般若心経を唱えてみよう〜仏さまと結びつき、心安らかに生きるために

ヨガスタジオ・タクトエイト主催の
ワークショップが開催された
八王子の真言宗智山派・浄福寺へ。

浄福寺住職で宗教学者でもある
廣澤隆之氏による
「★般若心経を唱えてみよう〜★
仏さまと結びつき、心安らかに生きるために」

廣澤先生の解説はユーモアを交えて
インドでの仏教の始まりから
弘法大師・空海が日本に伝えた
真言密教まで・・・

般若心経の神髄をやさしい言葉で語り
最後に、「むずかしい理屈より
般若心経を唱えることの方が
大切・・・」と熱弁されたことも印象的。

中村尚人先生をはじめ
ヨガをする30名ほどで3時間の座学でしたが
あっという間のワークショップ。

もう少し勉強をしてみたいと思った
素晴らしい学びの時間。

浄福寺2.JPG

★般若心経を唱えてみよう〜★
仏さまと結びつき、心安らかに生きるために


2020年2月29日(土)

13:00~16:00

樹齢の長い見事な梅の樹が迎えてくれました。
梅2.JPG

梅1.JPG>
梅3.JPG


本堂で般若心経を学びます。浄福寺3.JPG

廣澤2.JPG

般若心経2.JPG

般若心経1.JPG壁にかけられた江戸時代のものと思われる
文盲の人でも唱えることができるよう
般若心境の音を絵にしたもの。


廣澤隆之1.png

廣澤隆之
1946年、東京都八王子市に生まれる。
京都大学文学部哲学科卒業、大正大学大学院博士課程宗教学修了。
現在、大正大学教授、智山伝法院院長等。 八王子市浄福寺住職。
『『唯識三十頌』を読む』(大正大学出版会)
『瑜伽師地論総索引』(共著・山喜房仏書林)
『仏教語辞典』(共著・山喜房仏書林)
『図解雑学仏教』(ナツメ社)


全景.png
★真言宗智山派
千手山 浄福寺
〒192-0154
東京都八王子市下恩方町3259
candana@symphony.plala.or.jp
tel:042-651-3351
fax:042-651-3963


持ち帰った廣澤氏の著書を読みはじめ
仏教の奥の深さに、改めて想いを馳せ

以前購入した玄侑宗久氏の著書
現代語訳「般若心経」も
再度読み直しはじめました。

この記事へのコメント

詩音連音
2020年03月05日 09:14
komichiさん(^^)
おはようございます(^^)
八王子でも梅が咲きましたかぁ~。
心静かに、写経をしてみたいなと思っていますが、未だに実現できていません。

ワタシの実家は曹洞宗なのですが、ワタシはまだ仏さまがいないので
どこの檀家にも入っていません。
我が家のムサシ(愛犬)が虹の橋を渡ってしまってから約2年が過ぎてますが未だにお骨は我が家にあります。
その時に、毎日お線香と「般若心経」を唱えていましたが、今は思い出した時だけになってしまいました(^^;)
こんな事ではいけないでしょうか・・・。



komichi
2020年03月05日 22:30
詩音連音さん、こんばんは!
もう藤野も梅は満開になりました。
今年は春が早くて…
なんだか慌ただしい気配です。
テレビを観ていない私でもコロナウィルスのことで
なんとなくナーバスになる春です。

このワークショップは写経の時間はなかったのですが
般若心経の内容を易しい言葉で解説していただき
その神髄に少しでも近づく会でした。
以前良く写真で拝見していた愛犬・ムサシくんは
あちらに行きましたか~☆
詩音連音さんが、いまもムサシを想うその気持ちが
きっと通じていると思います。
私は「般若心経」をまだ暗唱できなくて…
ボチボチと唱えています~(笑)。

2020年03月07日 11:32
文盲の人でも般若心経が唱えられるよう、
江戸時代から色々な工夫がされてたんですね。
その思いを今に受け継ぐような催し。
全ての人に仏教の素晴らしさを伝えたい
というご住職の熱意が伝わってくるようでした。
komichi
2020年03月07日 15:58
yasuhikoさん、こんにちは!
仏教も理屈から入るととても難解な部分が多く
江戸時代、多くの人に自派の仏教を行き渡らせるための切実な工夫が見られ興味深かったです~☆
もう少し私も勉強をしたいと感じた会でした。
2020年03月13日 22:03
ウチは神道系なので、幼い頃は天津祝詞を詠んでいました。
よく解りもしない幼い頃のことでしたが、祝詞のリズムは心地佳く 父母きょうだいといっしょにお祭り事に詠んでました。
最近 般若心経等 それぞれが持つ信仰の言葉に興味を持ってます。
迷う人々に宗教は何を伝えたかったのか。
おそらく当時の人は文盲であれど、言葉の意味を理解し信ずることができるくらいの知性を持っていたような気がします。
ッで自分に振り返ると…頑張らなアカンと想うわけでして…。
komichi
2020年03月14日 15:52
おーちゃんさん、こんにちは!
こちらは今雪になって、昨日の春の陽気はどこえやら・・・

先ほどyou tubeで「天津祝詞」の解説と唱えを聴きました。
神道は八百万の神に敬意を払っていることも良く理解できました。
明治時代以前、日本は神仏融合で違和感なく過ごしていたようですが
時の政治の都合によって分けられてしまったことは残念です。
般若心経を頭で理解しようとすると、とても難解で挫折しそうになりますが、まずは暗唱してその言葉のリズムが体に沁みこむのを感じながら
ゆっくり勉強した方がいいような気がしています。