川久保玲 ■コム デ ギャルソン■間の技■メトロポリタン美術館から



私の人生の恩人
川久保玲さんの個展を現在開催中の
ニューヨーク・メトロポリタン美術館へ。

毎年、仕事で通っていた頃から
何十年ぶりかのニューヨーク一人旅
JFKからホテルにチェックインしてその足で
展覧会へ。

コム・デ・ギャルソンのデザイナーで
オーナーでもある川久保玲さん。
現役でメトロポリタンでの展覧会を
過去に開催したのはイブ・サンローランのみ。

常に革新の人
誰も行かない道を模索し
クリエーションを展開。
47年前の出会いから変わらぬ努力に
尊敬の想い。

説明やタイトルを付けない彼女らしい
150点あまりの過去に発表された作品展示に
感慨深く感動した日。

画像
メトロポリタン美術館

川久保玲 ■ コム デ ギャルソン ■間の技

Rei Kawakubo / Comme des Garcons: Art of the In-Between

2017年5月4日(木)~9月4日(月)

画像


★The Costume Institute, The Metropolitan Museum of Art
The Met Fifth Avenue< Iris and B. Gerald Cantor Exhibition Hall, Floor 2
metmuseum.org


★キュレーター、アンドリュー・ボルトンのインタビューから
川久保玲はキャリアの初期からずっとフォローし続けているデザイナーで、現代のファッションの世界において最も重要で影響力を持つデザイナーの一人です。彼女の生み出す作品はファッションの領域を超え、アートや建築、演劇などのすべての芸術にも影響力をもたらす素養を持っています。従来の美や肉体の観念に対して常に問いかけ、向き合い、ある時は客観的に、またある時は主観的にというように、異なるアプローチでファッションを捉え表現しています。
彼女の仕事は何もない「無」の状態からクリエーションを提示している点が他のデザイナーとは大きく異なります。毎シーズン新しいものを作り出し、見るものの視点を毎回変えてくれることができるとても稀なデザイナーであり、メットのようなアートの文脈に重きを置く美術館においても単独で展覧会を開催できるストーリーを持った数少ないデザイナーの一人なのです。現代のファッションにおける影響力を考えると、彼女をテーマにすることはとても自然な流れだったと言えますね。

★メトロポリタン美術館
http://www.metmuseum.org/


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像




画像




画像
左:キュレーター、アンドリュー・ボルトン
右:川久保玲さん



夕食をニューヨークの仕事で長年お世話になっていた
黒岩久美さんとモマ美術館近くのイタリアンレストランへ。

再会の乾杯!

画像



画像



この旅にカメラを忘れ
タブレットと携帯のみの画像になり残念。







この記事へのコメント

sasapanda
2017年05月30日 10:44
おはようございます!
komichさんニューヨークへ飛んだのですね!
お写真拝見しても全く古さを感じない
アバンギャルドな作品の数々、川久保玲さんの自由で柔らかな心
感じます。
メットも粋な企画を実現させましたね!
アカデミックなイメージがあったので!
カメラをお忘れになったとか!
komichさんの興奮が伝わってきました!
komichi
2017年05月30日 22:45
sasapandaさん、こんばんは!
かつて川久保さんはスタイリストで、デザイナーに専念するため彼女から突然バトンを受け取りスタイリストになった私ですので、この展覧会は彼女のこれまでの足跡を確認するような気持ちで深い感慨をもって眺めました。
日本での評価より海外での評価の高い川久保さんの不屈の精神と努力から沸き起こるクリエーションに感動しました!
肝心な時にカメラを忘れショックでしたが、写真を撮ることより見ることが大事と心を切り替え、短いニューヨーク滞在を楽しみました。
木の葉
2017年05月31日 06:34
おはようございます!
川久保さんのためにニューヨークへお出かけされたんですね!
いや~、これも凄い事です!
カメラを忘れたのは、凄いショックだったことでしょう、私にも分かる気がします(笑)
作品たちが凄すぎます。長年携われば携わるほど、難しい事なのではないかと思います。年齢を重ねて更には、誰にでも出来る事でもないと。
芸術家! 果てしなく、これからも現実のものにされて行かれるんですね。
Komichiさんもパワフル、生きてる世界は違いますが、似てますよね。
2017年05月31日 11:39
この行動力がkomichiさんの人生支えてる気がしますね。
桁違いの行動力でニューヨークまで飛ぶのですから(^^)。
素晴らしい・羨ましいの一言です(^^)。
komichi
2017年05月31日 22:07
木の葉さん、こんばんは!
この展覧会だけは行こうと決めて、母の世話やヨガレッスンのスケジュールの隙間をぬって出かけました~☆
カメラを忘れたことを飛行場に向かう電車の中で気が付きましたが間に合わないので諦めました~(泣)。
私はずっと彼女のショーをチェックしていたので、全く違和感なかったのですが…これだけ同時に展示されると迫力がありました!
川久保さんの人生をかけたクリエーションに会場の人たちから感嘆の声が聞こえてきました~♪彼女の夢の結実をこの目で見たような気がして幸せでした~☆
川久保さんも現役で活躍中ですから、私も出来る限り多くのものを吸収したいなぁ~と思っています~☆
komichi
2017年05月31日 22:13
あいべんさん、こんばんは!
いつまで出来るかわかりませんけど
自分の想いの場所に行けるうちは行って
しっかりと眺めたいと思っています~☆
さすがに片道13時間のフライトは結構疲れました~(笑)。
2017年06月01日 23:34
お世話になった方を訪ね、ニューヨークへ一人旅。
さすが、komichiさんです~♪
異色とも思われる川久保さんの作品、信念を貫いてらっしゃるのでしょうね。男性のスーツ、個性的で面白い♪
素敵な再会でしたね☆
カメラをお忘れになったとか。それは残念!
komichi
2017年06月02日 13:44
ハーモニーさん、こんにちは!
今も現役を続けて精力的な創作活動をしている
川久保玲さんへの畏敬の念を込めてこの展覧会を
じっくり眺めました~☆
唯一無二の衣服を創り上げることの凄さに脱帽です!
私が出逢ったころから不断の努力を続けた彼女の
生き方そのもののような展覧会で感慨深かったです。
2017年06月02日 21:51
メトロポリタン美術館で、
個展を開催するなんて凄い事ですね。
予定をキャンセルし、取るものも
取りあえず(カメラも?)、NYに駆けつけた
komichiさんの行動力にも乾杯です。
komichi
2017年06月02日 22:14
yasuhikoさん、こんばんは!
メトロポリタン主催でこうして
展覧会を開催されることになるとは・・・
私が川久保さんに出会ったころには想像していませんでした。
自らのクリエーションを追求し続けている彼女だから
成し遂げられたことだと尊敬しています。
スケジュールの隙間をぬってのあわただしい旅となりましたがいい経験になりました~♪

この記事へのトラックバック