EXHIBITIONISM■ザ・ローリング・ストーンズ展■TOC五反田メッセ



青空から一転、雨の降りだした午後
■ザ・ローリングストーン展■開催中の
TOC五反田メッセへ。

1960年代から現在まで続く
ローリングストーンズの
膨大なヒストリーを様々な角度から
見せ、録音ブースや3D映像まで…
まさにストーンズのワンダーランド

1990年初来日・東京ドーム公演に
当時中学生だった息子を連れて
出かけた日が懐かしい。

画像



EXHIBITIONISM■ザ・ローリング・ストーンズ展■


2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)

月~金・土・祝前日 11:00~20:00 
日・祝日  11:00~18:00 

TOC五反田メッセ(東京都品川区西五反田6-6-19)

公式サイト
https://stonesexhibitionism.jp/

2016年4月ロンドンを皮切りに、ニューヨーク・シカゴ・ラスベガス・ナッシュビル・シドニーと世界各地で大旋風を巻き起こしている「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」の、アジア唯一の巡回地となる東京での待望の開催が決定しました。 世界で最も影響力のあるロックバンドが自らプロデュースするこの企画展は、バンドメンバーが狭いアパートで共に暮らした部屋を完全再現した初期の時代から、世界のエンターテインメントをリードする存在になるまでの壮大な物語を追体験していただける貴重な機会となるものです。 合計500点を超える圧巻のストーンズ・アイテムが一堂に会し、半世紀に渡る貴重な衣装の数々や、190点以上のオリジナル・アートワーク、バンドメンバーが実際に使用した楽器など、豊富なコレクションをご覧いただけます。また、体験型ミキシングコーナーや、貴重な映像が流れるプロジェクションルーム、そしてクライマックスに待ち受ける迫力の3Dコンサートなど、臨場感あふれる展示は必見です。 ストーンズ・ファンでなくとも存分に楽しめる本展は、デザイン・ファッション・音楽など、ジャンルを超えて、様々なカルチャーに影響を与え続ける彼らのエキサイティングな魅力に迫ります。




画像



画像
ザ・ローリング・ストーンズの世界へ
50年を超え続いているストーンズの様々なシーンが
多くのスクリーンで写し出され…


画像
デビュー当時のストーンズ


イーディス・グローブ“駆け出しの日々
ストーンズが初めて暮らしたアパートの住所
イーディス・グローブの当時の共同生活をリアルに再現

画像
画像
画像
画像
画像



画像
キースの初期のギター

画像
キースの日記

画像
ミックの作詞ノート

画像
ロニーのセットリストのメモ


画像
レコードジャケット


画像
チャーリーワッツの使用したドラム


画像
画像
レコーディングスタジオの再現
ミキシングルームになっていて、ボリュームなどを
見学の人が自由に動かせる装置に




画像
ストーンズと言えばこのロゴマーク

画像


画像
ロゴのオブジェが次々に色を変えて・・・


画像
アンディ・ウオーホル作品
画像



画像
バックヤード風景
画像



後半の展示は華やかなコスチューム

画像



画像
キングスロード

画像
グラム

画像
スペクタクル

画像





会場内のカフェでひと休み

画像


画像



画像



TOC五反田メッセ
東京都品川区西五反田6-6-19

アクセス
画像









この記事へのコメント

2019年04月05日 18:34
駆け出し時代のアパートの部屋まで
再現されてるんですか。将来を夢見る
若者たちの共同生活の様子が、
目に浮かぶようで面白いですね。
2019年04月06日 19:22
「ザ・ローリングストーン展」に行かれましたか。開催しているのは知っていたのですが、ちょっと行く気にはならなくて。やはり、行くならコンサートかなと思ってしまって。
ただ、あらためて彼らはロックの歴史でありロックの芸術の一角がここにあるんだなとも感じました。展示内容もかなり充実しているようですね。音楽もガンガンかかっているのですか。
komichi
2019年04月07日 00:23
yasuhikoさん、こんばんは!
そうなんです!
デビュー当時のアパートを再現したスペースがあって、ほぼリアルに仕上げたそうで、とても雰囲気が伝わってきました。
ローリングストーンズはダーティなことも過去に多くあったグループですけど、やはりその存在感は大きくセンスの良さも感じています。
komichi
2019年04月07日 00:28
ミクミティさん、こんばんは!
今回展示のあった場所は五反田TOCメッセですので、私は車で出向きました。スペースが大きい場所となるとなかなか難しいのでしょうね。
私はビートルズもいいのですが、この強烈な個性を持ったローリングストーンズの感覚が好きです~♪会場にはもちろん音楽もガンガンかかっていますし、映像もたくさんあって、さらに観客がミキシングルームの音を調節してヘッドホンで聴ける装置も作られています~♪
2019年04月07日 21:07
こんばんは!
大変ご無沙汰しております。
沢山のお写真から雰囲気が伝わってきました!
素敵なリポートです!
この企画を知った時、「ジョンレノンミュージアム」の事が頭をよぎり、
複雑な心境でした。
ただ、ミキシングが聴けるっていうのは、ちょっと
興味津々(笑)
調度ミックが心臓病で手術を受け成功したと知ったばかり!
ほっとしてます!私と同じ疾患なので…!
また、ライブが観られるかな?
komichi
2019年04月07日 22:20
sasapandaさん、こんばんは!
開催から日も浅い平日で、かなり空いていたので自由に写真も撮れてよかったです~♪
あまりの集大成で、ちょっと気になりましたが…
こうしてストーンズのヒストリーを眺めてみると、あらためて凄い存在なんだと感動しました~☆
sasapandaさんも同じ病気だったんですね~!私の友人もいま心臓が悪く手術もできない状態で自宅療養していて、とても心配です。
またステージをかけまわるミックの姿が見たいです~☆
見てくださって、ありがとうございます。

この記事へのトラックバック