2018年■夏の保養・第14回うえるかむ!しのばらんど■開催



東日本の大震災・福島原発事故から7年
今年の夏も福島の子どもたちを藤野に招き
自然の中で思いっきり遊び、
ゆっくり過ごしてもらう保養活動が第14回目、
7月26日から30日まで4泊5日で行われます。

毎年、たくさんのボランティアさんたちの協力で
美味しい食事やさまざまなサービスが提供されています。

私も毎年、ヨガレッスン料から
支援の寄付をさせていただき見守っています。

画像


2018年■夏の保養・第14回うえるかむ!しのばらんど■開催

☆2018年7月26日(木)~30日(月)4泊5日

篠原の里センター(神奈川県相模原市緑区牧野2881)

http://www.ops.dti.ne.jp/~shinoba/

☆対象:福島県内の放射線量の高い地域に暮らす0歳~中学生までの子どもをもつ家族

☆募集人数:23人


昨年の画像から・・・

画像
川遊び


画像



画像
ブルーベリー摘み


画像



画像
一芸披露・・・





画像


こちらの相模湖リフレッシュセンターで
月に二回のヨガレッスンを始めてちょうど7年
今は週に2,3回のヨガクラスに・・・
18歳から88歳の方まで
たくさんの生徒さんに恵まれしあわせ。







この記事へのコメント

木の葉
2018年07月12日 14:52
 こんにちは!
14回を迎えるんですね!
迎える側のお世話も大変な事ですが、素晴らしいと思います。

ヨガ教室、これも7年なんですね!
年齢幅があるのもいいですね。お年寄りだけだと、ちょっと残念感があると私は思います~(笑)
2018年07月14日 12:07
7年間、14回にも及び、
福島の子供たち相手の活動を
継続されてる事に、尊敬の念を抱きます。
ジャンプして飛び込んだり、水遊びする
子供たちの姿が生き生きしてますね。
2018年07月14日 12:11
そうですか、「うえるかむ!しのばらんど」は素晴らしいイベントですね。もう14回目、非常に強い意思が無いと継続できませんよね。団結力のある藤野の人達に頭が下がります。
ヨガレッスンも素晴らしいです。沢山の生徒さんに教えていらっしゃるのが凄いなと思います。
komichi
2018年07月14日 22:21
木ノ葉さん、こんばんは!
そうなんです~!もう14回にこの企画もなっています。
たくさんのボランティアの人たちが次々に手助けに入り、成り立っています。

ヨガレッスンも最初は友人から頼まれてお教えしていただけだったのですが…いつの間にか45名ほどの生徒さんと一緒に、いまはヨガに励んでいます。ちょうど東日本大震災のこの活動と一緒に歩んでいるような気持ちです。
komichi
2018年07月14日 22:27
yasuhikoさん、こんばんは!
藤野の人たちはいい意味おせっかいで、困っていたらすぐ助けに行く感じで日々を暮らしていますから続いているのだろうと思いますが、最初の頃の行政からの助成などは、もうほとんどなくて…なんとか頑張っているところです。
私もこの活動が続く限り援助させていただこうと思っています。
komichi
2018年07月14日 22:32
ミクミティさん、こんばんは!
もう遠い昔のように忘れてしまっている人も多い中、福島の放射線量の多い地域では、自然の中で駆けずり回るような遊びがまだ限られているようで、藤野の夏を大いに楽しんでもらいたいと継続されています。
仕事を引退してから始めたヨガを教えるようになるとは…思ってもいませんでした~!自分はヨガにこうして運ばれているような気もしています~☆

この記事へのトラックバック