芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■岩崎家のお雛さまと御所人形■〜桐村喜世美氏所蔵品受贈記念〜

<<   作成日時 : 2019/01/30 00:11   >>

トラックバック 0 / コメント 4



日曜日の午後
世田谷の丘の上、岡本にある
静嘉堂文庫美術館で1月29日から始まる
■岩崎家のお雛さまと御所人形■展の
ブロガー内覧会へ。

戦後、岩崎家から散逸した美術工芸品の雛人形を
京都の桐村喜代美氏によって段飾りの雛人形すべてと
道具類のほとんどが収集され、2018年に岩崎家ゆかりの
静嘉堂に寄贈され、本来あるべき場所でお披露目。

まず驚くのはその大きさ。
そして、お顔。
いつも見慣れているお雛さまは大人顔、
こちらのお雛さまは幼子のお顔。
現在の金額で2億円ともいわれる制作費。

当時の素晴らしい匠の技と染織技術に基づいた
工芸美の粋が集められて、ため息。

「おかえりなさい」の言葉に実感がこもります。

画像


■岩崎家のお雛さまと御所人形■〜桐村喜世美氏所蔵品受贈記念〜

2019年1月29日(火)〜3月24日(日)
月曜日休館(但し、2月11日は開館)2月12日(火)

10:00〜16:30

静嘉堂文庫美術館

丸く愛らしい顔立ちに品格のただよう、幼児の姿をした内裏雛(だいりびな)をはじめ、子供仕立てに作られたお雛さま(稚児雛(ちごびな))は、昭和初期、三菱第4代社長の岩ア小彌太(1879-1945)が、夫人孝子のために、京人形司の老舗?「丸平大木人形店」の五世大木平藏に、特別に誂えさせたものです。豪華な装束の織りや染め、刺?、金工など、精緻を尽くした工芸美が随所に見られるこの雛人形は、戦後ひとたび散逸しましたが、桐村喜世美(きりむらきよみ)氏(茂照庵(もしょうあん)・京都福知山市)により、段飾りの雛人形15体すべてと道具類の多くが集められ、2018年、岩ア家ゆかりの静嘉堂に寄贈されました。
本展は、この「岩ア家雛人形」とともに、武者人形や犬筥(いぬばこ)など人形の優品が多数、静嘉堂に寄贈されたことを記念し、感謝をこめて開催するものです。
また五世大木平藏の傑作とうたわれる、小彌太の還暦祝いに孝子夫人から贈られた、58体からなる日本の童子や唐子たち、七福神の寿ぐ「木彫彩色御所人形」も、一堂に並びます。
喜びの表情にあふれるかわいらしい人形たちの姿を、静嘉堂庭園の梅の季節にどうぞお楽しみ下さい。

画像
車でお庭の坂道を上って静嘉堂文庫へ。

画像
西日を受けた静嘉堂文庫(元岩崎家の書庫)


画像
人形玩具研究家:林直輝氏(中央)
静嘉堂文庫美術館・主任学芸員:長谷川祥子氏(右)
ナビゲーター:青い日記帳:Tak氏(左)によるトークショー


★会場から・・・
画像


画像
五世大木平蔵製「岩崎家雛人形」内裏雛(稚児雛)
画像


画像
三人官女
画像
画像


五人囃子
画像
画像



随身
画像



仕丁
画像


お道具
画像
画像
画像
画像



岩崎小彌太の還暦祝いに妻から贈られた
木彫彩色御所人形の一群の質、量ともに驚愕

画像


画像
画像
画像
画像



画像
製作時の下絵も展示されています。


画像



観終えて2階ロビーの窓から眺めた夕暮れの富士も奇麗〜☆




画像
★静嘉堂文庫美術館
http://www.seikado.or.jp/
〒157-0076
東京都世田谷区岡本2-23-1
03-5777-8600






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
まあるいお顔で微笑むお雛様って初めて見ました!
というか、たたずまいも初めて拝見する上品さですね!
御所人形も愛らしい!
岩崎家の人々の審美眼は素晴らしいですね♪
実物に合いに行きたくなります!
sasapanda
2019/01/31 21:39
sasapandaさん、こんばんは!
こちらのお雛様は、お顔が童顔のまるく優しい雰囲気でした!
衣装なども凝ったもので、しみじみ眺めました〜☆
岩崎家の財力もさることながら、岩崎弥太郎夫妻のセンスとご夫妻の中の良さがこうしたものを残せたのだと思いました。
いったんは散逸したお雛さまを巨額を投じて買い戻された桐村喜代美氏も素晴らしく、こうして岩崎ゆかりの美術館に寄贈されるとは、あっぱれなこととお目にかかったこともないですけど尊敬します。
komichi
2019/01/31 22:36
昨日の夕刊で、この展覧会の事を
知りました。岩崎家ゆかりの
静嘉堂文庫美術館で、こんな可愛らしい
お雛様の数々が楽しめるのは嬉しいですね。
木彫彩色御所人形にもびっくり。
みんなウサギの面を付けて踊ってるんですか。
何やら楽しげな雰囲気が伝わって来ます。
yasuhiko
2019/02/01 17:34
yasuhikoさん、こんばんは!
静嘉堂文庫美術館は世田谷の丘の上にあって
とてもいい環境ですね〜☆
2018年に寄贈されて、今回こちらの美術館で
展示、なんと幸せなお雛さまでしょう〜♪
まあるいお顔のやさしい表情で和みました。
御所人形群も見事で驚きました!
注文から完成まで何年かを経てお祝いしあう
素敵なご夫婦だったようです〜☆
komichi
2019/02/01 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■岩崎家のお雛さまと御所人形■〜桐村喜世美氏所蔵品受贈記念〜 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる