■夏のコットン&葦・竹 展 ■あきる野・真木テキスタイル



以前から行ってみたいと願っていた
真木テキスタイル。
その東京あきる野の竹林にある
古民家ショップで現在開催されている
■夏のコットン&葦・竹■展へ。

素材や糸を探し
その糸を使って機織りした
サンプルから繊細で空気をまとうような
布へ…気の遠くなるような工程を経て
目の前にあらわれた衣(ころも)は
端正な姿。

竹林の古民家とともに
呼吸しているような布にやすらぐ。

画像


夏のコットン&葦・竹■展

画像


2017/7/1(土)~7/7(金)

11:00—18:00 期間中無休

竹林Shop・東京あきる野

★真木テキスタイルサイト
http://www.itoito.jp/index.html


インドは木綿のふるさと。カディやマンガルギリなど、インド手織綿の生地は、夏場、私たちにとって欠くことのできない衣料素材です。
Makiのカディのカディが織られているのは北インド。工房から車で4時間ほどの隣州、のどかな田園地帯です。主に州内産の綿花から手動で紡がれ、手織されます。サラッとした柔らかさが魅力です。春から秋口まで長く楽しめます。
マンガルギリは南インドの手織木綿。酷暑の首都デリーでも「サウス・コットン」と呼ばれ珍重されている極薄地です。しなやかで涼味絶佳、夏には手放せない素材です。
毎年夏になると竹林shopでご紹介していますが、今回は特に、昨夏から企画を開始し、例年になく豊かな「布揃え」、「衣揃え」になっています。各種反物も充実!!
また、ガンジス川にほど近い村で手作りされた葦のスツール「ムラ」、ヒマラヤ山村で編まれた竹カゴも.
ラケッシュのランチやtocoroの珈琲、サモサや紙芝居なども併せ、初夏の一日を竹林でお楽しみください。


画像



画像



画像



画像




画像




画像



画像
竹林を眺めながらのお茶も心地よい





画像
★真木テキスタイル・竹林ショップ
http://www.itoito.jp/shop/access.html
東京都あきる野市留原704
TEL:042-595-1534

画像







この記事へのコメント

木の葉
2017年07月05日 15:56
こんにちは!
都会には素敵なものがたくさん!
夏のコットン、本当に涼しそうな布で、織も美しくてお洒落です。
こういうものを手に取ることも無い場所に住んでる事を残念に思う私です(笑)
年々暑くなるので、涼しい布の服が一番ではないかと最近思います。
まぁ似てるだけでも我慢して、探してみようかと(笑)
komichi
2017年07月05日 21:57
木の葉さん、こんばんは!
ファストファッションの多い中、こうした糸から作り上げた布を丁寧に織り、仕立てた衣のもつ美しさにうっとりしました~♪
今年の夏も暑そうで、こんな涼やかな衣装で過ごしたいなぁ~と思っています~☆

そちら、台風は大丈夫でしょうか~。
2017年07月06日 06:50
ずっと以前から行ってみたい、真木テキスタイルです。
素敵な写真とともにのご紹介、わくわく眺めました。
優しい草木染の色もいいですね。
こういった布からの服で過ごすのもいいなあと改めて思います。
komichi
2017年07月07日 21:48
うららさん、こんばんは!
こちらの真木テキスタイルは我が家から車で40分くらいのところにありました。竹林を持つ素敵な雰囲気の中、丁寧に作られた夏服やショールなど…ファストファッションも便利ですけど、ゆっくり時間と手間をかけた衣に身を包む幸せを感じました~☆
sasapanda
2017年07月08日 01:18
こんばんは!
昔、この近辺で藍染工房を訪ねたことが有ります!
水が好いのかもしれないですね!
ファストファッション、どんと来いのsasapandaですが、(^^)
ショールの色合いに目が釘付け!
微妙な雰囲気の色彩が良いですね♪
komichi
2017年07月08日 09:01
sasapandaさん、おはようございます!
私はあきる野は初めてでしたが静かないいところでした~♪きっと水もいいんでしょうね~☆私もよくファストファッションも着ていますけど、こちらの手織りの布地で作られた物語をかんじられる衣を着てみたいと思っています~。
今回は手紡ぎ手織りのショールをひとつ持ち帰りました~☆
2017年07月08日 15:10
何て涼し気で、柔らかそうな
感触の夏のコットン!
目に心地よいというのは、
こういう事を言うんでしょうか。
竹林の古民家という環境もぴったりですね。
komichi
2017年07月08日 21:30
yasuhikoさん、こんばんは!
こちらの夏のコットンの洋服は着ても涼やか
見た目にも心地のいいものだろうと思います~☆
私は手作りの持つあまりの武骨さは好きになれませんけど、こちらの衣のような繊細な感じのものは袖を通してみたくなります~♪

この記事へのトラックバック