『Blue on Blue』青にコガレテ ■ 吹田千明×ナヲコラヴ展 ■

陶芸家・吹田千明さんより
6月5日から「藤野・ふじのね」で開催される
『Blue on Blue』青にコガレテ
■吹田千明×ナヲコラヴ展■のお知らせが
届きました。

Blueをテーマに千明さんの陶と
ナヲコラヴさんの絵画のコラボ。
コロナ明けを祈るような・・・
藤野駅にある「ふじのね」での1か月間の展覧会。
藤野のアートも静かに始動しました。

2020_6吹田千明ナオコラヴ展A4 (2) (002).jpg

■吹田千明×ナヲコラヴ展■『Blue on Blue』青にコガレテ

2020年6月5日(金)~6月30日(火)

am 8:30~pm 5:00

吹田千明『いざなう』陶板額 絵 17×17㎝吹田千明(いざなう) (002).jpg

吹田千明『たのちぃ』花器 陶器 10×15×12.5㎝
吹田千明(たのちぃ) (002).JPG

ナヲコラブ『世界のまんなか』芳晴さんのCDジャケット作品ナヲコラブ(世界のまんなかで) (002).jpg

プロフィール (2).png
★陶芸家 吹田千明
東京大田区出身
多摩美術大学院修了
1989年より藤野在住

陶器を使って毎日を楽しく過ごせたらと思っています。
粘土に顔料を混ぜて、色粘土を張り合わせて色を出しています。
yjimage.jpg@chiaki.f.pvq     yjimageGH7W6SNQ.jpg吹田千明(chiaki fukita)

★吹田千明さんの過去のエントリーはこちらから↓
https://komichi-blog.at.webry.info/theme/5e9ebde3b4.html


プロフィール1.png
★ナヲコラブ
ナヲコラブ(田中直子)
神奈川県川崎市出身
日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒
2008年より藤野在住
パステル、アクリル、油彩、ペン等で絵を書いています。
ブローチなどのハンドメイド作品も制作。
yjimage.jpgnaokolove2020  yjimageGH7W6SNQ.jpg田中直子(田中なおこ)


6605c3260722b0a1bb26d329a1684553b342697d.jpg
★藤野・ふじのね
一般社団法人藤野観光協会
藤野観光案内所『ふじのね♪』は、藤野駅のすぐ横にあり、
観光案内やイベント情報の発信基地として、また、
地元で採れたゆずなどの特産品販売や、
藤野在住の多数の作家さんの本、器、雑貨などの
作品の展示販売をしている観光案内所です。
〒252-0184 
神奈川県相模原市緑区小渕1702-3
TEL 042-687-5581 FAX 042-687-5582
≪営業時間 8:30~17:00≫

この記事へのコメント

2020年06月02日 21:15
Blue On Blue 
いろんなイメージの湧いてくる言葉です。
こんな殺伐とした空気の中で、もしも攻撃的な色で作られたモノを見たらどんな感じがするのか…やはり青の方が落ち着きます。
コロナウイルス騒動が アーチスト活動を制限掛けてる面がありますが、このような形で動き出した人がいるってことが大切なことだと想っています。
「何を呑気なことを!」とか 「やめてしまえ!」とかの罵詈雑言浴び×人がたくさん出てくるかもしれませんが 文化は経済の強力なエンジン、挫けずひたすら頑張って行かれることを祈っています。
komichi
2020年06月02日 22:13
おーちゃんさん、こんばんは!
「Blue on Blue」というタイトルには
さまざまな想いの込められたものだろうと想像しています。
コロナ騒動が提起したことも多く、これからは
ウィルスとの静かな共生をして行かなければ・・・
とも考えています。
そんな今だから、アートが出来ることもあると私は思っていて、内面の充実のためにも必要なのではないかと考えています。
文化を守ることは心の拠り所を残すことになると思います。
木の葉
2020年06月03日 16:21
こんにちは。
本当に私もそう思います。素敵なアート作品で日常のもやもやから解放されると思います。アートなど芸術に罪は無い。
人それぞれが考えながら、共存していかねばならない覚悟もしなくてはと思います。
私は用も無いのにプラプラして回るなよ!とか、そんなにどこかに行かなきゃ生きていけないの!とか思いますけど、これもちとおかしいですかね(笑)
komichi
2020年06月03日 22:00
木の葉さん、こんばんは!
私にとって、アートは無くてはならないもの。
自分のイマジネーションをはるかに超えた作品に
出会うと、とても刺激になったりします。
映画や音楽、絵画など・・・
この世から無くなったら…考えたくありません。

家に居られないほど、関係の悪い家庭もあったり…
若い人たちは、エネルギーが溢れていて
行動したくなるのかもしれませんね。
2020年06月06日 10:34
素晴らしいブルーの競演です。
青は静かな祈りの色。自粛期間が明け、
注意深く活動を再開する時期に、
ちょうどふさわしい内容だと思いました。
こうした展覧会が開催できるように
なったのは、本当に嬉しいことですね。
komichi
2020年06月06日 11:01
yasuhikoさん、こんにちは!
小さな駅の観光案内所にある「ふじのね」での
展覧会ですけど、こうして行って観ることのできる
展示が嬉しいです~☆
ブルーとブルーの競演が今の心境にも
ぴったり寄り添っていますね~☆