■マドモアゼル プリヴェ展■ガブリエル シャネルの世界へ


秋晴れの午後3時
予約をして、天王洲アイルの
B&C HALLで現在開催中の
■マドモアゼル プリヴェ展■へ。

ココ・シャネルの不屈の精神が宿る
ファッションの数々。
女性の体を締め付けた固いコルセット
からの解放し、ジャージー素材を
女性のファッションに取り入れた革新など。

彼女のパリ・カンボン通りのアパルトマンに
模した各部屋に色をテーマに代表的な
衣装が展示され、そのオートクチュールの
緻密な手仕事にも触れた豪華な時間。

かつて、パリ・カンボン通りの本店で
大きなアクセサリーやバックを選んだ
あの頃を想い出しました。

天王洲アイルの元倉庫街に
いまはおしゃれな海沿いのカフェが並び
その一角に設置された会場へシャネル1.JPG

■マドモアゼル プリヴェ展■ガブリエル シャネルの世界へ

2019年10月19日~12月1日

11:00-20:00(最終入場 19:30)

入場無料(LINEでの完全予約制)

B&C HALL - 天王洲アイル
東京都品川区東品川2-1-3

「MADEMOISELLE PRIVÉ」
マドモアゼル プリヴェ
それは、パリのカンボン通り31番地、4階にあるマドモアゼル シャネルのクリエイション スタジオの入り口に掲げられた言葉。この言葉を題したエキシビション「マドモアゼル プリヴェ」は、いつの時代もメゾンのエスプリを体現し、コレクションごとに刷新されるオートクチュール、1921年に誕生した伝説的なフレグランス「シャネル N°5」、そして1932年にマドモアゼル シャネルがデザインした”BIJOUX DE DIAMANTS”(ダイヤモンド ジュエリー)の復刻版をはじめとする唯一無二のハイジュエリーから成る、シャネルの3つのクリエイティブな世界に迫る冒険の旅へと誘います。

Public Program
マドモアゼル プリヴェ展では、エキシビションの開催に合わせてワークショップやシネマ上映が行われます。

10.19 - 11.03
刺繍のアトリエ モンテックス
シャネルのファッション メティエダールに名を連ねるアトリエ モンテックスによる参加型ワークショップ。1セッション最大30分。10月19日から11月3日までの毎日、11時30分より20時までの間、30分毎に開催。

siro (2).png
シャネル白3.JPG

無題 (2).png
ゴールド.pngゴールド3c.png

赤a.png 
赤3.JPG



色彩.png
色彩2.JPG



kuro (2).png

香水.JPG


スケッチの展示も・・・スケッチ.JPG


会場を出たところに作られた小さなカフェの
カフェラテを飲みながら水辺のベンチで
のんびり展覧会の冊子を眺めて・・・カフェ1.JPGカフェのカフェラテをベンチで.JPG


この後同じ天王洲アイルのIMAギャラリーで
シャネルのショートフィルムを・・・IMAギャラリー.jpg

ショートフィルムを観終えた
夕暮れ近く、以前と景観の変わった
天王洲アイルを散歩

フローティングハウスフローティングハウス.JPG


天王洲アイルの風景.JPG

かつての倉庫街もいまでは
ファッショナブルな景観になって・・・






この記事へのコメント

2019年11月14日 19:32
革新的なファッションデザインで一世を風靡した余韻が伝わってきます。多くのデザイナーに影響を与えたことでしょう。
komichiさんは、パリ・カンボン通りの本店で大きなアクセサリーやバックを選んだ事がありましたか。懐かしい思い出ですね。
なんだか夢を見ているような感覚になります。
komichi
2019年11月14日 21:44
連峰の風さん、こんばんは!
シャネルが亡くなった後も、天才デザイナー・カール・ラガーフェルド氏が引き継ぎ、若々しいファッションで魅了していました。
いつになってもシャネルのファッションの精神はブランドの中に生きているようで思います~☆
もう40年ほど前、仕事で滞在した折、カンボン通りのお店でいくつかのアクセサリーやバッグなどを選んだことを想い出しました。
バッグは若い人に差し上げ、アクセサリーは今も時々眺めていますけど、かなり派手なので今は休眠中です~(笑)。
2019年11月17日 17:35
シャネルだけあって、素材やデザインに拘った、品々、気品があります。やはり、特別な時に着る服なんでしょうね。
見るだけでも、眼の保養になります。
komichi
2019年11月17日 21:47
藍山雄さん、こんばんは!
シャネルのオートクチュールの衣装が展示され
プレタポルテ(既製服)とは違った、豪華な仕立てで
ほとんどが熟練した職人の手仕事によるものです~☆
世界のセレブ達が競って着る、ファッションになっています。
ほとんど美術工芸の世界です~☆
近くで見ることができて、とても嬉しかったです~♪