■田谷直子 陶展■立川・H.works



陶芸作家・田谷直子さんより
6月15日から立川のH.worksで始まる
陶展のお便りをいただきました。

今回は瑠璃釉に花文様入りのうつわも
揃うとか・・・
楽しみに伺おうと思っています。



田谷直子


■田谷直子 陶展■

2013年6月15日(土)-22日(土)

会期中無休
★作家在店日:15(土)・16(日)・17(月)

★H.works
http://www.h-works04.com/
〒190-0022東京都立川市錦町1-5-6 
サンパークビル202(2F)
TEL/FAX 042-521-2721
休:日・月
OPEN am11:00-pm19:00
h_works04@ybb.ne.jp


シュンラン、ネジバナ、バイモユリ。
ショウブ、チゴユり、シュウカイドウ・・・
田谷さんの口から次々にあげられた花の名。
身近で目にするそれらを草花文にし、
線刻したと言うお皿をご用意下さるとの事。
灰釉にルリ釉、そしてはちみつ色の焼物。
田谷さんが表現する様々な手には、
愛でる自然の投影が感じられます。
健やかな造形と穏やかな表情、そして
道具としての役割もしっかり背負う器です。


★田谷直子(たやなおこ)
1973年 神奈川県生まれ
1997年 明星大学日本文化学部
    生活芸術学科 陶芸専攻
    研究生 修了
同年より 神奈川県相模原市にて、
       陶芸を始める。

▼田谷直子さんの過去の記事から…
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/b0ed4e42d7.html

▼H.worksへのアクセス
map




★展覧会から・・・

田谷直子a
田谷直子b






この記事へのコメント

2013年06月12日 14:54
写真人目見て感じるものがありました・・。
もの凄く存在感を感じ陶器でなく写真にほれ込んだ・・(^^)。
あの位地あの角度・・あの場所・・・。
全てに魅了させられました(^^)。

御免なさいね本当はお皿に感動しなければ駄目なのに・・
写真の陶器に感動してます(^^)。
komichi
2013年06月12日 21:45
あいべんさん。
私もこの案内葉書の画像に魅了されました~♪
田谷さんの瑠璃釉(ルリユウ)のお皿にぴったりの角度と色合いを定めた視点が美しく…どなたが撮影したのだろうと想像しています。
こういう案内状だと展覧会を観る期待もふくらみます~♪
木の葉
2013年06月13日 09:46
本当に!
私も写真の何とも言えない色合いと、皿の置き加減が好きです!
こういう事一つが人の気持ちを動かすことに繋がるんですね。
写真家さんのお仕事を褒めたいと思います~(笑)
2013年06月13日 12:01
梅雨時なのに暑い日が続きますねー、そちらは如何ですか♪

田谷さんの器は選ぶ側にとって迷いなく選べそう・・これはあれを盛って、あれは熱いお番茶を・・と、使い勝手がよさそう、日々使ってこその器ですね。
瑠璃釉というにはあまりに深い色合い・・3寸程のお皿でしょうか♪
komichi
2013年06月13日 21:36
木の葉さん。
いい器があって、それを美しい写真に納められると、綺麗ですね♪印刷物は届いた相手に好感を持ってもらって、いい役目を果たすものですから大切ですね。。
以前小さなデザイン会社をやっていて…
いつもそのことを心掛けていました。。
komichi
2013年06月13日 21:41
白いねこさん。
こちらは昨日からやっと梅雨らしい雨が降り続けています。庭の芝生もほっと一息ついたように見えます~(笑)。
田谷さんのうつわはご自身も使ってみて手になじむものを制作されているので、使いやすいものが多く、出番も多くなります。。
暮らしの中で静かな佇まいのうつわは心も胃袋も和みます~♪

この記事へのトラックバック