★ターシャ・テューダー ミュージアム ジャパン★山梨県・北杜市から・・・

秋晴れの朝
山梨県北杜市にある
ターシャ・テューダー ミュージアム ジャパン へ。

アメリカの絵本作家、ターシャ・チューダーの
絵本の翻訳や出版をしていた人たちが
日本のターシャファンのために
立ち上げた資料ミュージアム。

1930年代の衣装を好んで身につけ
広大な庭の手入れや古き良き時代のような
彼女らしい暮らしを亡くなるまで貫いたターシャ。
寸暇を惜しんで手仕事にいそしんだ、ていねいなな生き方。
そのスタイルはいまも多くの人に憧れをいだかせています。

ターシャ.JPG

ターシャの写真と自作の衣装
ターシャの洋服1.JPG


ターシャ展示4.JPG

ターシャ自作の蜜蝋のろうそくターシャ3.JPG

ターシャの本2.JPG

ターシャの本.JPG

ターシャのアドベントカレンダーターシャのアドベントカレンダー.JPG

ターシャの絵本ターシャの絵本1.JPG

ターシャの息子の建てたターシャこだわりの
コギ―ハウスの模型ターシャの家模型1.JPG


写真家リチャード・W・ブラウンによる
ベストフォトの展示室から・・・

雑誌社からの依頼により1988年にターシャの住む
〈コーギコテージ〉を訪れ、この後自由に撮った
ターシャの写真によって、世界に知られるように・・・ターシャの画像1.JPG

ターシャの画像3.JPG

ターシャの画像4.JPG

雨上がりのテラス花壇でターシャの画像5.JPG

早春の庭でターシャの画像6.JPG

アンティークドレスを楽しむターシャの画像7.JPG

紅葉の枝を集める
ターシャの画像8.JPG


コギ―犬と冬の散歩ターシャの画像9.JPG




★ターシャ・テューダー ミュージアム ジャパン
http://www.ttmmuseum.com/

約100点の作品を通し、多くのファンに愛されたアメリカの絵本作家・さし絵画家ターシャ・テューダー(1915 - 2008)は、幼い頃から農業に憧れ、生涯、自給自足のシンプルライフを心がけました。4人の子どもが自立した後、56歳の時、バーモント州の山中に、森に囲まれた静かな土地を購入し、そこに喜び溢れる美しい庭をつくりあげました。ターシャは2008年に92歳でこの世を去りましたが、ターシャの生き方、「人生を楽しんで」というターシャのメッセージは、今も多くの人に勇気と感動を与えています。

2020年 ~11月16日(月)
休館日/火・水・木曜日 
☆祭日・8月は無休
開館時間/10:00~17:00

〒409-1501
山梨県北杜市大泉町西井出8240―4579
TEL・FAX 0551-45-8788

アクセス/小海線「甲斐大泉駅」から徒歩7分 
中央自動車道「長坂インター」から車で20分
map04.gif


この記事へのコメント

木の葉
2020年10月01日 11:47
おはようございます!
凄い! こんな場所があるんですね!
行ってみたいです! ターシャさんは本当に素晴らしい人、あの真似は出来ませんけど、庭づくりされてる方にはあこがれだと思います。
山梨かぁ~、行けるといいなぁ~と思いますが。昔なら一人で旅してましたが、何十年も旅から離れると、いざが中々です(笑)
komichi
2020年10月01日 12:22
木の葉さん、こんにちは!
ターシャの庭は世界中のガーデニング好きには
たまらない憧れの地ですね~☆
子どもを育て上げた後、50代後半から
広大な面積に自分の好きな庭を作りはじめ
そのスケールと大胆な行動力、高い美意識が支える
美しい庭がすばらしい写真とともに、日本にも広がって
多くのファンを惹きつけていますね。
こちらは小さな資料館ですけど、ターシャの強靭な意思と
その人生が伝わって…いい時間を過ごしました。
2020年10月02日 22:33
ターシャ・テューダー・ミュージアムが、
日本にあるんですね。山梨県ですか。
NHK・BSのドキュメンタリー番組で、
彼女自身や、子供、孫たちの暮らしぶりには、
これまでずい分親しんで来ましたから、
蜜ろうのロウソクと聞くと、ロウソク作りの
場面が浮かんでくるような気がします。
ミュージアムに、ターシャ風の庭が付属するんじゃ
無いでしょうか。そちらの様子も気になりました。
komichi
2020年10月03日 12:17
yasuhikoさん、こんにちは!
こちらの美術館は資料館だけで、前庭以外には
大きな庭はないので、来た方がガッカリされることも
あるそうです。
それでも、ターシャの知られていないヒストリーや
たくさんの絵本などがあって、充実した時間を過ごせました。