映画■ROMA/ローマ■吉祥寺アップリンク



第91回アカデミー賞で
外国語映画賞、監督賞、撮影賞を受賞し
Netflixで先行公開された映画
『ROMA/ローマ』を現在上映中の
吉祥寺アップリンクへ。

全くの予備知識なしに観たこの映画

1970年代のメキシコの激動期
ある家族とその家政婦とのかかわりを通し
深い愛が育ってゆく過程をモノクロで
表現した秀作。

モノクロで表現した世界の奥行きが美しく
観る側の想像力をかき立ててみごと。
私と同じように映画館で鑑賞したい人たちで
満席のアップリンクでした。

画像
映画『ROMA/ローマ』(via @Participant Media)


映画■ROMA/ローマ■吉祥寺アップリンク

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:ヤリッツァ・アパリシオ、マリーナ・デ・タビラ
135分/2K/5.1ch
配給:Netflix


この物語は1961年生まれのキュアロン監督自身の子供時代の体験がもとになった自伝的作品で2006年以来、この企画を温めてきたという。彼の生まれたメキシコの首都メキシコシティの中心部にある街コロニア・ローマ地区が舞台となっている。時代は1970年代前半、この時期メキシコではトラテロルコ事件(1968年)、血の木曜日事件(1971年)という、政権に対する若者の抗議行動を体制側が弾圧する事件が起こった。こうした社会的混乱をバックグラウンドに、そこで中流家庭の一家と、家政婦であり乳母のクレオとの関係を描いている。クレオはキュアロン監督を育てた乳母のリボをモデルにしており、彼女に捧げられている。





画像
映画『ROMA/ローマ』(via @Participant Media)

画像
映画『ROMA/ローマ』(via @Participant Media)

画像
映画『ROMA/ローマ』(via @Participant Media)

画像
映画『ROMA/ローマ』(via @Participant Media)



画像
キュアロン監督とこの映画の主人公のモデルとなったリボ







この記事へのコメント

2019年03月29日 15:19
吉祥寺アップリンクは、今回もまた
いい作品を上演してるんですね。
館が満員になるというのは、さすが
住みたい街として人気No.1の
吉祥寺ならでこそと思います。
監督の自伝的作品という事で、
モノクロの映像に深みが感じられますね。
2019年03月30日 00:02
yasuhikoさん、こんばんは!
吉祥寺のアップリンクは5会場あって、それぞれあまり大きくはありませんけど、それでもモノクロの日本ではあまり有名でない監督の映画で満席になるって凄いと思いました!
久しぶりにモノクロ映画から受ける画面の美しさに感動しました~!

この記事へのトラックバック