■スシホリデー■酢飯屋から・・・

曇り空の土曜の午後
友人と吉祥寺・東急で行われている
「草露白」展を眺め
夕方から江戸橋にある水道ギャラリーでの
「スシホリデー」展へ。

午後6時からの予約でギャラリーを眺め
7時から酢飯屋での3時間6席のみの
贅沢な寿司ざんまい。

次々に繰り出される岡田大介さんこだわりの
寿司に感動しながら味わうしあわせ。

寿司箱.JPG桐箱に収められるスシホリデーの作品。
今回は入札制でみごとコレクターの方が落札されたとか。

スシホリデー2.JPG

スシホリデー3.JPG

スシホリデー4.JPG

スシホリデー5.JPG

スシホリデー7.JPG

スシホリデー8.JPG

スシホリデー1.JPG

スシホリデー6.JPG


7時からの食事時間に少し早めから
カウンター席に座り・・・酢飯屋1.JPG

アスプリニオ品種100%の紀元前8世紀に
世界で初めて造られたスパークリングワイン
Terramasca Asprinio D'averrsa Extra Brut
(テラマスカ アスプリニオ ダヴェルサ エクスtラ ブルート)を
飲みながら、開始を待ちます~☆
酢飯屋2.JPG


カツオの頭もお披露目
身は藁で炙られお造り酢飯屋4.JPG

ヒラメのお造り
酢飯屋3.JPG


初めて見たコハダの生酢飯屋5.JPG

鳴門のうず潮ゴリゴリわかめ(乾燥)を添えて…
初めて食べた触感のシャキシャキな歯ざわり
四国出身の友人は「あ~これこれ」と感激!酢飯屋6.JPG

タコの握りずしですが握らずセパレート
茹でたてタコのうまみをしっかり噛み味わってから
その味の残っているところで酢飯をいただき
口の中で握りずしになる~☆酢飯屋7.JPG

キビナゴのおから寿司
リンゴ(紅の夢)のソースを載せて
高知県宿毛市の郷土料理から酢飯屋8.JPG

酢飯屋9.JPG

生いなり寿司
酢飯に生湯葉布団を着たお寿司に自家製醤油麹掛け酢飯屋10.JPG

長崎県壱岐からのアコヤガイ
真珠をとる貝の歯触りも味も最高
アコヤガイ (2).png


酢飯屋13.JPG

酢飯屋14.JPG

ピカピカのアジ酢飯屋15.JPG酢飯屋16.JPG

自家製ふなずし4年もの(フナズシの飯)
時が作り出す熟成の味なれずし.JPG


スパークリングワインを飲み終え
次に日本酒を・・・(笑)
酢飯屋17.JPG


酢飯屋18.JPG

酢飯屋19.JPG

酢飯屋20.JPG


最後にお茶で頂いたデザートは
美味しいどら焼き~♪酢飯屋21.JPG


女二人でスパークリングワイン1本を空け
さらに日本酒もいただき・・・
ちょっと飲み過ぎですが、二日酔いもなく
良いお酒に美味しいお寿司で
なんとも幸せな夜でした。


★酢飯屋
https://www.sumeshiya.com/sushi/
〒112-0005
東京都文京区水道2-6-8
電話 03-3943-9004


この記事へのコメント

2020年09月18日 18:19
スシホリデー、素敵なミニチュアと
器作品の競演と思っていたら、
その後、本当に寿司を味わう会があるんですね。
それも珍しいネタがいっぱいで…。
アコヤガイを食材にするのにはびっくりしました。
面白い事に、美味しいものを食べる時って、
なぜか酔わないんですよね。
木の葉
2020年09月18日 18:49
こんばんは。
何と不思議で、お洒落な催し物ですね。
お寿司も、見たことのないものばかり。美味しかった事でしょう、お酒も(笑)
Komichiさんお強いんですね。
アコヤガイは食べられるんですね。おから寿司ってどのような? 湯葉は?と気になります~。だって食べる事はないものなのでね(笑)
komichi
2020年09月19日 14:29
yasuhikoさん、こんにちは!
こちらのギャラリーは酢飯屋さんとギャラリーは
ひとつながりの併設でした。
酢飯屋は、予約のみの紹介制の少人数のお寿司屋さんです。
初めてでしたが、ギャラリー出展者からの紹介ということで
今回初参加しました。
ほんとうに次から次へと今まで食べたことのないお寿司の数々に
驚きながら、美味しく頂きました~☆
最近は飲まなくなったお酒もしっかり飲んで・・・
幸せな夜を友人と過ごしました~♪
komichi
2020年09月19日 14:33
木の葉さん、こんにちは!
こちらは紹介制のお寿司屋さんでギャラリー併設です。
はじめていただくお寿司の数々にビックリしながら
手間のかかる仕事からできるお寿司の深い味を
しっかり味わいました。
アコヤガイもほんとうに美味しくて、驚きました!
久しぶりにたくさんのお酒も飲みましたけど、
悪酔いもせず、気持ちのいい夜でした~♪
2020年09月19日 22:49
スシホリデーの作品展から、リアルな酢飯屋のはしご。なんとういう組み合わせでしょうか。一風変わったデザインの食器で食べるのも面白そうです。会話も弾むでしょうね。
それにしても、酢飯屋。非常に贅沢で粋な創作寿司なのですね。美味しそうです。しかも、こちらも芸術的。食べて写して、たっぷり楽しめますね。こういうのは食べたことが無いです。ちょっと緊張しそうな気もしました。
komichi
2020年09月20日 08:59
ミクミティさん、おはようございます!
酢飯屋の岡田大介さんの握るお寿司は
どれも、私が経験したことがないお寿司で
ひとつひとつ教えていただきながら、感動して
食しました~♪
握る寿司種に合わせて酢飯も変え、絶妙な味を
醸し出していました~☆
五感に刺激のある、楽しい美味しい夜でした。