藤村亮太展■Utsuwa Montage■吉祥寺・OUTBOUND

小雨ふる肌寒い午後
現在、藤村亮太展■Utsuwa Montage■
開催中の吉祥寺・OUTBOUNDへ。

1月の「作用」展にも出展されていた
藤村亮太さんの再生うつわ。

大量生産で生まれたうつわや
役目を終えた陶磁器に
新たな命を吹き込み
魅力的な作品に生まれ変わって…

上野雄次氏の花生けも相まって
ひとつひとつの存在が
必然と感じられるすばらしさ。

202002_藤村亮太展_OUTBOUND_s-680x1024.jpg


藤村亮太展■Utsuwa Montage■
Ryota Fujimura Exhibition


2020年2月22日 [土] – 3月9 [月]

11:00 – 19:00
藤村亮太氏 在廊予定日 2月22日,23日,3月8日

藤村亮太氏による、「器」の展覧会を開催致します。
土を掘るでも仕入れるでもなく、彼が素材とするのは、役割を終えて手放された、或いは大量生産された陶磁器です。
形の構成要素として採取されたそれらは、孔を穿たれ積み重なり、施釉と再焼成を経て、新たな器へと姿を変えます。
陶磁器を再焼成/再燃焼させる手法は、美術家の松井利夫氏によるプロジェクト「サイネンショー」への参加に端を発すると彼は言います。
当初は、世に器が溢れ過ぎている状況の中で循環を問い直す意味もあったという藤村氏の制作動機は、次第に再構築という行為そのものの興味へと移行してきている様に思えます。
古いレコードからサンプリングしたフレーズを反復したり組み替える、ヒップホップの楽曲制作を連想させる彼の「器」作りは、ある意味で主従のない呼び継ぎともいえるかもしれません。
偶然が引き寄せた素材から生みだされる新しい形の必然を、ご覧頂けましたら幸いです。


藤村亮太
https://www.instagram.com/ryotafujimura/?hl=ja

花生け|上野雄次氏
https://www.instagram.com/ug_ueno/?hl=ja

藤村1 (2).JPG

藤村2 (2).JPG


藤村3 (2).JPG


藤村4 (2).JPG

藤村5 (2).JPG

藤村6 (2).JPG

藤村7 (2).JPG


水曜日のヨガのあと
刺激的な吉祥寺散歩も愉しみ。

この記事へのコメント

2020年03月07日 11:25
再生うつわですか!
そんな方法もあるんですね。
作品を見る限り、完全なオリジナルの
ように見えますが、使い古された
大量生産の器に新たな命を吹き込む手法の
見事さに驚きました。これ、究極のecoですね。
komichi
2020年03月07日 16:03
yasuhikoさん、こんにちは!
藤村さんのうつわにはただ再生したことにとどまらず
新たないのちを吹き込み、魅力的なオブジェや
うつわに仕上げていて、刺激的な作品でした。
陶磁器は土に還らないものなので、その処分を考えたとき
この作家の考えは一筋の光のようです~☆
木の葉
2020年03月08日 16:40
こんにちは。
またまた素晴らし作家さんがおいでになるんですね。
捨てられるはずのものが作品に! こんなことも出来るんだと。
器たちも素敵に飾られるものになり、嬉しいはず。残念ながら心はありませんが、私はそう思います(笑)
2020年03月08日 19:00
陶磁器のリサイクル、再焼成や再燃焼という手法があるのですか。全く知りませんでした。あまり一般的ではないですよね。コストが高いのですかね。
それでも、この「サイネンショー」からの芸術作品作りに取り組むということに作家の意欲とこだわりを感じますね。それも個性ですよね。おそらく独特の素材感がでるのでしょうか。写真だけはちょっと分かりませんが。
komichi
2020年03月08日 21:46
木の葉さん、こんばんは!
私も前回のOUTBOUNDでの展覧会の時に
初めて作品に触れました~!
その時に役割を超越したような作品の刺激を受け
今回はその藤村亮太さんの個展を知り伺いました。
こういう考え方もあったのか…と、新鮮な驚きとともに
出来上がった作品のクオリティの高さにもワクワクしました~♬
komichi
2020年03月08日 21:53
ミクミティさん、こんばんは!
私も詳しいこの作品の工程は知りませんけど
穴をあけたり再燃焼させたりして、あらたな形に
仕上げているようで、一度工房を眺めてみたい気がしました。
基本的には素材感はあまり変化しないと思いますが
元の形からは想像できないような藤村さんの
個性的な作品に仕上がっていました~☆
詩音連音
2020年03月09日 09:42
komichiさん(^^)
おはようございます(^^)
>世に器が溢れ過ぎている状況の中で循環を問い直す意味もあったという藤 村氏の制作動機
ほんとにモノがあふれている世の中。
循環は必要です。
断捨離もままならないワタシですが、ほんとに必要なものに囲まれた生活ならもっとスッキリすごせるのになぁ~。と日々思う毎日です(^^;)
器は見ていて飽きないですね。
良いものを見ていると自然とニンマリしてきます。

komichi
2020年03月09日 22:18
詩音連音さん、こんばんは!
コロナの影響で展覧会の中止も多く、
いま案内をいただいたところには、行けるだけ行きたいと思っています。
ヨガレッスンもしばらくお休みになり・・・
もっぱら自習をしています。
藤村亮太さんのモンタージュ(montage)の技法は元のうつわを
まったく違う価値に導いているようでもあり
その視点を含めて魅力的でした~☆