★季節の味覚★竹の子



今年は慌ただしくて・・・
やっと出かけた竹の子掘り。

足裏の感触を頼りに探します。
毎年初めて見つけた時は声を上げてしまいます。
新しい命と出会う歓びといただく幸せ。


竹林



竹の子



竹の子ごはん


朝にタケノコご飯、夕に若竹煮・・・
春の味覚を味わいました。


若竹煮




花梨の花


庭の花梨の花も咲きました。


花梨の蕾




静風舎の八重桜

ベランダからはお隣静風舎の八重桜が綺麗です。








この記事へのコメント

こりす
2013年04月21日 06:38
だいぶ筍の話題がでてくる季節になってきましたね。店にも出てるみたい。チビが学校に上がっていつもの公園に行かなくなったので(そこで毎年筍掘りを・・・しに行ってるんじゃないんですが子供が見つけてくるので)すっかり食べなくなりました。でも見ると食べたい~誰か作って~(笑)かりんの花、すごく可愛いですねー、かりんもバラ科なのかしら。かりんの香り大好きなんです♪
白いねこ
2013年04月21日 11:56
今年の春はなにもかも早いような気がします。
竹林便の筍、さぞかし美味しい事と・・ウチは近所の小さな商店が出している自家製の茹で筍を・・いつも筍一本買おうか店先で迷うんですけどね・・。
ベランダから見える景色もそろそろ新緑に埋め尽くされますねー。。
2013年04月21日 14:52
採りたての筍を食べる、いや~なかなかできません。
まさに春の味覚、美味しそうですね。器も素敵だと思います。
花梨の花も可愛らしいですね。ご自分の家で鑑賞できるなんて素晴らしいです。
木の葉
2013年04月21日 17:11
忙しい中、筍堀!
ご自分で、しかも足裏の感触で筍をみつけるんですね!
土に潜ったままの筍は良いらしい!
あくも無いらしい!と聞いただけですけど。。。

筍ごはんも季節を頂くですね!
今年はうちも炊いてみました。意外と好評(笑)
早くからたくさん頂いたので、今年は色々と。
筍のから揚げが一番好評ではありましたけど。。。
煮ものではなく、やはり油ものが好きな男どもなのです。
komichi
2013年04月21日 23:04
こりすさん。
そちらはきっとあちこちに竹の子が出ているでしょうね~♪
こりすさんの所へ竹の子料理(?)をお届けしたいです!
二人の暮らしではすこししか食べないので、新鮮なうちにどなたかに食べてもらいたいです~(笑)。
花梨の花(バラ科)はほんとうに可愛くて…今年こそは実を花梨酒にしたいと思っていますが、あまりの固さにいつも途中でめげています(泣)。。
komichi
2013年04月21日 23:10
白いねこさん。
今年は店頭に竹の子がならぶのもいつもの年よりずっと早かったようで…ちょっと慌てました(笑)。
湿った土からほんの少しだけ穂先を出した竹の子を見つけると宝物のように感じます~!!急いで帰って茹でて柔らかなところはそのまま頂くと、ほのかな香りとほんのりとした甘さが春の訪れを教えてくれます。
たくさんは食べられませんけど、毎年竹の子を食べられる幸せを感謝しています。。
こちらの森も緑が茂ってきました~♪
komichi
2013年04月21日 23:13
ミクミティさん。
春になると待ちかねていたように毎年竹の子掘りに出かけます。土から出たばかりの竹の子には春のエネルギーが満ちているようで…うれしくなってきます~♪
竹の子は昔からの素朴な料理(?)が一番おいしいように感じます~♪
komichi
2013年04月21日 23:18
木の葉さん。
毎年春になるとどうしても食べたくなるのが竹の子です(笑)。
同じ時期に庭のサンショの葉が緑になって…植物はきちんと季節をわきまえているなぁ~と感心しています。。
足裏で見つけたような竹の子は柔らかくて、そのままでも食べられそうです~♪
若い男の人(そしてご主人も)はやはり竹の子を揚げたりしたほうがお好きかも知れませんね。。今年は私も中華なども竹の子で作ってみようかと思っています。。
2013年04月22日 14:05
旬の筍おいしいですよね。
そちらでは土から頭が出てる筍を掘るのですか?
京都では土から頭を出す前の筍を掘っています。
私には無理ですが少し土が盛り上がった場所を
農家の方上手に掘っていますよ。
私がやらせてもらうと筍にグサッと鍬が入ってしまいます(笑)。
komichi
2013年04月22日 16:54
あいべんさん。
堀立ての筍はおいしいですね~♪
私は、長靴で土をなぞって捜します
農家の人はもっと上手に掘るのでしょうが・・・
穂先のでている筍もおいしくいただいています~♪

この記事へのトラックバック