■ヨーゼフ・ボイスは挑発する■吉祥寺アップリンク



一部作品の入れ替わった
後期展示「新・北斎展」を観た後
吉祥寺パルコ地下2階アップリンクで
映画「ヨーゼフ・ボイスは挑発する」
を観る。

1991年東京・ワタリウム美術館で開催された
■Joseph Beuys 展■で初めて彼の作品に触れ
カーキ色のフエルト作品にただ惹かれたこと。

そんな記憶から観たこのドキュメンタリー映画は
衝撃的で彼の哲学の深さに初めて気付き
資本主義の崩壊を予測した彼の言葉におどろく。

画像


画像


画像


画像


■ヨーゼフ・ボイスは挑発する■吉祥寺アップリンク

第2次世界大戦後のドイツで「社会を彫刻する」ことを掲げて活動した芸術家ヨーゼフ・ボイスの人生を追ったドキュメンタリー。前衛芸術運動「フルクサス」にも参加し、脂やフェルトを使った彫刻やパフォーマンスなどを発表したボイス。その作品は美術館を飛び出し、観客と対話することで、誰もが社会の形成のプロセスに加わるべきだと訴えかける。既存の芸術概念を拡張するボイスの思想は、世界中にセンセーションを巻き起こし、バンクシーを始めとする現在のアーティストにも受け継がれている。本作では、膨大な資料映像や新たに撮影された関係者へのインタビュー映像から、ボイスの芸術に迫っていくほか、第2次世界大戦で戦闘機が墜落し、死に直面する経験のあるボイスが、その時に受けた大きな傷が、彼自身の作品の核になっているという、知られざる側面も明らかにする。(映画・comより)

監督:アンドレス・ファイエル
製作:トマス・クフス
脚本:アンドレス・ファイエル
撮影:ヨーク・イェシェル

ヨーゼフ・ボイス

原題:Beuys
製作年:2017年
製作国:ドイツ
配給:アップリンク

公式サイト
https://www.uplink.co.jp/beuys/



画像
(C)2017 zero one film, Terz Film

画像
(C)2017 zero one film, Terz Film

画像
(C)2017 zero one film, Terz Film

★吉祥寺アップリンク
https://joji.uplink.co.jp/
〒180-8520
東京都武蔵野市吉祥寺本町
1丁目5−1パルコ地下2階
tel. 0422-66-5042
joji@uplink.co.jp

**************************************************************


■Joseph Beuys 展■国境を越えユーラシアへ

1991年9月21日(sat)-12月30日(mon)

画像


ワタリウム美術館
http://www.watarium.co.jp/
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
tel:03-3402-3001
official@watarium.co.jp

この記事へのコメント

2019年03月18日 07:50
昨夜↓にコメントして寝ようとしたのですが、睡魔に勝てず。
今朝訪問したら更新されていました。
前衛芸術は苦手というか正直よくわかりません。
ので昨夜に戻って。スミマセン

慕ってる方敬ってる方とのお別れは寂しいとか辛いとか言葉で表せませんね。
月並みな言葉、お元気でご活躍されるのだからまたいつか会えます。
青空に一本の川津桜の写真がkomichiさんの思いがわわかるような…。
komichiさんのきりっとしたヨガポーズが浮かんできますー☆
komichi
2019年03月18日 22:13
うららさん、こんばんは!
ヨガの精神面を綿本先生から、身体面を小野先生に見ていただいていましたので、その両翼をとられたような寂しさがありましたが…ヨガの「あるがまま」を受け入れる精神で静かに見つめ、また会う日まで自分自身を心身ともに鍛えておきたいと願っています~☆
2019年03月23日 12:55
吉祥寺パルコの地下に、
新しい映画館が出来たんですか。
あそこの本屋さんは、以前時々
利用してた事があるんですが、
映画館の情報は知りませんでした。
それもかなり個性的な作品を
上映する所のようで、面白そうですね。
komichi
2019年03月23日 21:32
yasuhokoさん、こんばんは!
渋谷にあるアップリンクが吉祥寺にもできました!
大手の会社が配給しないような映画を日本で上映してくれる貴重な映画館で大好きです~♪吉祥寺のアップリンクは音響装置もよく小ぶりながら気持ちのいい場所です~☆
ボイスの映画など観客がいるのだろうかと思いましたが、東京というところはさすがで若い人から様々な年代の方が観ていて嬉しかったです。

この記事へのトラックバック