越本店6階美術サロン
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/art/info02.html#16

「忘れずの風」には、これまで出逢い心に響いた風景を
いつまでも残しておきたいという牧野氏の想いが込められています。
三越初となる本展では、繊細な筆致と温かな色彩で描いた新作
20余点を展示いたします。 
                       日本橋三越本店


雪裡の朝
雪裡の朝 八号



よあけ
よあけ 四号



青き春
青き春 六号



★牧野環
http://www.katch.ne.jp/~makino52/
1974年 愛知県に生まれる
2001年 愛知県立芸術大学大学院修了
2004年 愛知県立芸術大学非常勤講師(~2010)
現在  日本美術院院友 NHK文化センター講師


★過去のエントリーから・・
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/df46a81d65.html










この記事へのコメント

木の葉
2012年01月16日 08:09
これはまた、何と繊細な美しい景色の日本画!
日本画の繊細さと季節や自然の美しさは、日本人として誇れます!
以前の屏風画もでした。
描く人の心も反映されてますか。
私が良く思うのは、詩のような気が。
変ですか?
komichi
2012年01月16日 09:52
木の葉さん。
以前から注目をしていた作家さんが、こうして三越のギャラリーで個展をされることは、私もほんとうに嬉しく思っています。
牧野さんの絵から私も詩情を感じています。
そして風の音や空気のにおいも感じられるような気がしています。
2012年01月18日 16:22
優しい優しい日本画。
いろんな方の絵を拝見しますが、やはり、その方の心をも描いている感じがします。
2012年01月18日 19:10
お写真じゃなく、絵画なのですね。
優しくて繊細な絵ですね♪
愛知にお住まいのよう。。地元でも個展など開かれるんでしょうね。
牧野環
2012年01月18日 19:35
いつも取り上げていただき、本当にありがとうございます。

また、せっかくご来場賜りましたのに留守にしてしまい、申し訳ありませんでした。楽しんでいただけましたでしょうか?

寒い日が続きます、ご自愛くださいませ。
komichi
2012年01月18日 21:55
詩音連音さん。
絵画はそれを描く作家の心模様も表現されいるように思います。心をとらえた風景を描くことはなかなか困難なことも多そうですけど・・・
美しい風景画は人の気持ちを優しくするようです。。
komichi
2012年01月18日 22:00
ハーモニーさん。
牧野氏の日本画は繊細な表現で、木の枝の細さや水面のゆらぎなど…その場の空気まで伝わってきました。
関西方面でもたびたび展覧会をされています。
komichi
2012年01月18日 22:08
牧野環さん。
三越での個展開催、おめでとうございます。
会場には牧野さんの世界が静かに展開されていて・・・心地よく過ごすことができました。
正面の《共に舞う》の雰囲気がとても素晴らしくて(額装も含めて)、どんな方があの絵をお連れになったのかと気になりました。
作家の手を離れた絵はこれからどんな旅をするのだろうかと、よけいなことも考えたりしています(笑)。
これから、ますますのご活躍をお祈りしております。
2012年01月19日 05:19
お早うございます(^^)
写実的で綺麗な日本の心を描いた作品(変な感想ですが)
私は時々童話の絵本を写真のヒントにしますが
このような日本画もあるのですね・・。
心が喜ぶ作品ですね(又、変な感想です)。
komichi
2012年01月19日 15:49
あいべんさん。
牧野氏の繊細な日本画は見るものにピュアーな感覚を蘇らせてくれます~♪細やかな筆使いで描かれた風景が静かに佇む美しい世界です。
写真のヒントにもなるかもしれませんね。。

この記事へのトラックバック