芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■Luv. ROCCO■星野正樹写真展

<<   作成日時 : 2018/10/23 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2



小雨模様の午後
ファッションクリエーター・伊藤佐智子さんより届いた
メッセージからパートナーの星野氏と
11年がかりで制作されたという
■Luv. ROCCO■星野正樹写真集。
その写真展を開催されている
渋谷・松濤のギャラリーTOMへ。

会期後半の会場には平日でも
次々に見学者の途切れなく
在廊されている星野正樹さんと
談笑される姿が印象的

病を得た星野氏と
一匹の猫・ ROCCOの出会いから始まった
写真を通して知らされる深い絆

可愛いだけの猫写真とは一線を画した
真剣勝負の写真展

画像


■Luv. ROCCO■星野正樹写真展

2018/10/6Sat.-10/20Sat.

開館時間:13:00-19:30
  
一般500円 小中学生200円
視覚障害者及付添い各300円


Luv. ROCCO
演出と虚構と現実のはざまで生み出された、愛猫との奇跡の写真

難病を宣告された、演劇プロデューサーの前に現れた猫ROCCO(ロッコ)。出会いから1年ほど経ったあるとき著者は、優れた役者に出会ったときに感じる独特な感覚をROCCOに見出していく。その日を境に、動かなくなる体に鞭打ち、猫を役者に見立てた撮影がはじまった。アングルやライティングに緻密な計算を加え、奔放に動くROCCOを追いかけるそれは、まるでセッションのような時間となっていく…。3年間の攻防を経て生まれた、深遠なる奇跡の世界がここに。

★星野正樹( ほしの・まさき)
演劇プロデューサーとして第一線で活躍。1990年、パーキンソン病の宣告を受ける。主なプロデュース作品は、「双頭の鷲」、「海神別荘」、「スウィート・チャリティー」など他多数。

関連展示
2018年12月5日⇒13日Chez Bobes(フランス・パリ)

画像


画像



画像
Luv. ROCCO
著:星野正樹
判型:B5変
総頁:92頁
製本:並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86152-697-8 C0072
出版社:叶ツ幻舎
www.seigensha.com
tel:03-6262-3420


画像
ギャラリーTOM
https://www.gallerytom.co.jp
盲人 (視覚障害者)が彫刻に触って鑑賞できる場所として村山亜土(故)・治江によって1984年に創設された私立の小さな美術館です。
画像
階段横の柱につけられたプレート

〒150-0046東京都渋谷区松涛2-11-1
電話:03- 3467-8102 
祝日を除く月曜日、年末年始は休館
開館:11:00-18:00
画像


渋谷駅から徒歩15分。
井の頭線・神泉駅より徒歩7分、
渋谷区立松涛美術館から西へ150m先の信号のある交差点の角にあります。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まるで舞台を思わせるような
照明の当て方。登場人物…いえ、猫の
個性を際立たせる演出は、やっぱり
演劇方面で活躍された方なんだなぁと
思わせるものがあります。ギャラリーTOMは、
鍋島公園のすぐ近くなんですね。気付きませんでした。
yasuhiko
2018/10/27 12:57
yasuhikoさん、こんばんは!
会場で星野正樹氏とすこしお話をしました。
その時、「自分の常に震えるからだと動く猫とが一瞬のタイミングで合った時にシャッターが切れる…」と話していました。
ギャラリーTOMは視覚障害の人にもアートを味わってもらえる場所としてもオープンしたギャラリーで、階段わきのプレートに見入りました。
演劇的な視点で撮影をされているようで、力のある写真展でした。
komichi
2018/10/27 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
■Luv. ROCCO■星野正樹写真展 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる