■PARIS オートクチュール展■世界に一つだけの服



小雨降る午後
現在■PARIS オートクチュール展■開催中の
丸の内・三菱一号館美術館へ。

2013年、パリで開催され好評を博した企画展を
再構成して行われているオートクチュール展。

服のデザインイメージに合わせた
パリの服職人の技術に基づいた誇りがうかがわれる
あまりにも美しい刺繡やカッティングにため息。

次々と生まれる天才デザイナーたちの想いと
たった一枚の服に全身を捧げる人たちの手仕事が
結実したオートクチュールはアート作品。

服そのもののもつ美の力を感じた展覧会。

日本の伝統、着物や帯にも思いをはせたひと時。


三菱一号館美術館1


ポスター

■PARIS オートクチュール展■世界に一つだけの服

2016年3月4日(金)→5月22日(日)


10:00→18:00
☆祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで。
休館日:月曜日(祝日と5月2日、5月16日は開館)

三菱一号館美術館

東京都千代田区丸の内2-6-2
03-5777-8600(ハローダイヤル)

★公式サイト
http://mimt.jp/paris-hc/

「19世紀後半のパリで誕生したオートクチュール(Haute)=「高い」「高級」・Couture=[
「縫製」「仕立て」の意)は、パリ・クチュール組合の承認する数少ないブランドにより、顧客の注文に合わせてデザイナー主導で仕立てる高級服として知られています。
本展は、オートクチュールの始まりから現代に至る歴史を概観するもので、パリ・モードの殿堂ーガリエラ宮パリ市立モード美術館館長オリヴィエ・サイヤール氏監修のもと、2013年にパリ市庁舎で開催され、好評を博した展覧会を当館に合わせ再構成されたものです。シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、ジヴァンシィ、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルティエ、クリスチャン・ラクロア、アライアらが生み出してきた時代を映し出す美しいシルエットの数々、刺?・羽根細工・コサージュなど脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技を、ドレス、小物、デザイン画、写真など合わせておよそ130点によりご紹介します。」

第Ⅰ章:オートクチュールの発明19世紀
第Ⅱ章:コルセットの終焉から「狂乱の時代」のジュエル・ドレスまで1990-1929
第Ⅲ章:贅沢なエレガンス
第Ⅳ章:オートクチュール、40年代のファッション写真
第Ⅴ章:技巧を凝らすテーラリングと50年代のファッション写真
第Ⅵ章:クリスチャン・ディオールの影響とニュー・ルックの登場
第Ⅶ章:オートクチュールと60年代の再生
第Ⅷ章:オートクチュールの現在


クリスチャン・ラクロワ イヴニング・アンサンブル 《クー・ド・ルーリ》
クリスチャン・ラクロワ《クー・ド・ルーリ》
1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


クリスチャン・ディオール イヴニング・ドレス《パルミール》
クリスチャン・ディオール《パルミール》
1952年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


ジェローム イヴニング・ドレス《楽園》
ジェローム イヴニング・ドレス《楽園》
1925年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com

バレンシアガ イヴニング・ドレス 
バレンシアガ イヴニング・ドレス 
1951年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


ウォルト イヴニング・ケープ 
ウォルト イヴニング・ケープ 1898-1900年頃 
ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


スキャパレリ イヴニング・グローブ《爪》
スキャパレリ イヴニング・グローブ《爪》
1936年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


会場のインテリアも見どころのひとつ

三菱一号館美術館3


三菱一号館美術館2



三菱一号館中庭2
3F通路の窓から眺めた中庭


三菱一号館中庭
中庭から・・・






この記事へのコメント

2016年03月12日 06:55
おはようございます。
無粋な私には無縁の世界ですが・・・
着る衣装が見せる衣装に・・。
まさに芸術の世界ですね(^^)。

寒い朝ですが快晴を思わす空です~~。
2016年03月12日 13:10
今日は、オートクチュールの世界、奥が深いですね。芸術の都パリ、デザイナー達が夢をかけて、新作に挑むところ。スキャパレリ イヴニング・グローブ《爪》なんか斬新な手袋ですね。
ハーモニー
2016年03月12日 21:32
とても個性的な服ですね♪
コーラスのステージで着るとしたら、私は2番目の刺繍のドレスが良いかな。
3番目の服は都会を颯爽と?歩きたいです~。
komichi
2016年03月12日 22:21
ハーモニーさん、こんばんは!
2番目のドレスはディオールらしいシルエットでエレガントですね~♪3番目のドレスはチャールストンがきこえてきそうな1920年代らしいデザインですね~☆
ドレス1着で家が一軒建ってしまうかもしれませんけど~(笑)。
かつて、パリでの撮影でパコ・ラバンヌの金属のオートクチュールロングドレスを使ったことがありましたけど、さすがオートクチュールとうなりました~☆
Komichi
2016年03月13日 09:56
あいべんさん、おはようございます!
コメントありがとうございました。
昨夜の書き込みが反映されずごめんなさい~。
オートクチュールは着るアート作品ですね~☆
贅と匠の技、デザイナーの感覚とが一体となった凄いものです~!
こうして目の前でみることができて幸せです~☆
Komichi
2016年03月13日 10:09
おっちょこタカナさん、おはようございます!
日本の着物の歴史と同じように、長い歴史のある洋服の世界、その最高峰がオートクチュール。着る宝石のようなものでしょうね~☆
まだまだ洋服の歴史の浅い日本は学ぶべきこともたくさんあるような気がしました~☆
コメントくださってありがとうございました。
2016年03月13日 21:20
PARIS オートクチュール展、そういう展覧会もあるのですね。
そもそも男の私としては非常に縁遠いものです。
ただ、幾つか写真を拝見するだけで、確かに上品さとデザインセンスの合わせ技のようなお召し物と思えます。やっぱり、芸術なんだと感じます。一流のファッションデザイナーは芸術家でもあるのですね。
ちょっと妻には見せたくない企画展ですが。
komichi
2016年03月13日 21:51
ミクミティさん、こんばんは!
19世紀後半から始まったオートクチュールの歴史、一時はプレタポルテ(高級既製服)に押され店を閉じたところもありましたが、今また手仕事のすばらしさに拍手を受けている感じです。
デザイナーも予算を心配せずいいものをふんだんに使って最高のものを作ろうと意欲を沸かせる仕事です。
プレタポルテでも上下で100万円を超えるものが多いのでオートクチュールになるとその10倍以上になることも多く、世界の富豪たちの注文が多くなるようです。
能の衣装を拝見しているような気分にもなりました~(笑)。
2016年03月15日 07:56
母たちの時代は 上の学校へ行くよりも和裁や洋裁が出来ないと話にならない…ッと云われてたそうです。
嫁入り道具にお着物をおじいちゃんおばあちゃんに用意してもらい、それを自分で縫ってきたと。
時々タンスを開けてそォ説明してくれます。
仕立ては高級ではなくとも手縫いでお着物は高級。
充分オートクチュールと言えるかもです。
写真から日本の浮世絵や刺繍や色彩感覚、やはり日本の影響がホンの少しですが確かに見えてきます。
komichi
2016年03月15日 22:08
おーちゃんさん、こんばんは!
そうですね~。
私の母も簡単なものなら子供たちの洋服を作っていましたし、義母は和裁が上手く、仕立ての仕事もしていました。
私の子供の浴衣なども縫ってもらっていました~。
嫁入りに自分で縫った着物をもって行くのは、ほんとうに素敵なことですね~☆私は自分で着物を縫えないので、絵柄を決めたりしていました。
日本の着物はひとつひとつ手縫いの、それこそオートクチュールのようなものですね~☆
京の方の和タンスの中をのぞいてみたいです~☆
2016年03月16日 19:35
こんばんは!
この展覧会の事を知った時、komichiさんは行くだろうなあ~と(^^)
思いました♪
オートクチュールの一点物は芸術作品の様ですね!
会場が三菱一号館というのも、雰囲気ピッタリだったのではないですか?
贅沢な気分を少し楽しませていただきました♪
komichi
2016年03月16日 23:12
sasapandaさん、こんばんは!
そうなんです~(笑)。この展覧会のリーフレットを見たときから、行こうと決めていました~♪
三菱一号館美術館とこの展覧会のマッチングも見事ですし、ファッション誌で知っていたコレクションもあったり・・・とても勉強になりました~☆世界でたった一つ、デザイナーの才能と職人の技との結晶が貴重で素晴らしいです~☆
ちょっと能衣装の鑑賞に似た気分にもなりました~。
2016年03月18日 17:19
三菱一号館美術館は、いつも
復元された建物の雰囲気や時代に
合わせた特別展を開催するので、
建物が生かされてますね。
komichi
2016年03月18日 22:08
yasuhikoさん、こんばんは!
オートクチュール展にふさわしい三菱一号館美術館ですね~☆この展覧会をするのだったら他には庭園美術館くらいでしょうか~。
ファッション、それもオートクチュールとなればそれなりの歴史と雰囲気が欲しいですから、三菱一号館美術館はぴったりですね。

この記事へのトラックバック